人気ブログランキング |
> 最新の記事
KATO 113系湘南色をイ..
at 2020-01-10 22:34
KATO 113系湘南色 入線
at 2019-12-30 22:05
KATO 鉄道模型カタログ2..
at 2019-12-25 22:28
KATO 701系1000番..
at 2019-12-10 22:18
KATOへの要望 第8回かな?
at 2019-12-06 22:23
> ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
  • ブログの記載内容と関連のないコメントは削除しブログに嫌悪感のある方はアクセス不要です
  • ブログの記載内容には自己責任にて対応して下さい
<   2009年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧
DE10をイジってみました
初登場のディーゼル機関車DE10です。
ということでカテゴリーを追加しました。

すご~く前(いつかな?)に購入したTOMIXのDE10をイジります。
DE10をイジってみました_e0120143_22452470.jpg
購入してカプラーをカトカプに交換しただけです。
今回はエアーホース取付け、色差しなどをします。
DE10をイジってみました_e0120143_22454039.jpg
まずはDE10をバラします。
凄い前に設計された車輌ですのでウォームスプリングで
動力を伝達仕様です。
昨年発売されたモノも動力ユニットは、これと同じだそうです。
DE10をイジってみました_e0120143_22455868.jpg
今回はデッキ部がメインの改造となります。
穴をあけエアーホースを取付けます。
またテールライトは一体成形されていますので、
この部位もイジりますので穴をあけます。
DE10をイジってみました_e0120143_22461925.jpg
デッキ部にプライマーを塗布し上面をねずみ色1号、
側面を白3号に塗装します。
またテールライトにはΦ0.75の光ファイバーを入れ接着します。
DE10をイジってみました_e0120143_22464027.jpg
テールライトをクリアレッドに塗装し車輌を組立てて完成です。
お手軽にイジりましたが、ノーマル状態より
車輌全体が引き締まったように見えます。

5月にKATOからDE10(耐寒形、暖地形)がリニューアル発売されます。
当鉄道管理局でも新規入線予定で3輌を予約しています。
5月発売予定となっていますが、
いつものごとく1ヶ月くらいは遅れるでしょうか!?
発売が楽しみです!!
by seasidemintblue-A | 2009-02-28 22:47 | ディーゼル機関車Nゲージ | Trackback | Comments(8)
115系 先頭車リフォーム
先日、115系の付属編成の先頭車のリフォームをしましたが
今回は編成の先頭となる2輌の先頭車のリフォームをします。
115系 先頭車リフォーム_e0120143_22542781.jpg
編成の先頭となるクハ115-1000、1100です。
115系 先頭車リフォーム_e0120143_22544583.jpg
このクハ115は古い製品のため、ライトケースが大きく
室内の一部を占領しています。
115系 先頭車リフォーム_e0120143_2255548.jpg
室内の床面パーツもシートの一部が簡略化されています。
このシートのない部位にシートを取付けます。
115系 先頭車リフォーム_e0120143_22552975.jpg
以前に余っていたシートを取付け、またプラ板で作成したロングシート部も
取付けます。
115系 先頭車リフォーム_e0120143_22555675.jpg
シートを国鉄らしくブルーに塗装します。
115系 先頭車リフォーム_e0120143_22561278.jpg
ライトケースの不要部分をカットしLEDを復旧します。
ここでLEDの点灯を確認します。
115系 先頭車リフォーム_e0120143_22562752.jpg
ここで昨年購入したチップLEDを使います。
今回、初めてチップLEDを使います。
このチップLEDで先頭車の前面にある行先表示を点灯させます。
以前、室内灯から光ファイバーから前面の行先表示を
点灯させていましたが、ちょっと暗かったのでチップLEDに変更します。
115系 先頭車リフォーム_e0120143_22564890.jpg
2個失敗してしまいました・・・。(泣)
何とか3個目でハンダ付けもでき点灯しました!!
思っていた以上に明るいです。
115系 先頭車リフォーム_e0120143_2257986.jpg
これを室内灯のブリッジダイオードから通電し床下シャシを通して
運転室まで引き回します。
再度、ここでも点灯確認します。
115系 先頭車リフォーム_e0120143_22571857.jpg
ボディー側は行先表示の部位にプラ板でチップLEDの収納スペースを
作成します。
ここにチップLEDを収納し運転席への遮光をします。
115系 先頭車リフォーム_e0120143_22573360.jpg
チップLEDを収納スペースに収めるように床下シャシに
ボディーを搭載して完成です!!
115系 先頭車リフォーム_e0120143_22574881.jpg
部屋を暗くして運転室側の室内を見てみます。
これで室内もスッキリしました。
115系 先頭車リフォーム_e0120143_2258142.jpg
先頭部を見てみます。
光ファイバーに比べ非常に明るくなりました!
運転室内の遮光も上手くできました。

