> 最新の記事
鉄コレ 101系南武支線 晩..
at 2017-04-27 22:28
鉄コレ 101系南武支線 晩..
at 2017-04-19 22:35
KATO クモヤ90015を..
at 2017-04-11 22:33
KATO オハ61系入線
at 2017-04-03 22:10
クモル24020をつくろう ..
at 2017-03-29 22:59
> ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
  • ブログの記載内容と関連のないコメントは削除しブログに嫌悪感のある方はアクセス不要です
  • ブログの記載内容には自己責任にて対応して下さい
<   2011年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧
KATO EF81ヒサシ仕様をイジる その1
先日、東京でも例年より早い梅雨入りとなりました。
この季節になるとベランダでのエアーブラシ塗装派のウチでは
作業が遅延しそうです。


昨日は雨の中、第78回東京優駿ということで毎週出撃している
東京競馬場へ出撃してきました。
昨年はJRAサインの解読に成功し万馬券を的中できました!
勝負馬券の他に、いつものように今年もJRAサインを解読し、
いざ勝負しました!!
難解なJRAサインの他に安易なJRAサインが出ていたのですが、
あまりにも簡単なJRAサインでしたので軽視していました。
が、それが2着となってしまい、見事に撃沈・・・。


いつものスベる話しはなく本題に・・・。
先日のEF64-1000JRF色に続いて電機カマをイジっていきます。
KATOから発売され放置していたEF81ヒサシ仕様を
イジっていきます。
作業内容はいつもと同じになりそうです。
e0120143_22484315.jpg
まずは車輌を見てみます。
KATO製ですので安心できるいつもの完成度です。
前面から側面へ回り込むヒサシが水平なのがちょっと残念です。
本来はヒサシ端は下向きになっています。
e0120143_22485170.jpg
いつものように車輌をバラしていきます。
まずは動力ユニットを塗装します。
プラ、緑色の順に塗装します。
さらに運転席のシートを青色に塗装します。
e0120143_22485880.jpg
パンタもいつもと同じように塗装します。
e0120143_2249638.jpg
またスカートもいつものようにエアーホース、ジャンパ栓の
穴をあけ、プラ、ねずみ色1号の順に塗装します。
エアーホース、自作の真鍮線のジャンパ栓を取付け、
それらを塗装します。
e0120143_22491468.jpg
そして室内パーツも塗装します。

今日はここまで・・・



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


[PR]
by seasidemintblue-A | 2011-05-30 22:50 | 電気機関車Nゲージ | Trackback | Comments(4)
KATO EF64-1000 JRF新更新色をイジる その2
東電の福島第1原発1号機海水注入問題で、一時中断したと説明した
海水注入を、実際には中断せずに継続していたと発表しました。
この海水注入の中断について二転三転している昨今、
やはり政府の指導力&無能を裏付けています。

それにしても相変わらずアホで意味不明な発表を繰り返す
ジャイアン顔の官房長官・・・目障り!!

政府の発表については全て懐疑的に受けています。
いつまで首相の座に居座るのか・・・スッカラ菅くん!?
このままでは日本は破滅してしまうのでは!?


いつものスベる話しは短めに・・・。
先日から作業を開始したKATOのEF64-1000JRF新更新色の続きです。
e0120143_23779.jpg
パンタもいつもと同じように塗装します。
e0120143_2371453.jpg
ボディーはジャンパ栓、開放てこを取付けます。
さらに付属パーツのナンバー、誘導員手すりも取付けます。
側面には製造銘板のインレタを貼り、それを保護するために
半ツヤクリアを塗装します。
e0120143_2372390.jpg
ボディーにパンタを取付け、動力ユニットにスカートを取付けます。
動力ユニットにボディーを搭載して完成です。
e0120143_2373019.jpg
簡単な軽加工のみですが、これでもカッコ良くなります。
EF64-1000は、このようにスカート周辺がゴチャゴチャしているのが
足元が引き締まってカッコ良いです。
e0120143_2373840.jpg
側面を見てみます。
製造銘板が目立ってイイ感じです。
e0120143_23101191.jpg
屋根上は、製品状態でねずみ色1号に塗装されていますので、
そのままです。

このJRF新更新色は先日完成したEF64-1041などと
重連で走行させて楽しめそうです。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


[PR]
by seasidemintblue-A | 2011-05-27 23:15 | 電気機関車Nゲージ | Trackback | Comments(2)
KATO EF64-1000 JRF新更新色をイジる その1
ようやく、福島第1原発2号機3号機メルトダウンを公表しました。
やっぱり2号機、3号機も・・・ですね!?
震災後、2ヶ月以上経過した今頃・・・国内のみならず
海外に対しても不信感が増幅していきます。
1~3号機がメルトダウンしていたとなると
震災当時、休止中だった4号機も、燃料プールで燃料棒が
まさかメルトダウンしているのでは??

