> 最新の記事
KATO クモユニ147をイ..
at 2018-09-19 22:41
205系3000番台八高線を..
at 2018-09-11 22:45
KATO E231系3000..
at 2018-09-04 22:32
KATO 205系5000番..
at 2018-08-27 22:12
KATO 485系200番台..
at 2018-08-16 22:41
> ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
  • ブログの記載内容と関連のないコメントは削除しブログに嫌悪感のある方はアクセス不要です
  • ブログの記載内容には自己責任にて対応して下さい
<   2011年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
KATO EF81-300をイジる
日本国の借金が、今年度末に1,000兆円の大台を突破するそうです。
先の震災の影響もあるようですが、アホなバラマキ政策毒法の
無秩序な乱立
など様々な政策が根源のようです。
南欧の某国のようにならないよう、ムダな歳出を削減すべきです!!


いつものスベる話しは超~短く本題へ・・・
ようやく放置車輌も少なくなり、現在進行中の作業も
今年(最近?)発売された車輌です。
e0120143_23412456.jpg
今回、作業するKATOのEF81-300です。
EF65-1000後期形&24系25型富士編成と同時期に
新規発売となった車輌です。
e0120143_23413113.jpg
軽~く車輌を見ていきます。
まずはNで最も目に付く屋根を見てみます。
屋根上のグレーの塗り別け位置が実車と同様になっています。
ボディーの構造もKATOの他のEF81と大きく変更となっています。
e0120143_23413934.jpg
各方面でも不評の屋根上の高圧配線の一部がプラ製となっています。
このようになったのは構造上orコストor製造工程での問題による
モノでしょうか!?
e0120143_23414751.jpg
ではさっそく作業のため車輌をバラします。
作業内容はいつもの簡単作業です。
ほとんどのパーツは取付け済みとなっていてユーザー取付けパーツは
ナンバーくらいです。
できれば別パーツはユーザー取付パーツとしパーツを予備として
欲しいです。
このEF81-300は303&304号機がモデルとなっていますので303号機を
選択します。
e0120143_23415512.jpg
パンタもいつものように塗装します。
このパンタもKATOの他のEF81と大きく変更となっていてガイシが
別パーツ化されています。
e0120143_2342426.jpg
次にスカートです。
こちらもいつものように塗装します。
そしてエアーホースを取付けます。
e0120143_23421332.jpg
エアーホースを取付け塗装しスカートは完成です。
e0120143_23422149.jpg
スカートを動力ユニットに取付けます。
このEF81-300は動力ユニットがリニューアルされ、最新のサスペンション機能の
動力ユニットとなっています。
そのためボディーや各パーツもリニューアルされています。
間もなく発売されるEF81トワイライトも新仕様でしょう。
e0120143_2342286.jpg
運転室もいつも通り塗装しましたが、写真を撮り忘れました。
さらに動力ユニットの側面を薄緑色に塗装し、ボディを搭載します。
e0120143_23423566.jpg
そして屋根上の高圧配線の一部がプラ製となっていて、ちょっと
不自然ですので、コノ部位をカットし真鍮線にします。
e0120143_23424359.jpg
これでEF81-300は完成です。

コレに続けて同時発売となったEF65-1000後期形に着手します。






にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


[PR]
by seasidemintblue-A | 2011-10-22 00:10 | 電気機関車Nゲージ | Trackback | Comments(2)
KATO 妙高編成をイジる その3
政府の行政刷新会議(議長・上島竜兵くん)が統廃合を含めた
見直しを検討している全103毒立行政法人があります。
この中から8割超の88法人廃止や民営化、他の毒法との
統合
について不可能または困難との意向を示しています。

その他の15法人のうち13法人は閣議決定などで既に統廃合などの
方針が決定済みとなっています。
が、実行されるのでしょうか??
統廃合されても名を変えて新規に毒法を創設するのでは??
残り2法人は民営化を検討するとしただけで、腐敗民主党政権でおいても
独法改革が全く進捗していない状況が鮮明です。

同会議の毒立行政法人改革に関する分科会では103の毒法へ1回目の
聞き取り調査を終了しています。
この分科会を視察したスーパージョッキーでお馴染みの
台湾人蓮舫行政刷新担当相は良い形にするための提案と
独法にクギを刺しました。
これもアノ茶番でお馴染みの事業仕分け と同じでしょう!!
果たして毒立行政法人改革して廃止や民営化、他の毒法との統合が
できるのでしょうか!?
早く毒法を全廃しムダな財政支出を削減し世界一の財政赤字から
脱却するのが国民&国家のためです!!

