人気ブログランキング |
> 最新の記事
久々に鉄ピク購入
at 2019-10-23 22:41
KATO 415系(常磐線・..
at 2019-10-16 22:32
KATO EF65 1000..
at 2019-10-09 22:41
KATO EF65-2000..
at 2019-09-30 22:35
KATO 12系急行形客車を..
at 2019-09-20 22:52
> ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
  • ブログの記載内容と関連のないコメントは削除しブログに嫌悪感のある方はアクセス不要です
  • ブログの記載内容には自己責任にて対応して下さい
> 12系
12系客車は、老朽化した波動輸送用の急行形客車の置換用として
1969~1978年までに日本国有鉄道が603輌を製造した
急行型座席客車です。
当初から冷房装置を搭載し客車では初めて自動ドアを採用し、
旅客サービスや安全面の向上に大きな成果を挙げました。
また客車初の分散ユニット型電源システムによる電源供給の効率化が
図られ、2段式ユニット窓やFRP部材の採用などでコストダウンを図り、
その後の国鉄客車の基本となった車両です。

当初は、1970年(昭和45年)の日本万国博覧会(大阪万博)輸送を念頭に
臨時列車、団体列車を含めた波動輸送用車両として製作されました。
既に電車、気動車が旅客輸送の主力となっていた時期でしたが、
あえて客車として製作されました。
臨時列車、団体列車等は多客期のみの運行であり、
閑散期には車両を車庫で遊ばせておかざるを得ない状況でした。
このような用途向けに、動力装置を持つ電車・気動車を
増備することは製造、保守のコストが掛かります。
また戦前に製作された客車が多数在籍していましたが、
その老朽化による車両自体の取り替え需要が生じてきていました。
一般型の座席客車は、10系客車のナハ11形・ナハフ11形が
1959年に製造が終了して以来、増備されていませんでした。
1960年代中期以降、急行用電車・気動車においては
普通車の冷房化が始まり、客車も時流に応じる必要がありました。
10系客車までの在来型客車は、電気機関車やディーゼル機関車で
牽引する場合、暖房を使用する時期には牽引機関車が暖房用蒸気を
供給する蒸気発生装置(SG)付の旅客用機関車で牽引するか、
別にボイラーを搭載した暖房車が必要であり、
電気暖房の場合は暖房電源供給設備(EG)のある機関車が必要でした。
一方、多客時は貨物列車の運行が減少するため、
貨物用の機関車を活用することも目的としました。

本系列は冷暖房手段を機関車に依存せず分散式のユニットクーラーと、
電気暖房装置を全車両に設置し、電源としてディーゼル発電機を
緩急車スハフ12形の床下に設置しました。
しかし照明や放送装置などのサービス電源は旧型客車同様に
車軸発電機からの電源で賄っていました。

車体は在来客車の流儀を脱却し、急行形電車の設計を基本的に踏襲して
車体幅を約100mm拡大し2.9m級となりました。
また車体長も20.8m(全長21.3m)に拡大して座席間隔を1,580mmに広げ、
腰掛自体も人間工学を考慮した形状改良を行っています。
全車に空気バネ台車を標準装備(TR217台車)し乗心地を改善しました。
新開発のCL形自動ブレーキ装置の採用=ブレーキシュー材質は
従来の鋳鉄に代わり、高速域からの安定した制動力が得られる
レジン樹脂に変更しました。
併せて自動ブレーキ機構は従来の三動弁をやめ、メンテナンスフリーで
作動迅速な三膜弁に変更しました。
通常の自動ブレーキ配管・空気圧で従来より15kmプラスの
最高速度110km/h運転可能となりました。
(20系は110km/h運転可能でしたが、機関車に編成増圧ブレーキが必要)
2段式のユニット窓を初めとする合理化された構造を随所に採用しました。
これは同時期の電車や気動車にならったもので、
生産性や整備性を改善しています。
塗色は車体を青20号にクリーム10号の2本帯としました。
(屋根は灰色1号だがのちにねずみ色1号に変更)
旧型客車と混結して運用することを想定し、蒸気暖房の引通し管
及び電気暖房の引通し線を両方装備しています。
このため機関車と旧型客車の間に本系列が連結された場合でも、
旧型客車への暖房供給が可能となっています。
これらはそれ以前の旧型客車や10系、20系とは一線を画すもので、
12系以後に登場した特急用の14系や24系客車にも踏襲されています。

12系客車の形式はスハフ12、オハフ13、オハ12の3形式のみで、
製造時期によって仕様は異なります。
更に国鉄末期には大量に発生した余剰車をベースに、普通列車仕様化や
ジョイフルトレインへの改造、また民営化以降はアコモデーション
改善改造等が行われ形式、番台区分が一層細分化されています。

では、いつもの様に室内灯を取付けます。
e0120143_23494847.jpg
当鉄道管理局の12系客車です。
中古品などを集め8輌編成(基本6輌+増結2輌)となっています。
編成は・・・
 スハフ12
 オハ12
 オハ12
 オハ12
 オハ12
 スハフ12
 オハフ13
 スハフ12
e0120143_23504181.jpg
白色の室内灯を取付けLEDのテールライトに変更しました。
e0120143_23505699.jpg
部屋をちょっと暗くして室内灯の確認です。
ほぼ均等の明るさになりました。
e0120143_23511296.jpg
室内ですが、ロット違いによりブルーだったり
クリームだったりと異なっていました。
それを統一するためにシートをブルー、
床などを明るいグレーで塗装しました。
e0120143_23512764.jpg
真後ろから見ると、室内灯の明かりが見えてしまいます。
緩急車には仕切板が必要のようですので、
後日、仕切板を取付けたいと思います。
この12系で晩年の「八甲田」「津軽」そして臨時急行「おが」として
走らせたいと思います。
by seasidemintblue-A | 2008-01-09 23:51 | 客車Nゲージ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://powerel.exblog.jp/tb/7069607
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yamasanginga at 2008-01-10 11:43
 こんにちは。作業おつです。
 私も一昨年、中古で12系客車6両をゲットしました(^^まだ手をいれてないのですが室内ブルーとグレーの塗装、効いてますね♪12系は機関車にあうでしょうしいずれ整備したいですね(^^
Commented by EMS at 2008-01-10 18:28 x
こんばんは!12系の八甲田・津軽そしておがなんて聞いただけでときめいてしまします^^;運転会実現の折には是非、EF65PF前期型やゴハチに引かせた姿を見せていただきたいです~^^☆
Commented by 動力車操縦者 at 2008-01-11 22:55 x
やま♪さん、こんばんは
12系は、どんな電機カマにも似合うので
いろいろ牽引して走らせたいと思います。
やま♪さんも12系をゲットされたそうですので
内装イジリでは、是非UPして下さい!!
Commented by 動力車操縦者 at 2008-01-11 22:59 x
EMSさん、こんばんは
12系は「八甲田」「おが」で乗ったことがあります!
当方もそんなイメージで12系を入線させました。
運転会が実現しましたら、いろいろな電機カマに
牽引させたいです!!
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
> 以前の記事
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
> 最新のコメント
東濃鉄道さん、こんばんは..
by 動力車操縦者 at 22:51
排気管の写真ご掲載あり..
by 東濃鉄道 at 19:49
東濃鉄道さん、こんばんは..
by 動力車操縦者 at 22:20
リニューアル12系、最大..
by 東濃鉄道 at 09:37
東濃鉄道さん、こんばんは..
by 動力車操縦者 at 22:24
> 検索
> ブログジャンル