初のチップLEDで上手く行先表示が明るく点灯できました。
しかしハンダ作業がヘタでチップLEDのロスが
発生してしまったのは反省です・・・。
ロスを無くすようにハンダ付けを上手くなりたいです。
by seasidemintblue-A | 2009-02-23 23:05 | 電車Nゲージ | Trackback | Comments(7)
KATO EF65-1000後期形 入線
一昨日、KATOから新規に発売されたEF65-1000後期形(3019-3)が
届きました!!
KATO EF65-1000後期形 入線_e0120143_2245947.jpg

KATO EF65-1000後期形 入線_e0120143_22451885.jpg
予約していましたので発売日より1~2日遅い入線です。
KATO EF65-1000後期形 入線_e0120143_22454152.jpg
先月、TOMIXのEF65-1000東京機関区も新規に入線していますので
さっそくKATOとTOMIXのEF65PF後期型を比較します。
KATO EF65-1000後期形 入線_e0120143_22465125.jpg
まずは正面からです。
向かって左がKATO、右がTOMIX、どちらもモールドがイイ感じです。
両社ともナンバー選択式、手すりが別パーツ化させています。
若干、KATOの方が背が高いようです。
塗装を見てみると青とクリームの見切りラインはTOMIXの方がキレイです。
スカートのエアーホースのコックはTOMIXが4ヶ所、KATOが5ヶ所です。
実車を調べると左3ヶ所、右2ヶ所の計5ヶ所ですので
KATOが正解です。
またEF65PF後期型はスノープラウはなく、ATS保護板ですので、
TOMIXの方が正解です。
KATOをイジる時にスノープラウをATS保護板へ改造しなくては・・・。
KATO EF65-1000後期形 入線_e0120143_2247991.jpg
屋根上から全体を比較します。
いろいろなブログで紹介されているように若干KATOが長いです。
Nのスケール(1/150)からすると全長はTOMIXが正解だそうです。
TOMIXは屋根上が黒色、パンタ台座が灰色に塗装されています。
KATO EF65-1000後期形 入線_e0120143_22472614.jpg
屋根上の前側を見てみます。
KATOは無線アンテナ、発炎筒の穴があります。
またホイッスルがボディーと一体成形されています。
TOMIXは発炎筒の穴、ホイッスルの穴があります。
ヒサシはKATOの方が大きです。
KATO EF65-1000後期形 入線_e0120143_2247413.jpg
モニター屋根と側面を見てみます。
まずはKATOです。
以前のモデルと同様に窓ガラスのクリアパーツがありません。
またモニター屋根のHゴム部はボディー色のままです。
KATO EF65-1000後期形 入線_e0120143_22483444.jpg
TOMIXを見てみると、モニター屋根と側面の両方とも
窓ガラスのクリアパーツがあります。
両社を比較すると価格は、定価ベースでKATOの方が¥210高いです。
総合的にTOMIXの方が完成度が高いようです。
KATO EF65-1000後期形 入線_e0120143_22485129.jpg
ちょっと気が付いたのですが、KATOの前期形と後期形では
ヒサシの色が異なっています。
左の後期形は青、右の前期形はクリームです。
ヒサシの色はどちらが正解でしょうか!?
KATO EF65-1000後期形 入線_e0120143_2249971.jpg