いつものスベる話しは短く本題に・・・
先日から作業を開始したKATOの妙高編成の作業の続きです。
e0120143_2343068.jpg
先日の寝台車輌に続いて普通車輌の作業です。
e0120143_2344291.jpg
まずはオハフ33から作業を始めます。
いつものように車輌をバラします。
e0120143_234526.jpg
この普通車も同様にシートを貼っていきます。
e0120143_235058.jpg
そして白色LEDの自作室内灯を取付けます。
通電させ点灯具合を確認します。
e0120143_235928.jpg
アクリル板を切り出し導光板式とし取付けます。
これで床下シャシは完成です。
e0120143_2351733.jpg
ボディーを搭載してオハフ33の2輌は完成です。
e0120143_235243.jpg
室内灯の点灯状況を確認します。
明るい場所では明るさのムラなどの確認ができません。
e0120143_2353230.jpg
部屋を暗くして点灯具合を確認します。
夜行列車らしくイイ感じです、やはり室内灯は必須アイテムです。
e0120143_2353968.jpg
室内灯の点灯ムラを確認します。
ちょっと光源側が明るいでしょうか!?
要改修です、導光板にいつもの処置をします。
e0120143_2354751.jpg
編成の最後尾となるオハフ33には他の車輌と同様にジャンパ栓パーツを
取付けます。
e0120143_2355543.jpg
続いて残りの普通車のオハ47×3輌です。
e0120143_236314.jpg
この普通車も同様にシートを貼っていきます。
e0120143_236923.jpg
そして白色LEDの自作室内灯を取付けます。
通電させ点灯具合を確認します。
e0120143_2361813.jpg
アクリル板を切り出し導光板式とし取付け、ボディーを搭載して
オハ47の3輌は完成です。
e0120143_2362419.jpg
室内灯の点灯状況を確認しするため部屋を暗くします。
コレもちょっと光源側が明るいでしょうか!?
要改修です。
e0120143_2363234.jpg
ちょっと室内を覗いて見ます。
シートがはムラなくイイ感じです。
e0120143_2363928.jpg
最後に全10輌のホロを塗装します。
こうするとホロが立体的に見え存在感がUPします。

これで妙高編成の作業は完了です。
時間が出来たら先に入線している能登と並べて
上野ごっこしたいですねぇ~!!

ここ最近は新規入線がないため放置車輌が減少傾向です。
上手くいけば年内には放置車輌を撲滅できるかも!?



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


[PR]
by seasidemintblue-A | 2011-10-18 23:15 | 客車Nゲージ | Trackback | Comments(0)
KATO 妙高編成をイジる その2
厚労省が社会保障審議会が11日の年金部会において厚生年金の
支給開始年齢
将来的に68~70歳に引き上げることを念頭に3案を
提示しました。
厚生年金の支給は60歳から段階的に65歳まで引き上げ、基礎年金と
同様にすることが既に決まっています。

既に崩壊しつつある年金制度・・・。
支給開始年齢を引き上げると定年から年金支給までの数年は
無収入
となります。
そこで定年の年齢を引き上げるとの案もあります。
しかし定年引上げにより若年層の雇用機会が減少してしまうでしょう。

過去、これら公的年金の年金保険料がグリーンピアなどの
年金福祉還元事業に流用され、我々が納付した年金保険料約7兆円
消えています。
さらに厚労省や社保庁の天下りとなっていました。
また年金給付の疑念により納付率が低下傾向にあり、
特に若年層の納付率は低下傾向が顕著となっています。


欧州危機ではスロベキアの議会により欧州危機の一時的な回避が
検討されています。
腐敗したギリシャ・・・国民も腐敗してしまっているようです。
労働人口の1/4は税金でメシを食っているそうです。
様々なバラマキ放漫財政により、財政が悪化しています。

このギリシャ問題は世界トップの財政赤字を抱える日本の近未来を
映しているのかもしれません・・・。
もし日本がデフォルトしたらどうなるのか??
国民が金融機関に貯蓄している資産が消滅するのかな!?
日本は赤ん坊から老人までの全国民で約800万円/人もの借金を
抱えています。
可及的速やかに財政再建のためにあらゆるムダな財政支出
減少させるべき!!