それにしても三頭身官房長官は発言内容で民主党の無能っぷりを
公言しているようです。
コイツはJR東労組とのグレーな関係もあり、さらに天下り法人理事から
献金
を受けるなど存在自体も如何わしい・・・。
日本を衰退、破綻させようとする民主党の可及的速やかな消滅を希望!!!


いつものスベる話しはコレくらいにして・・・
KATOから発売され、ず~っと放置していたEF64-1000のJRF新更新色を
イジっていきます。
先日のEF64-1041に続く貨物機です。
作業内容はいつもと同じになりそうです。
e0120143_22561885.jpg
まずは車輌を見てみます。
KATO製ですので安心できるいつもの完成度です。
色合いも良くイメージ通りです。
e0120143_22562610.jpg
側面の独特なカラーリングです。
元の車輌がカッコ良いので、このJRF新更新色でも
カッコ良いです。
EF64-1015のみに塗装されたJRFの3色更新色もカッコ良かったです。
e0120143_22563336.jpg
いつものように車輌をバラしていきます。
まずは動力ユニットを塗装します。
プラ、緑色の順に塗装します。
さらに運転席のシートを青色に塗装します。
e0120143_22564150.jpg
さらに室内パーツもプラ、緑色に塗装します。
e0120143_22564843.jpg
またスカートもいつものようにエアーホースの穴をあけ
重連用のジャンパ栓を取付け、プラ、ねずみ色1号に塗装します。
そして自作の真鍮線でジャンパ栓ケーブルを取付けます。

今日はここまで・・・


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


[PR]
by seasidemintblue-A | 2011-05-24 23:00 | 電気機関車Nゲージ | Trackback | Comments(2)
EF64-1041をつくろう その3
今日、東電の決算が発表されました。
市場予想通り1兆2,000億円の赤字となったそうです。
これは原発事故による特別損失を計上したためだそうです。
到底、この金額では全く足りません・・・。
その不足分は・・・バラマキ4K国会議員半減毒法全廃で捻出できます!!
まっ、どうせスッカラ菅くん三頭身官房長官にはデキないでしょうね!?


いつものスベる話しは短めに・・・。
車輌イジリを再開するにあたりリハビリを兼ねて作業を開始したKATOの
EF64-1000の続きです。
e0120143_23145937.jpg
ここで今回、この作業を試行します。
パンタ下台座の高圧配管を真鍮線で別パーツ化します。
細かい部位ですのでその効果はどうなんでしょう!?
e0120143_23151390.jpg
そしていつものように屋根上の手すりを取付けます。
e0120143_23152120.jpg
ガラクタ箱にあった高圧引込線を屋根上に取付けます。
e0120143_23153160.jpg
高圧引込線の一部を塗装します。
e0120143_23154089.jpg
いつものように前面には手すり、総括重連用のジャンパ栓を
取付けます。
さらにワイパーも取付けます。
e0120143_23202985.jpg

ガラスパーツのHゴム部の一部を黒色塗装します。
e0120143_23203964.jpg

ガラスパーツを取付け手すり類を塗装し取付けます。
その他のパーツ類も塗装し取付けます。
そして塗装及びインレタ保護のため半ツヤクリアを塗装します。
e0120143_23165665.jpg

e0120143_2317629.jpg

e0120143_23171499.jpg

e0120143_23211345.jpg

JRインレタの在庫がないため、とりあえず完成とします。
そのJRインレタは世間に流通していませんので入手が困難です・・・。
以前、TOMIXからは発売されていましたが品切れ状態です。
某ショップに製作依頼にて入手できるそうですが、
納期が長いため、ちょっとキビしいです。
このJRインレタが流通していないのはJRの商標登録によるもので
インレタの発売にはJRの許認可が必要なようです。
しかしJR側の許認可がないため新規の発売は難しいのでしょうか!?
簡単に短納期、そして安価でJRインレタを入手できる方法をご存知の方は
ご教示頂けると嬉しいです。
e0120143_23173341.jpg

e0120143_23174177.jpg
完成したボディーを動力ユニットに搭載してEF64-1041は完成です。
e0120143_23175017.jpg

e0120143_23175950.jpg

上方から見るとこんな感じに仕上がりました。
e0120143_23181270.jpg

e0120143_23182015.jpg

e0120143_23183040.jpg

e0120143_23184693.jpg

側面です。
運転室脇の表記類も上手く(?)転写できているようです。
e0120143_23185546.jpg

またいつものように2位側のテールライトが点灯するようにLEDを
埋め込みます。
しかしLED光源からの光漏れが顕著です、要対策です。
e0120143_2319435.jpg