KATO EF65-1000後期形 入線_e0120143_22491738.jpg
このKATOのEF65-1000後期形2輌の入線で
10輌になってしまいました。(汗)
KATO EF65-1000後期形 入線_e0120143_22494168.jpg
ここでTOMIXのEF65PFのクリアケースをKATOの
クリアケースに交換します。
余っているKATOのクリアケースを使います。
まずはパソコンでケース用のインナーを作ります。
KATO EF65-1000後期形 入線_e0120143_22495799.jpg
作成したインナーをクリアケースに入れます。
KATO EF65-1000後期形 入線_e0120143_22501264.jpg
そして今はなきWINのウレタンインナーを形状に合わせてカットします。
パッ見ではKATOかTOMIXか判りませんが、クリアケースを見れば
判別できます。
LTDpegasusさんも同様な方法で収納されているようです
当鉄道管理局では電機カマはKATOのクリアケース用BOOKケースに
収納していますのでTOMIXの電機カマはこのようにしています。
こうすることで収納効率が良くなります。

このEF65-1000後期型も、また放置車輌になってしまいそうです・・・。(汗)
by seasidemintblue-A | 2009-02-19 22:57 | 電気機関車Nゲージ | Trackback | Comments(12)
キハ40系前面改良
今月、TOMIXからキハ40が新規に発売されます。
当鉄道管理局でも100番台と500番台の入線を予定しています。
TOMIXのキハ40の入線前にKATOのキハ40系をイジります。
キハ40系前面改良_e0120143_236950.jpg
今回イジるKATOのキハ40系です。
キハ40×3輌、キハ48×1輌です。
動力車はキハ40の2輌です。
キハ40系前面改良_e0120143_2362578.jpg
この4輌の中でキハ48を代表にイジった内容をUPします。
キハ40系前面改良_e0120143_2364156.jpg
使うのはKATOから発売されているパーツです。
現状、ほとんど販売されていないようですので
入手は難しそうです・・・。
キハ40系前面改良_e0120143_2374691.jpg
まずはボディーを外します。
そしてジャンパ栓の位置に2ヶ所、放送用ケーブルの1ヶ所に
取付けの穴をあけます。
キハ40系前面改良_e0120143_238219.jpg
この穴にジャンパ栓と放送用ケーブルを取付けます。
放送用ケーブルですがガラクタ箱にあったモノで
何のパーツだか判りません・・・。(汗)
キハ40系前面改良_e0120143_2381680.jpg
取付け後、接着剤が乾燥してから朱5号でジャンパ栓の穴の周囲を
タッチアップの補修塗装します。
これでキハ48は完成です。
キハ40系前面改良_e0120143_2383098.jpg
キハ40についても同様にジャンパ栓ケーブルと放送用ケーブルを
取付けます。
このキハ40は両運転台の車輌ですので、ジャンパ栓を取付けた反対側の前面には
放送用ケーブルのみ取付けます。
キハ40系前面改良_e0120143_2384444.jpg
同様に他のキハ40系もイジります。
これでキハ40系の4輌の前面改良は完成です。