いつものスベる話しは短く本題に・・・
先日から作業を開始したKATOの妙高編成の作業の続きです。
e0120143_2257515.jpg
郵便&荷物車に続いて寝台車輌に着手します。
e0120143_22571693.jpg
まずは車輌をバラします。
室内パーツの寝台部位にいつものように貼り付けていきます。
カットする工数大ですがヘタに筆塗装するよりもムラやハミ出しもなく
キレイに仕上がります。
e0120143_22572313.jpg
そしてこの寝台車にも自作の白色LEDの室内灯を取付けます。
e0120143_22573939.jpg
完成した床下シャシにボディーを搭載して寝台車輌は完成です。
e0120143_22581541.jpg
ここで各寝台車輌を見ていきます。
まずはオロネ10です。
室内灯の明るさのムラはあまり見られません。
e0120143_22582311.jpg
部屋を暗くして、再度、室内灯の点灯具合を見てみます。
若干、光源側が明るいようですがコレは許容範囲でしょう。
e0120143_22583084.jpg
ちょっと室内を覗いて見ます。
ベッド部位に貼り付けたシートが垣間見えイイ雰囲気です。
e0120143_2258384.jpg
次にB寝台のオハネフ12を見てみます。
こちらも室内灯の明るさのムラはあまり見られません。
e0120143_22585319.jpg
同様に部屋を暗くして、再度、室内灯の点灯具合を見てみます。
少し光源側が明るいようですので、要改修です。
e0120143_2259171.jpg
また室内を覗いて見ます。
ベッド部位に貼り付けたシートが見え夜行らしくイイ雰囲気です。

今日はここまで・・・



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


[PR]
by seasidemintblue-A | 2011-10-12 23:00 | 客車Nゲージ | Trackback | Comments(2)
KATO 妙高編成をイジる その1
昨日、小沢一郎被告資金管理団体・陸山会が世田谷区奥沢に
秘書寮用地を約3億5,000万円で購入した土地取引を巡る
政治資金収支報告書について政治資金規正法違反検察審査会
起訴議決に基づき起訴され、初公判が行われました。
小沢被告は虚偽記入には当たらず元秘書らとの共謀もなかったとして、
全面無罪を主張しています。

政治資金収支報告書には土地取引と同じ日付で同会が受けた
銀行融資を指す4億円の記載があるだけで、その2週間余り前に
元代表が元秘書の石川知裕被告に手渡した
現金4億円の記載はありません。

さらに、その土地取引の原資となる4億円の出所についても
終始説明できていません。
これより出所は建設会社からの裏カネであることを
自ら裏付けていると受け取れます。

小沢被告は東北地方の公共工事の談合決定的な影響力を持つとされ、
建設会社からの1億円の裏カネも認定されています。


その初公判の後の会見では、小沢被告の一方的な会見でした。
アノ態度から明らかに裏カネであることを証明しています。
この裁判では第三者となる検察庁を批判していました。
ナゼ、ここで検察庁を批判しているのか??
やはり国民の代表である検察審議会を批判すると国民を
敵に廻せないため、手っ取り早い検察庁を批判しているのでしょう!?