プラ板やアルミテープなどで遮光し光漏れを最小限に留めます。
まだ若干の漏れがありますが、当鉄道管理局ではコレが限界です。

これでリハビリを兼ねたEF64-1041イジリは終了です。
久々の車輌イジリでしたが、まあまあの仕上がりで
本人は満足しています!?
この勢いで放置された大量の車輌に手を加えていきます。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


[PR]
by seasidemintblue-A | 2011-05-21 00:01 | 電気機関車Nゲージ | Trackback | Comments(6)
EF64-1041をつくろう その2
日々、福島第1原発の状況が報道されています。
また原発事故による被災者救援についても報道されています。
が、なかなか進捗がありません・・・。

補償の支払い方法などについて決まっておらず財源も
明確となっていません。
東電の取締役の年俸全額カットや社員の一部年俸カット・・・
さらに企業年金の一部カットという状況になっています。
これでは全く足りません・・・。

まず東電に対するリストラを要求する前にヤルことが・・・
一部大臣の報酬カットだけではなく、全国会議員の
歳費(1匹の飼育費=約1億円/年)を
50%以上カット
しそれを財源の一部に流用すべきでは??
さらに我々国民の血税を原資とした政党助成金も50%以上カットすべき!!

また次期衆参議員選挙では国会議員定数を半減とし、
無能でムダなクズ国会議員
削減し、それにより財源の一部とできるでしょう。
また以前から発言しているように毒法を全廃し、特別会計の歳入も
被災者救援の原資とすべき!!

それにしてもスッカラ菅くんはいつまで総理のイスに居座るのか!?
さらに日々の記者会見の発言で経済状況を悪化&混乱させている
頭デッカチの三頭身官房長官・・・見苦しい。
スッカラ菅政権も頭の中はメルトダウン状態です!!


と、いつものシュスベる話しはコレくらいにして・・・
車輌イジリを再開するにあたりリハビリを兼ねて作業を開始したKATOの
EF64-1000の続きです。
e0120143_23123439.jpg
動力ユニットを塗装します。
窓から見える部位をプライマー塗装した後、薄緑色に塗装します。
また速度検出も取付けます。
e0120143_23124417.jpg
ボディーを青15号に塗装します。
e0120143_23125263.jpg
EG灯の跡もキレイに処理できています。
e0120143_23125973.jpg
マスキングをしてクリーム1号を塗装します。
塗装のセオリーでは塗装順番が逆ですが、マスキングなどの
作業を考慮すると青15号→クリーム1号の順に塗装した方が
簡単のようです。
e0120143_2313853.jpg
塗装乾燥後、マスキングを剥がします。
塗料のハミ出しなどもなく本人なりに上手く塗装できています。
e0120143_2313172.jpg
ボディー全体はこのように塗装できています。
特に手直しの必要はなさそうです。
e0120143_23132428.jpg
次に屋根上を塗装します。
マスキングをしてパンタ下台座部をねずみ色1号します。
e0120143_23133315.jpg
またマスキングしやり直しつや消し黒色を塗装します。
e0120143_23134085.jpg
ついでに屋根上パーツもつや消し黒色を塗装します。
e0120143_23134773.jpg
マスキングを剥がし塗装の仕上がりを確認します。
なかなか上手く塗装できています。
e0120143_2313552.jpg
屋根上パーツを取付けます。
これでボディー塗装は完了です。
e0120143_2314357.jpg
次にボディー各部位の表記のインレタを貼っていきます。
運転室側面の表記類から貼っていきます。
非常に細かいインレタですので目がショボショボです・・・。
e0120143_23141373.jpg
次に側面の製造銘板のインレタを貼ります。
e0120143_23142054.jpg
これでボディーのインレタ貼りは完了です。

今日はここまで・・・



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


[PR]
by seasidemintblue-A | 2011-05-18 23:18 | 電気機関車Nゲージ | Trackback | Comments(0)
ちょっと材料購入&設備投資
先週、三頭身官房長官が会見の場で福島原発1号機のメルトダウン
初めて認めました。
今頃(?)と言った感じです。
このメルトダウンは初動対応を失敗したスッカラ菅くんによる人災でしょう!
そして2号機&3号機も同様にメルトダウンしているのではないでしょうか!?
さらに点検停止中だった4号機燃料プールでメルトダウン!?