今月に発売となるTOMIXのキハ40が発売されましたら
KATOとTOMIXのキハ40を比較したいです!?
by seasidemintblue-A | 2009-02-17 23:09 | 気動車Nゲージ | Trackback | Comments(8)
おもちゃのまち&真岡鉄道 その②
昨日に引き続き「おもちゃのまち&真岡鉄道」の後編です。
おもちゃのまち&真岡鉄道 その②_e0120143_23344052.jpg
鉄ヲタのパパさんの車で真岡に向かいました。
真岡~下館の「SLもおか」に乗りました。
おもちゃのまち&真岡鉄道 その②_e0120143_2335281.jpg
そのSLもおかの記念乗車票です。
おもちゃのまち&真岡鉄道 その②_e0120143_23352965.jpg
真岡駅に50系3輌を牽引したC12が入線しました。
煙を吐く姿は、まさにSLって感じです。
駅舎はSLをイメージした造型になっています。
おもちゃのまち&真岡鉄道 その②_e0120143_23353931.jpg
ついつい、いつものようにC12と50系の連結部を
記録のために撮影しました。
おもちゃのまち&真岡鉄道 その②_e0120143_2336624.jpg

おもちゃのまち&真岡鉄道 その②_e0120143_23361595.jpg
50系3輌編成の先頭に乗車して下館に向かいます。
今では貴重な50系客車ですので、車内も記録のため
イロイロと撮影しました。
おもちゃのまち&真岡鉄道 その②_e0120143_23363226.jpg
座席はシート生地が変わっているだけで50系オリジナルの形状です。
国鉄時代のBOXシートは懐かしいです!
おもちゃのまち&真岡鉄道 その②_e0120143_23365643.jpg
オハフ50の車掌室です。
こういった写真も撮影しています。
おもちゃのまち&真岡鉄道 その②_e0120143_23371513.jpg
あっ~と言う間に下館に到着です。
下館からの折り返しはDE10が牽引し真岡へ戻ります。
50系は3輌のうち1輌が客扱いで残り2輌は回送となります。
おもちゃのまち&真岡鉄道 その②_e0120143_23372437.jpg
帰りはDE10が先頭になって真岡へ戻ります。
おもちゃのまち&真岡鉄道 その②_e0120143_23374056.jpg
真岡へ戻りC12の運転席を撮影させて頂きました。
室内には大きなボイラー、配管&バルブで狭く感じます。
いかにもメカメカしたところが蒸気機関車らしいです。
この季節でも室内は暑そうです。
また運転手の方はヤケドなどされるそうです。
おもちゃのまち&真岡鉄道 その②_e0120143_2338370.jpg

おもちゃのまち&真岡鉄道 その②_e0120143_23381027.jpg
真岡でも50系客車を資料として記録するため各部位を撮影しました。
今回、50系に乗車したのは20~25年ぶりでしょうか!?
昔、50系に乗車したのは奥羽本線や東北本線などで
3回くらい乗った記憶があります。
おもちゃのまち&真岡鉄道 その②_e0120143_23382162.jpg
帰りは鉄ヲタのパパさんに宇都宮まで送って頂き、
さらに宇都宮運転所を案内して頂き電機カマを見に行きました。
すっかり日も暮れ暗くなってしまったためEF81を撮影しましたが
こんな感じで真っ暗になってしまいました・・・(涙)。
宇都宮で鉄ヲタのパパさんEMSさん、Yさんとお別れです。
あっ~という間の一日でした。
ありがとうございました!!
おもちゃのまち&真岡鉄道 その②_e0120143_23383896.jpg
帰りは宇都宮からE231で帰路につきました。
乗り換えとなる大宮にちょうど北斗星が来るので
撮影しようと待っていると・・・やってきました北斗星!!
暗くて上手く撮れませんでした・・・(涙)。

今回も充実した楽しい一日を過ごせました!!
さらにみなさんの知識もイイ勉強になりお腹いっぱいです!