また検察審査会による起訴についても理不尽である旨発言しています。
検察審査会による起訴は、小沢被告自身も関わった立法です。
立法府側である国会議員法治国家日本において
検察審査会による起訴に不条理があるとすると立法府である国会議員を
否定
していると受取れます。

マスゴミ質問に対し逆質問したり、土地購入の4億円の出所
聞かれると、
「詳しく聞きたければ検察に聞いて欲しい。強制捜査を1年以上もやって、
私の知らないことまで全部調べているから。」と
意味不明な発言しています。


カネで実権を掌握する小沢一郎被告・・・。
小沢被告の存在が国会を空転させ政治空白が生じています。
この被災地では復興の遅れとなる政治空白を嫌悪しています。
確実に2年以内には衆議院選が行われます。
被災地でもある岩手4区で、また小沢被告が当選するようであれば
岩手4区の有権者利権に絡み腐敗権力崇拝民主主義を逸脱した
選挙区と見受けざるを得ません。


金権政治カネで汚れた田中角栄&金丸信と同種の小沢一郎被告です。
ゼネコンと癒着し公共工事に莫大な影響力を保持し、
そのゼネコンから裏カネを教授し、ソレを原資に金権政治を遂行するのは
半世紀前の1960年代のカネで腐敗した金権政治をリプレイして見えます。
このまま日本医科大付属病院で逝くのが国益であり
国家国民には最有効です。


いつものスベる話しは短く本題に・・・
先日のEF62に続いて同時期に発売されたKATOの妙高編成に
着手します。
e0120143_23141643.jpg
当鉄道管理局には基本編成1セット、増結編成2セットが入線しています。
増結編成が2セット理由はご存知の通りマニ37や旧客などの車輌を
複数入線させるためです。
旧客は様々な編成に組み込みが可能で用途が多方面ですので、
何輌あっても不自由しない車輌です。
基本セット+増結セットで、ちょうど10輌編成となりますので、
車輌ケースのインナーを交換して10輌フル編成が収納できるようにします。
e0120143_23142617.jpg
いつものように当鉄道管理局の標準仕様となるように車輌に
手を加えていきます。
まずはこの妙高編成の一番の目玉のマニ37とオユ10から
イジっていきます。
e0120143_23143478.jpg
いつものように自作の白色LEDの室内灯を取付けます。
また相変わらずのアクリル板を切り出した導光板を取付けます。
この妙高編成で、当鉄道管理局の在庫となっていたアクリル板の
導光板が消費されますので、今後は各方面で好評のアノ方式に
切り換えます。
e0120143_2314451.jpg
室内の一部を塗装し、ボディーを搭載してマニ&オユは完成です。
e0120143_23145352.jpg
ちょっと暗くして点灯具合を確認します。
雰囲気も良さそうです。
e0120143_2315179.jpg
各車輌の明るさのムラを確認してみます。
まずはオユ10から見ていきます。
窓が少ないため室内の明るさのムラが目立たなく良い感じです。
e0120143_231592.jpg
次にマニ37です。
こちらも窓が少ないためムラが目立たなく良い感じです。
懸念していた室内が青白っぽく見えてしまいます。
室内の壁面の塗装が必要なようです。
が、塗料の残量が少ないため後日塗装します。
e0120143_23151773.jpg
オユ10は編成の最後尾となる場合がありますので、標準仕様で
テールライトが点灯します
編成の最後尾を飾りますので他の編成同様にカプラーをナックルに
交換しジャンパ栓パーツを取付けます。
妻面には検査表記がキレイに印刷されています。

今日はここまで・・・


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


[PR]
by seasidemintblue-A | 2011-10-07 23:50 | 客車Nゲージ | Trackback | Comments(2)
KATO EF62前期形をイジる
上島竜兵くんが首相になって1ヶ月以上が経過し、各マスゴミから
直近の世論調査の結果が発表されました。
予想通り全調査結果とも前回調査時よりも支持率が下落しています。
このペースですと年末には30%台来春には20%台という
低支持率になるのは間違いでしょう!
やっぱり前任の2匹と同じなのでしょう!?

さらに朝霞の公務員宿舎建設が問題となり、上島竜兵くん
視察に行っています。
2年前の民主党の茶番劇凍結事業となっていたのですが、
現首相の上島竜兵くん財務大臣在職時に、建設凍結が解除され、
建設工事が着工されています。
また今日になって5年間凍結としましたが、永久凍結すべきでしょう!
世界一の財政赤字国家である日本ですから、
こうした財政支出こそムダです。


建設凍結を解除した財務省トップだった上島竜兵くん
また、先週は建設容認していましたが、手のひらを返すように
建設凍結としました。
またまたコロコロ変わる猫の目政策・・・こうした点も前任の2匹
同じブレブレ政策・・・。
こうした政策や発言がブレる民主党は消滅すべきです!