またこの三頭身官房長官は余計な発言を多発しています。
コレは民主党及び自身の保身のためではないでしょうか!?


現在、浜岡原発が停止させられましたが、これによる
エネルギー不足については何ら処置対応が決まっていません・・・。
ただ単に停止させただけ・・・サル以下の対応のスッカラ菅くん!!
また細野くん無能っぷりも露呈してきています。

先の震災後から全く機能していない民主党政府・・・政治空白状態!?
いやいや・・・一昨年の民主党政権から政治空白状態かも??


さてさていつものスベる話しはコレくらいにして・・・
久々(1年ぶり?)にコチラへ行ってきました。
e0120143_2325725.jpg
先週末、天気も良かったので、ツレに吉祥寺に連れ出されました。
e0120143_233344.jpg
子供の頃、吉祥寺に行くとその都度買ってもらっていた餃子の
みんみんを偶然にも発見しました!!
昔と変わらない面影です・・・。
懐かしさのあまり思わずツレに餃子を買ってもらいました。
ここの餃子はとても大きく皮が厚くモチモチした食感で、
一人前でもお腹いっぱいになります。
e0120143_2331061.jpg
さらに、ちょっと時間に余裕があったので、旧近鉄百貨店跡地(?)の
ヨドバシに寄って、ちょっと材料を購入しました。
ここでベビコンよりさらにコンパクトなプチコンを見つけ
思わず購入してしまいました。
本来、コンプレッサーには様々な付帯するエアー機器が必要です。
冷凍式エアードライヤーオートドレン付ミストセパレーター&
マイクロミストセパレーター
など・・・。
しかし、設備投資を考慮するとキビしいので、
しばらくコレで試行します。
e0120143_2331865.jpg
さらに帰路の途中、本屋に立ち寄ると、またまた興味深いモノが!?
電機カマをイジるには良い資料となりうる本のようです。
軽く立ち読みすると、あまり参考になる内容はありません・・・。
しかし、ゴハチ172号機についての記事があったため即購入!
この172号機についての記事は熟読します。

ところで、この内容に一部異なる車輌加工を発見しました。
書籍の中盤あるEF64-1053です。
1053号機は、現在、当鉄道管理局で製作中の1041号機と同じく
3次増備車ですので製造段階からEGは未搭載です。
スカートのEG用ジャンパ栓やEG灯は撤去してあるのですが、
屋根上のEG用リアクトルルーバーがあります!?
本来、屋根上のリアクトルルーバーがないのが正解なのですが・・・!?
製作者は気付かなかったのでしょうか!?

それにしてもゴハチ172号機の内容は勉強になります!!



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


[PR]
by seasidemintblue-A | 2011-05-16 23:05 | 鉄道模型全般 | Trackback | Comments(2)
EF64-1041をつくろう その1
ここ最近、大きな進展のない福島第1原発・・・。
先月、東電が発表した原子炉の安全停止に向けての工程表が
早くも崩壊しています。
6~9ヶ月後の安全停止としていましたが、
やはりと言うか予想通り絵餅になっています・・・。