またみなさんと楽しく鉄したいですぅ~~~♪
by seasidemintblue-A | 2009-02-13 23:45 | 鉄道全般 | Trackback | Comments(2)
おもちゃのまち&真岡鉄道 その①
昨日はイベント参加のため宇都宮へ行ってきました。
今回も走・撮・乗と三拍子揃ったイベントです!!
メンバーは、いつものように鉄ヲタのパパさんEMSさん
Sumiさん、Yさんです。
また初顔合わせのおやまぁさんも参加されました。
さらに養老マニアさんも参加予定でしたが
不参加になってしまいましたが・・・。
おもちゃのまち&真岡鉄道 その①_e0120143_22255251.jpg
宇都宮方面のイベント参加の際は、いつも「ホリデーパス」を使います。
このキップは土日&祝日のみ有効で、当日のエリア内の
乗り降りが自由ですので大変便利です。
※エリア外の小山~宇都宮には追加運賃を払えばOKです。
また電車賃の節約にもなります。
おもちゃのまち&真岡鉄道 その①_e0120143_22265473.jpg
いつものように宇都宮に到着です。
おもちゃのまち&真岡鉄道 その①_e0120143_2227825.jpg
駅構内はちょっと寂しく、この107系とE231系しか
見当たりません・・・。
宇都宮駅前で待ち合わせして壬生町にあるおもちゃのまち
向かいました。
以前よりおまちゃのまちは知っていましたが今回が初です。
ここでNと16番で走行会を実施しました。
おもちゃのまち&真岡鉄道 その①_e0120143_22273324.jpg
Nのレイアウトです。
思っていた以上に大きく、立派なレイアウトです!!
感動モノで・・・スゴい!
おもちゃのまち&真岡鉄道 その①_e0120143_22274990.jpg
今回の走行会に持参した車輌です。
ED75-757牽引の旧型客車とEF81-58牽引の14系です。
おもちゃのまち&真岡鉄道 その①_e0120143_2228347.jpg
さらに457系も持参して走行しました。
この457系を見ると「まつしま」を思い出します。
おもちゃのまち&真岡鉄道 その①_e0120143_22281895.jpg
Yさん自慢のEF64-1000、しかも重連!!カッコいい~!!
車体のウエザリングがシブく、スカートのエアーホースが
足元を引き締めていています。
おもちゃのまち&真岡鉄道 その①_e0120143_22283263.jpg
こちらは16番の様子です。
途中、欠席だった養老マニアさんが急遽参加されました。
たくさんの方がいると、さらに楽しく勉強になりますねぇ~!!
16番は重厚感があり思わず欲しくなります!
まるで悪魔のささやき・・・16番への誘惑!?
おもちゃのまち&真岡鉄道 その①_e0120143_22284854.jpg
EF64-1000牽引の旧型客車・・・何とも言えません!!
おもちゃのまち&真岡鉄道 その①_e0120143_2229369.jpg
EF65-1000牽引のコンテナ編成です。
こんなのを見ていると16番が欲しくなってしまいます!

みなさんとN&16番の走行会を楽しみましたが
あっと言う間の3時間でした。
またここで走らせたいですねぇ~~~☆

この後、養老マニアさんはお子さんとおもちゃのまちで遊ぶそうです。
またSumiさん、おやまぁさんは都合により、ここでお別れです。
みなさんと充実した楽しい時間を過ごせました!!

この後、パパさん、EMSさん、Yさんと4人で
真岡鉄道へ向かいました。

パパさん、おもちゃのまちの案内、車の運転など
本当にありがとうございます!!