やはり増税する前に国会議員のリストラ公務員人件費20減
毒法民営化など歳出削減が最優先です。
こうした自己保身の国会議員やキャリアを排除すべきです!!
さもなければ各国のようにデモンストレーションが勃発するのでは!?


今日、日本銀行から9月の日銀短観が発表されました。
DIは、大企業・製造業は前回調査(6月)から11P改善して+2となり、
2四半期ぶりの改善となりました。
また、3か月後の先行DI+42P改善し、これも
改善となりました。


また今週は、アノ欧州において下記の予定となっています。
 3日:ユーロ圏財務相会合
 4日:欧州連合財務相理事会
 6日:欧州中央銀行理事会

このような会合を実施しても何ら解決されることなく、
ギリシャを筆頭とした欧州危機は改善されないでしょう。


と、いつものスベる話しは短く本題に・・・、
放置車輌となっているKATOのEF62をいつものようにイジっていきます。
e0120143_22405212.jpg
当鉄道管理局に入線したKATOのEF62前期形です。
いつものように2輌入線しています。
e0120143_2241331.jpg
なかなかカッコ良いです。
さすがKATOということで仕上がりも品質もイイです。
多車種を乱発し不具合を連発しているの某社とは大違いです。
e0120143_22411259.jpg
側面から見るとEF62の最たる特徴であるC-C台車です。
e0120143_22412038.jpg
各方面でも酷評の側面の明かり取り窓が開いてクリアパーツがなく
印刷表現となっています。
ナゼ印刷なのか・・・コスト?生産工程?
今後、リニューアルで発売される時には改善されていることを
期待します。
さらに特徴的なパンタ下も表現されています。
e0120143_22413252.jpg
ボディーを外し動力ユニットを見てみます。
ここ最近、KATOから発売される電機カマらしくサスペンション機能付きの
動力ユニットとなっています。
今後、新規に発売される電機カマはコレが標準仕様となるのでしょう。
e0120143_22414090.jpg
さっそく当鉄道管理局の最低限の仕様にしていきます。
まずはボディーに付属パーツのナンバーを取付けます。
側面の明かり取り窓が印刷表現となっている部位に関しては
リンクさせて頂いていますLTDpegasusさんの工法を
パクろうとしましたが、それに必要な塗料がなく、近所の模型店も
閉店してしまい、対処できません。
今後、塗料を入手し明かり取り窓の部位を対処する予定です。
e0120143_2241492.jpg
パンタもいつもの手順で塗装します。
e0120143_22415848.jpg
スカートもいつもの作業です。
e0120143_224255.jpg
運転室内のパーツは作業には適さない形状で、作業性は悪いです。
が、コレもいつもにょうに塗装します。
e0120143_22421344.jpg
動力ユニットにスカートを取付けます。
この動力ユニットの側面上部のプラパーツが薄緑色となっていますので、
そのまま生かします。
e0120143_22422259.jpg

e0120143_22423111.jpg
動力ユニットにボディーを搭載しパンタ等のパーツを取付け完成です。
いつもの簡単な手抜き作業ですが、それなりにカッコ良くなります。

コレに続いて同時期に発売された妙高にも着手します。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


[PR]
by seasidemintblue-A | 2011-10-03 23:28 | 電気機関車Nゲージ | Trackback | Comments(2)
   

鉄ヲタ復活!!
by seasidemintblue-A
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
> 以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
> 最新のコメント
東濃鉄道さん、こんばんは..
by 動力車操縦者 at 22:46
東濃鉄道さん、こんばんは..
by 動力車操縦者 at 22:45
同メーカー内でカプラーが..
by 東濃鉄道 at 11:45
だいぶ前になりますが、管..
by 東濃鉄道 at 06:47
トータンさん、こんばんは..
by 動力車操縦者 at 22:22
> 検索
> ブログジャンル