またスッカラ菅政権はグダグダで、こちらも進捗なしです。


今日はいつものスベる話しは短めに・・・。
一時、車輌イジリを中断していましたが、今月から再開しています。
このGWからリハビリを兼ねての車輌イジリです。

そのリハビリとして、以前、当鉄道管理局にあった無動力の
EF64-1000がありますので、これに動力ユニットを入れ、
自走できるようにします。
また、コレを機にイロイロと手を加えていきます。
現在、放置中の車輌が大量にありますが見ないことにして、
コチラを作業していきます。
e0120143_2364998.jpg
コレが以前、無動力で遊びのEF64-1000です。
e0120143_2365636.jpg
某オークションで動力ユニットをGETしました。
これを使って自走可能にします。
e0120143_23733.jpg
製作するのは、以前、高崎で見たEF64-1041にします。
資料として各部位を撮影していますので、それを参考に
作業を進めていきます。
今回、製作するEF64-1041は3次量産車です。
e0120143_237919.jpg
まずは全てのパーツを外します。
e0120143_237175.jpg
手すり類を真鍮線化しますので、余分なモールドを削り、手すりを
取付けるための穴をあけます。
さらにプラ製品の致命的欠陥のPラインも除去します。
e0120143_2372418.jpg
この3次量産車は製造当初からEGを搭載していません。
そのためEG表示灯を撤去します。
e0120143_2373176.jpg
屋根上のPラインを除去します。
また高圧配線も別パーツ化(真鍮線)しますので
その下ごしらえもします。
e0120143_2373874.jpg
そしてお風呂に入ってサッパリしてもらいます。
e0120143_2374685.jpg
お風呂に入った後、いつもの様に洗浄&乾燥させます。
その間にボディー以外のパーツに着手します。
まずは運転室上のクーラーです。
以前、大宮工場にて撮影したEF64-1000番台のクーラーです。
現在、EF64-1041はこのタイプのクーラーとなっています。
KATOのEF64-1000クーラー車のクーラーは旧タイプとなっていますので
新たに現行タイプのクーラーが必要となります。
これは当鉄道管理局には在庫がありませんので入手が必要です。
e0120143_237556.jpg
次にスカートですが、こちらもKATOの新タイプに変更します。
この新しいタイプのスカートはナックルカプラー対応後の車輌から
採用されています。
そのためカプラー開口部が広くカッコ悪いので、プラ板を使って
可能な限り開口部を狭めます。
またEF64-1041は3次量産車でEGは搭載していませんのでスカートの
EG用のジャンパ栓を撤去し穴埋めします。
さらにいつものようにエアーホースの取付け穴をあけます。
e0120143_238366.jpg
スカートをプライマー処理後、ねずみ色1号に塗装します。
エアーホース重連用ジャンパ栓、ジャンパケーブルを取付けます。
これでスカートは完成です。
e0120143_2381137.jpg
そしてガラス窓のHゴムを黒色に塗装します。
が、資料の写真を見ると一部のHゴムは一部がグレーとなっています。
e0120143_2381816.jpg
さらに屋根上の抵抗器のリアクトルです。
KATOのモデルは1~2次量産車(?)ですので、EG用の
リアクトルルーバーがあります。
が、今回製作するEF64-1041は3次量産車ですので、製造当初から
EGを搭載していません。
そのため放熱通風器のEG用のリアクトルルーバーがありません。
e0120143_2382695.jpg
以前、大宮工場の一般公開時に資料として撮影してきたED64-1000の
屋根上の排風口です。
モデル号機とは異なりますが、改造時には、こうした資料が
参考になります。
e0120143_2383516.jpg
ということでEG用リアクトルルーバーを撤去しプラ板で埋め、
いつもの要領で継部を消します。
さらに吊り具を取付けます。
e0120143_2384673.jpg
そしてシルバーに塗装します。
これで屋根上の排風口は3次量産車となります。

今日はここまで・・・



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


[PR]
by seasidemintblue-A | 2011-05-12 23:15 | 電気機関車Nゲージ | Trackback | Comments(4)
KATO EF62&妙高入線
今日の夕方、突然の記者会見でスッカラ菅首相が中部電力の
浜岡原発の運転停止を要請しました。
この原発の運転停止による電力不足の対応について何ら具体的な
対応策が示されていません。
サル以下の無能なスッカラ菅では対応策を示す事は不可能でしょう!?


電力不足と言えば先の震災で関東地方では電力が不足する影響で
日々輪番停電(計画停電)が実施されました。
その影響で大企業だけでなく中小企業、個人経営(個人商店)や
一般家庭にも大きな影響を与えています。

様々な企業では自家発電機を導入するそうです。
が、夏季までの短期間に発電機が間に合うのでしょうか??
まさか原始的で効率が最悪で環境破壊に繋がるディーゼルエンジンの
発電機なのでしょうか?

オイラは自家発電機と言うと、多くの方がご存知の・・・
やはりコージェネでしょう!!
大きな事業所では設置されている企業も多くなっています。
このコージェネが運転されているのを実際に見たことがありますが、
想像以上にコンパクト効率も良い発電システムです。
自家発電機は、やはりコージェネですねぇ~!!

しかしこのコージェネは2~3ヶ月で製造し設置できるような
単純構造の代物ではありません・・・。
各企業で、今後導入される自家発電機はディーゼルエンジンの
発電機なのでしょうか?