今日はここまで・・・続きは明日かな??
by seasidemintblue-A | 2009-02-12 22:38 | 鉄道模型全般 | Trackback | Comments(6)
ついでにKATOMIXカプラー化
先日B寝台の室内をイジった北斗星1、2号も
KATOMIXカプラー化します。
ついでにKATOMIXカプラー化_e0120143_22535630.jpg
今回も編成の先頭となるカニ24、オハネフ25-0の
2輌のカプラーをイジります。
ついでにKATOMIXカプラー化_e0120143_22541424.jpg
オハネフ25-0は、以前ナックルカプラー化&エアーホースを
取付けた状態です。
今回は作業手順を追って説明します。
ついでにKATOMIXカプラー化_e0120143_22551114.jpg
使うパーツです。
TOMIXのエアーホースとKATOのナックルカプラーです。
ついでにKATOMIXカプラー化_e0120143_22552940.jpg
まずはTOMIXのエアーホースのダミーカプラーと撤去し
ナックルカプラーを取付けるため
センターピンと左右に取付けの穴あけをします。
この時、KATOのナックルカプラーのベースを治具として
穴あけをすると位置決めが容易になります。
ついでにKATOMIXカプラー化_e0120143_22555788.jpg
KATOのナックルカプラーをベースとナックルカプラーに分割します。
使うのはナックルカプラー側のみです。
ついでにKATOMIXカプラー化_e0120143_22563985.jpg
先ほど穴あけしたTOMIXのエアーホースにKATOのナックルカプラーを
はめ込みます。
ついでにKATOMIXカプラー化_e0120143_22573467.jpg
上に出っ張ったツメを溶かしてベースとなる
TOMIXのエアーホースへ溶着させます。
溶着後、ヤスリでフラットに仕上げます。
ついでにKATOMIXカプラー化_e0120143_22575130.jpg
このKATOMIXカプラーはTOMIXの車輌は、そのまま取付けできますので
接着剤も不要で車輌側は何も手を加えなくても取付けられます。
ついでにKATOMIXカプラー化_e0120143_2258620.jpg
これでオハネフ25-0は完成です。
ついでにKATOMIXカプラー化_e0120143_22582236.jpg
いつものようにカプラー高さを確認します。
ちょっとナックルカプラー側が高いですが特に問題ないようです。
ついでにKATOMIXカプラー化_e0120143_22584219.jpg
さらにこの北斗星牽引のメインとなるEF81でもカプラー高さを確認します。
両車輌ともナックルカプラーで高さはバッチリでカッコいいです!!
ついでにKATOMIXカプラー化_e0120143_22585992.jpg
カニ24に取付けるKATOMIXカプラーも同様に製作します。
ついでにKATOMIXカプラー化_e0120143_22591315.jpg
これでTOMIXの北斗星1、2号(JR北海道)の編成も完成です。
by seasidemintblue-A | 2009-02-09 23:00 | 客車Nゲージ | Trackback | Comments(6)
オハネフ25にハシゴもどき取付け
KATOMIXカプラーのネタが続きましたが
今回は昨年3月に廃止となった北斗星1、2号の
B寝台の室内をイジります。

今年6月にTOMIXからリニューアルされ発売予定となっています。
が、当鉄道管理局の北斗星は2年前に発売されたモデルです。
リニューアルされる北斗星は・・・
・オハネフ25の2段ベッド化
・カニ24のエンジン付室内を再現
・白色LED基板採用など・・・。
オハネフ25にハシゴもどき取付け_e0120143_2254211.jpg
今回は、TOMIXの2輌のオハネフ25をイジります。
オハネフ25にハシゴもどき取付け_e0120143_22543794.jpg
側面から見ると窓には何もなくスッキリしています。
しかし実車は窓の真ん中にハシゴがあり外から見えます。
オハネフ25にハシゴもどき取付け_e0120143_22545253.jpg
窓越しに車内を見てみると寂しいです・・・。
オハネフ25にハシゴもどき取付け_e0120143_22551029.jpg
ボディーを外して床下を見てみます。
オハネフ25にハシゴもどき取付け_e0120143_22552475.jpg
ベットをツヤ消しブルー、テーブルをブラウンに塗装してあります。
室内をイジるために、一度室内灯のLEDユニットを外します。
オハネフ25にハシゴもどき取付け_e0120143_22553968.jpg
以前、JR東の北斗星編成のB寝台と同じ方法でハシゴを取付けます。
プラ棒を折りたたんだハシゴに見立ててテーブル立てます。
本来はテーブルの奥にハシゴがありますが、
Nの窓は厚いクリアパーツですので、本来の位置では
奥まってしまい不自然です・・・そのためテーブルに立てます。
本来ならば各メーカーから発売されているハシゴのパーツを
使うべきですがコストが・・・。(汗)
オハネフ25にハシゴもどき取付け_e0120143_22555411.jpg
このプラ棒は透明ですので、ハシゴらしくシルバーに塗装します。
オハネフ25にハシゴもどき取付け_e0120143_2256964.jpg
ボディーを搭載して窓越しに車内を見てみます。
ちょっと形状がビミョウに・・・!?
オハネフ25にハシゴもどき取付け_e0120143_22564072.jpg
側面から車輌全体を見てみます。
こうして見るとハシゴっぽく見えませんか?
とりあえず今回はコレでヨシとします。
予算に余裕ができたら各めーから販売されているハシゴに
交換しようかと・・・!?
by seasidemintblue-A | 2009-02-06 22:59 | 客車Nゲージ | Trackback | Comments(4)
さらにまたまたKATOMIXカプラー化
以前の20系、北斗星のKATOMIXカプラー化に続いて
さらに調子に乗って12系もKATOMIXカプラー化します。
さらにまたまたKATOMIXカプラー化_e0120143_22404690.jpg
今回イジるのも編成の先頭となるスハフ12の2輌です。
さらにまたまたKATOMIXカプラー化_e0120143_224123.jpg
この2輌もTOMIXのエアーホースを取付け、KATOの
ナックルカプラー化しています。
真直ぐな状態では、このようにカプラーがキレイに
収まっていますが、カーブでは・・・。
さらにまたまたKATOMIXカプラー化_e0120143_2241204.jpg
以前のTOMIXエアーホース&KATOナックルカプラー化を
取付けた状態です。
さらにまたまたKATOMIXカプラー化_e0120143_22413333.jpg
今回もKATOのこのナックルカプラーを使います。
さらにまたまたKATOMIXカプラー化_e0120143_22414940.jpg
前回同様、以前取付けたTOMIXのエアーホースを
そのまま流用するため写真のようにシャシ側となるベースを
カットしエアーホースと干渉しないようにします。
さらにまたまたKATOMIXカプラー化_e0120143_2242612.jpg
まず、ボディーを外し以前取付けたTOMIXエアーホースを
一度取外します。
位置決め及び台車との干渉を確認します。
特に問題ないようです。
さらにまたまたKATOMIXカプラー化_e0120143_22422067.jpg
一度取外したTOMIXのエアーホースをゴム系接着剤(Gクリ)で
接着します。
さらにKATOMIXカプラーもゴム系接着剤で接着します。
さらにまたまたKATOMIXカプラー化_e0120143_22423579.jpg
カプラーをイジった後にはカプラー高さ&位置を確認します。
高さも位置も特に問題ないようです。
さらにまたまたKATOMIXカプラー化_e0120143_22451186.jpg
もう一台のスハフ12も同様にイジります。
これで12系編成の前後はKATOMIXカプラーになりました。
R282でも余裕で曲がれます。

さらにKATOMIXカプラー化を進めていきます!!
しかしKATOの旧客(スハフ42など)は車輌のオーバーハングが
少ないため、このKATOMIXカプラー化はムリのようです・・・。

次はTOMIXの北斗星をKATOMIXカプラー化する予定です。
by seasidemintblue-A | 2009-02-03 22:47 | 客車Nゲージ | Trackback | Comments(4)
   
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
> 以前の記事
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
> 最新のコメント
東濃鉄道さん、こんばんは..
by 動力車操縦者 at 22:51
排気管の写真ご掲載あり..
by 東濃鉄道 at 19:49
東濃鉄道さん、こんばんは..
by 動力車操縦者 at 22:20
リニューアル12系、最大..
by 東濃鉄道 at 09:37
東濃鉄道さん、こんばんは..
by 動力車操縦者 at 22:24
> 検索
> ブログジャンル