現在、製造業、小売業、サービス業など様々な産業では
夏季の電力不足に対応するため輪番操業を計画しています。

さらに今夏の節電対策として銀行&証券などの金融会社も東北と
関東を中心に支店や営業所の平日業務を順番に休業する
店舗休業を計画中だそうです。
さらに銀行は店舗外ATM7~9月は全面停止の計画も!?
また鉄道などの公共交通機関も電力不足のため運転本数を減らし
運行されています。

そんな中、民放各局は震災前と同様に24時間放送しています。
さらにBSも同様に24時間放送しています。
この環境下で放送局のみ震災前と同様に放送するのは
倫理上矛盾しています。
各民放のマスゴミは「報道の自由」を盾に放送を
継続しているのでしょう!?

日本放送協会以外の全民放は夏季の電力不足の期間中は
輪番放送(放送日時の短縮)をすべきでしょう!
例えば・・・
 奇数日:5ch(テレ朝)、7ch(テレ東)、9ch(MXテレ)
 偶数日:4ch(日テレ)、6ch(TBS)、8ch(フジ)
特に赤字&低視聴率の某テレビ局(7chではありませんよ!!)は最も不要!?


いつものスベる話しはコレくらいにして・・・。
先月、KATOから新規発売されましたEF62&妙高
連休中に入線しました。
e0120143_234849100.jpg
いつものように電機カマは2輌・・・また増結セットも2セットの入線です。
やはり今回の目玉ということでマニ37のある増結セットを
2セット入線させています。
e0120143_23485613.jpg

e0120143_2349489.jpg

e0120143_23491270.jpg
まずはEF62を見ていきます。
さすがKATOです、期待通りのフォルムです。
詳細なインプレは各方面にて実施されていますので、
そちらにお任せします。
e0120143_23492018.jpg
しかし各ブログで酷評されていますが、明かり取り窓が印刷表現と
なっているのは残念です。
これはコストor製造の都合によるものでしょうか??
e0120143_23492958.jpg

e0120143_23493765.jpg
次に目玉のマニ37です。
こちらも相変わらずKATOらしく完成度が高い車輌となっています。
テールライトにはレンズが入っていますが点灯しません。
e0120143_23494520.jpg
ちょっと室内を見るためにバラしててみます。
室内はあっさりとした仕上がりとなっています。
e0120143_23495290.jpg
テールライトのレンズはこのようになっています。
点灯しないのが不思議です。
e0120143_2350184.jpg
床下の通電パーツはこのようになっています。
これは簡単にテールライトを点灯できそうです。
e0120143_2350885.jpg
リンクさせて頂いていますLTDpegasusさんのブログを参考に
ガラクタ箱から使えるパーツを捜索します。
KATOのスハフ42のライトユニットと通電パーツを発見しましたので、
コレを流用します。
非常に簡単にテールライトの点灯化ができます。
しかしなぜKATOではマニ37のテールライトにレンズを入れ、
さらにスハフ42と同様の構造としたのでしょうか?
今後、マニ37が単品発売されるのでしょうか??
e0120143_23501867.jpg
バラしたついでに、いつものように自作室内灯も取付けます。
これでボディーを組みます。
e0120143_23502531.jpg
念のため室内灯の点灯を確認します。
ボディーが青15号で、その塗装により室内にも青15号が
吹きかかっていますので、室内の青味が出てしまっています。
やはり室内の内壁の塗装は必要のようです。
後日、妙高セットをイジる時に室内塗装します。
e0120143_23503492.jpg
テールライトの点灯側に検査票のインレタを貼り、
台車のガラクタ箱にあったTR23台車に変更しナックルカプラーへ
変更します。
さらにコレも他車と同様にジャンパ栓を取付けます。
これで完成です
室内灯&テールライトを点灯させてみます。
e0120143_23504217.jpg
バックから見てもカッコ良いです。
e0120143_23504951.jpg
以前、GMのキットを組立てたマニ37と並べてみます。
説明するまでもなく向かって左側がKATO製、向かって右側が
GMキットを組立てて車輌です。
比較するまでもなく、やはりKATOの方が完成度は高いです。
しかし妻面の形状が大きく異なっているのが気になります。
e0120143_23505696.jpg
側面を見てみます。
上がKATO製、下がGMキット自作車輌です。
見た目以上に青15号の色調が異なって見えます。
こうして見てもやはりKATO製には適いません・・・。
e0120143_2351387.jpg
さらにこの妙高セットの他に、こんなモノも購入してしまっています。
各方面でみなさんも購入されているようです。
e0120143_23511570.jpg
これでKATO製のマニ37は4輌となりました。
様々な編成に組み込んでの走行が楽しめます。

本来、妙高にはオハネフ13が組み込まれていますが、
このKATOの妙高セットにはオハネフ13ではなく、その代わりに
オハネフ12となっているのは残念・・・。

またこれで放置車輌が増殖しています。
今まで以上に車輌イジリのペースをUPしていかなくては!!



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


[PR]
by seasidemintblue-A | 2011-05-06 00:03 | 客車Nゲージ | Trackback | Comments(2)
2ヶ月前の京王電鉄6000系最終運行
一昨日からこのブログを再開しましたが、その期間が短いので
いつものスベる話しはなく本題へ・・・。

ブログ休止で更新していない京王電鉄6000系最終運行について
更新します。

あの震災の翌々日の3月13日(日)が京王電鉄6000系の
最終運行日となる情報を入手しました。
が、どの時刻が最終運行となるのか不明でしたが、
オイラは京王電鉄㈱の株主ですので、京王電鉄㈱本社へ株主という
立場を利用し株主番号、氏名等を連絡し6000系最終運行時刻を
問い合わせをしました。
 ※一般には教えてもらえるか不明・・・。

その回答によると多摩動物公園発10:37が最終運行という
確かな情報を入手!
その後は7000系となるとの情報も教えて頂きました。
京王電鉄㈱IR担当さまありがとうございます!!

とうことで3月13日(日)の朝、京王線に乗って高幡不動へ行ってきました。
e0120143_23123551.jpg
高幡不動には6000系はいませんでしたが、待っているとやって来ました!!
京王では最初で最後の鋼鉄製20m車です。
ちょっとハレーション(?)しています・・・コンパクトカメラでは限界!?
e0120143_2312425.jpg
高幡不動に停車中の6000系です。
e0120143_23125035.jpg
コレに乗って多摩動物公園へ向かいました。
多摩動物公園側です。
あまり同業者は見かけられません・・・15~20人くらいだったでしょうか??
e0120143_23125792.jpg
高幡不動側です。
e0120143_2313666.jpg

e0120143_23131757.jpg

e0120143_23132693.jpg

e0120143_23133592.jpg
ここでこの6022F編成の車体番号をいただきます。
他にも資料として様々な写真を撮っています。
e0120143_23134633.jpg
一度改札を出て駅前をフラフラし、最終運行を待ちます。
そして最終の多摩動物公園行きの6000系最終列車がやってきました。
e0120143_23135582.jpg
この表示器にある10:37発高幡不動行きが6000系の最終運行です。
e0120143_23141428.jpg
多摩動物公園に停車する最後の姿です。
e0120143_23142336.jpg
またここで最後に6000系の運転台もいただきます。

この10:37発の最終運行に乗り高幡不動へ向かいます。
多摩動物公園駅にて6000系の最終運行を担当されました運転士さんに
お話しを聞くことが出来ました。
この運転士さんはベテランの方で6000系が入線した頃に、
運転士になられたそうです。

気さくな方で6000系のクセや独特の運転手法などイロイロな
お話しを聞くことが出来ました。
ありがとうございます!!

e0120143_23143219.jpg
無事に6000系の最終運行が終了しました・・・ご苦労さまでした!!
最後に高幡不動に停車中の6000系もいただきます。
ここでは30~40人くらいの同業者がいましたが大きな混乱も無く
6000系は静かに引退していきました・・・。
今回の最終運行については京王電鉄㈱では何ら公表していませんので、
大きなイベントや混乱もありませんでした。
e0120143_23144077.jpg
帰路のため高幡不動で電車を待っていると、6000系が入線して来ました!!
しかし、すぐに新宿寄りの電車区へ移動して行きました。
e0120143_23144958.jpg

e0120143_23145856.jpg
すると今度はデハ600が新宿寄りの電車区へ移動して行きます。
最終運行の当日(3/13)に若葉台へ移動するそうですので、
デハ600を先頭に若葉台へ向かったそうです。
多摩線はATCの関係で、この6000系は運行できません。
その関係でこのデワ600が先頭(橋本寄)となり回送されました。
e0120143_2315721.jpg
この日は日曜日ですが震災の影響で開催が中止とでしたので、
ちょっと本屋へ立ち寄ったところ、こんな写真集があったので
思わず購入しました。
ちょっとお高めの¥1,600でしたが京王沿線の懐かしい光景が!!
オイラにとっては価値ある1冊です。

6000系の最終運行に立会い、そして乗車できたのは満足です。
また無事に6000系が引退していきました・・・。

最後に・・・ありがとう6000系!!



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


[PR]
by seasidemintblue-A | 2011-05-04 23:21 | 鉄道全般 | Trackback | Comments(2)
1ヶ月以上の休止から再開
東北地方の各地では先の震災から徐々に復旧復興が
進捗しているように見受けられます。
仙台ではプロ野球も開催され復旧復興が目に見えます。

今年の夏に青春18きっぷで東北方面への乗り鉄を計画していましたが、
このような状況(JRの運行状況)では困難な点もあります。
夏の時点での状況によっては東北方面に行きたいと計画しています。

現在、ウチでは以前と同様な生活水準に戻りつつあります。
ということで、前進あるのみ!!ということで、
一時停止していたブログを再開します。

このブログ休止中はイロイロな出来事がありましたが、
慣れない生活環境や電力の問題もあり車輌イジリも休止していました。
が、GWから車輌イジリを再開しています。
また先月末には新規にEF62&妙高も入線しています。


まずは、以前と同様にスベる話しから・・・

あの震災から1ヶ月以上が経過し、マスゴミによる原発事故の報道も
軽微になりつつあります。
その報道では放射性物質の各単位でもあるSv(放射線量当量)や
Bq(放射能、壊変率)などの
がカタカナ表記されたり、μなどの接頭語(補助単位)までも
解説されています。
このような事項まで解説されるとバカにしているとしか受け取れません。
国民はそこまでバカではありません!!
他にSI単位ではありませんがCiRGyなどが知られている単位です。

また放射性物質のI137Cs37も単に「ヨウ素」や「セシウム」と
省略されている番号(同位体)は非常に重要な意味があることは
誰でも知る範疇です。
この番号により半減期が大きく異なります。

また様々なテレビ番組で原発の基本的な原理を解説していました。
しかし高校程度の学識があれば原発の基本原理は一般知識として
周知されています。
貴重な資源である電波を使って解説する必要はないでしょう!!
マスゴミは国民をバカにしている!?それともマスゴミが無知なのか!?

この国家の一大事に政府民主党は情報統制
布いているような状況下!?

また今回の福島第1原発事故は紛れなく政府民主党の初動対応の不備による人災です。
原発事故(レベル7)=民主党による人災

現在、震災復興の財源として第1次第2次補正予算の計上を
企てています。
が、財源が明確にはなっていません・・・。
しかし世界一の財政赤字国ですので、これ以上の国債発行は
回避すべき・・・、かつ失われた20年と言われるデフレ不況下での増税は、
さらなる景気悪化に陥ってしまいます・・・。

ここは無能な民主党のバラマキ4Kを廃止し、
この全予算(年間数兆円)を復興財源に充当するのが最善でしょう!!
って、それはサルでも解ること!?
バラマキ4K→全廃
しか~し無能なスッカラ菅金腐化民主党では理解できないでしょう??


ということで、以前と同様なスベる前置きはこれくらいにして、
ブログを再開します。

その再開第1弾として、車輌イジリが完了し、そのまま放置していた
旧客編成の能登の試運転から・・・。

1年以上放置し熟成させたKATOの旧客編成の能登関連の
車輌イジリが出来ましたのでちょっと試運転をします。
e0120143_22422985.jpg
ミニレイアウトを敷設しEF58-35、EF16、能登を試運転をします。
電機カマを含め14輌編成ですので圧巻です。
e0120143_22425412.jpg
まずはEF58-35牽引です。
ゴハチが牽引する旧客はカッコ良~いです。
e0120143_2243678.jpg
さらに補機のEF16を連結し15輌編成です。
上越国境越えのシーンが思い浮かびます。
e0120143_22431791.jpg
さらにスニ41を最後尾にした走行も楽しみます。
昔、上野ではスニ41を最後尾に推進運転されていた古き良き時代の
光景が思い出されます。

先月には、KATOからEF62&旧客編成の妙高(10輌編成)が発売され、
当鉄道管理局にも入線しています。

EF62と言い妙高編成のマニ37は新規製品化であり目玉商品です。
後日、これらについてもブログに記載する予定です。




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


[PR]
by seasidemintblue-A | 2011-05-02 22:59 | 客車Nゲージ | Trackback | Comments(2)
   

鉄ヲタ復活!!
by seasidemintblue-A
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
> 以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
> 最新のコメント
トータンさん、こんばんは..
by 動力車操縦者 at 22:49
鶴見線クモハ11いいです..
by トータン at 09:33
トータンさん、こんばんは..
by 動力車操縦者 at 22:47
製品化されていない車両、..
by トータン at 21:56
トータンさん、こんばんは..
by 動力車操縦者 at 22:41
> 検索
> ブログジャンル