> 最新の記事
KATO 16番クモハ12 入線
at 2017-08-14 23:00
追加入線したKATO オハ6..
at 2017-08-09 22:57
KATO 211系2000番..
at 2017-08-01 22:45
歴代の南武支線
at 2017-07-12 22:54
205系1000番台 南武支..
at 2017-07-03 22:55
> ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
  • ブログの記載内容と関連のないコメントは削除しブログに嫌悪感のある方はアクセス不要です
  • ブログの記載内容には自己責任にて対応して下さい
<   2010年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧
今年最後の更新
先週末、第55回有馬記念の開催に伴い、勝馬投票券を購入するため
いつものように東京競馬場に出撃しました。
前走ジャパンカップの優勝馬の⑥ローズキングダムが出走取り消し、
最強牝馬の⑦ブエナビスタがダントツの1番人気となりました。
今年の秋GⅠの馬券の傾向から人気上位馬による決着と予想し、
①ヴィクトワールピサ⑤ルーラーシップ⑦ブエナビスタ
⑩エイシンフラッシュ⑭ペルーサを馬連で勝負しました。
さらにJRAサイン馬券は薄かったため小額で2~3点購入しました。
また毎年、有馬記念は大勝負していますので、
いつのもように軍資金は・・・!?

今年の有馬記念の結果は・・・
1番人気の⑦ブエナビスタが直線でのラストスパートが遅れ(?)
2番人気の①ヴィクトワールピサが優勝しました。
結果、収支はトントン・・・またまた何をしに行ったのか??
まぁ~負けなくて良しとしましょう!?

周囲の情報によると??絡みで3連単勝負すれば
大きく的中できた!なるほど・・・勉強になります!!

ことしのJRAの収支はプラス収支でしたが小額・・・。
まっ、こういう年もあるでしょう!?
来年は1月5日の中山金杯京都金杯で1年を占う年初の勝負です!!


いつものスベる話しとはちょっと異なりましたが本題です。
先週末、クリスマスのお食事に行く途中でコレを購入しました。
e0120143_23133780.jpg
KATOとTOMIXのカタログです。
各サイトでは話題沸騰のネタが飛び交っています。
来年2011年上半期の新規発売予定に特筆すべきモノが・・・
 ・EF62(前期形)+10系急行寝台「妙高」10輌編成
 ・EF65-1000(後期形)+24系25形寝台特急「富士」14輌編成

これらは待ちに待った車輌です。
越前ではなく妙高の発売とはちょっと意外です。
特にEF62は多くの方が期待して待っていたでしょう!?
って、オイラもその1人であります。
また興味深いのは妙高です。
設定時期と10輌編成を考慮すると想定される編成は・・・
 オユ10
 マニ37
 オロネ10
 オハネフ13or12
 オハネフ12
 オハフ33
 オハ35or47
 オハ35or47
 オハ35or47
 オハフ33

あくまでもオイラが想定する編成です。
この編成となるとマニ37オハネフ13が新規車輌となり
購買意欲が増進される方も多くなるでしょう??
いかがでしょうKATOさん!?

最近、KATOから発売(含む予定)された旧客の寝台急行は
能登妙高と上信越方面ですので、妙高の次は
出世列車の名を持つ津軽を是非!!
津軽の編成としましては・・・
 オユ10orマニ37orマニ36
 オハフ45orスハフ42
 オハ47orスハ43
 スハネ16
 スロフ62
 オロネ10
 スハネ16
 スハネ16
 オハ47orスハ43
 オハ47orスハ43
 オハ47orスハ43
 オハ47orスハ43
 オハフ45orスハフ42

この津軽の牽引にはEF57のリニューアルを、是非!

またEF65-1000(後期形)はEF65-500がリニューアルされたのと同様に
車輌全長を改修しリニューアルされるようです。
EF65-1000(前期形)の動力ユニットはリニューアルされたEF65-500を
流用するのでしょうか!?
24系25形富士は14系さくら、24系ゆうづるに続くブルトレシリーズです。
予想される編成は・・・
 カニ24
 オロネ25
 オハネ25
 オハネ25
 オハネ25
 オハネ25
 オハネフ25
 オハネフ25
 オシ24
 オハネ25
 オハネ25
 オハネ(フ)25
 オハネ25
 オハネフ25

このEF65-1000(後期形)に続いてEF65-1000の初期形(1001~1017)、
前期形(1018~1039)、中期形(1040~1055)の4種も??
過去の実績からこれらの中からは前期形(1018~1039)は
リニューアル発売されそう??
さらにこのEF65-1000前期形とのバーターで24系あけぼの
14系北星が期待できます。
24系あけぼの編成というと・・・
 カヤ24
 オロネ24
 オロネ24
 オハネ24
 オハネ24
 オハネ24
 オハネフ24
 オハネ24
 オハネ24
 オハネ24
 オハネ24
 オハネフ24

14系北星編成というと・・・
 スハネフ14
 オロネ14
 オハネ14
 オハネ14
 オハネ14
 スハネフ14
 スハネフ14
 オハネ14
 オハネ14
 オハネ14
 オハネ14
 スハネフ14

さらに24系あけぼののバーターに奥羽本線峠越えで活躍した
EF71ED78も!!
ますます妄想が膨らみます・・・。

さてさて年末と言うことで来年に持ち越しとなった
現在の放置車輌です。
e0120143_23135930.jpg
電機カマでは・・・
 KATO
 ・EF15(標準形)×2輌
 ・EF16×1輌
 ・EF58-35(長岡運転所)×1輌
 ・EF64-0×1輌
 ・EF64-1000(一般色)×1輌
 ・EF64-10008クーラー搭載)×1輌
 ・EF64-1000(JRF新更新色)×1輌
 ・EF81(ヒサシ付LR東色)×1輌

e0120143_2314108.jpg
さらに車輌セットでは
 KATO
 ・10系寝台急行「能登」13輌フル編成
 ・24系寝台特急「あけぼの」9輌フル編成
 ・24系寝台特急「北斗星」DXフル編成
 ・115系1000番台長野色×2セット
 ・115系1000番台新潟色×2セット

収納スペースの有効活用すべく車輌ケースにCASCOのウレタンを用いて
まとめて収納しています。
e0120143_23141954.jpg
さらに放置している事を忘れていた大きい車輌・・・
 KATO
 ・EF65-1000(前期形)×1輌

また来年の新規入線予定は・・・
 KATO
 ・EF64-1031(長岡車両センター)×1輌
 ・お召列車 1号編成(昭和仕様)5輌編成
 ・EF62(前期形)×2輌
 ・10系寝台急行(妙高)10輌フル編成
 ・EF65-1000(後期形)×2輌
 ・24系25形寝台特急「富士」14輌フル編成
 TOMIX
 ・さよなら「北陸」セット
 ・キハ40-1000(旧北海道色)×1輌


また来年ものんびりとマイペースで車輌をイジっていく所存です!?
ではでは、また来年・・・。
[PR]
by seasidemintblue-A | 2010-12-28 23:20 | 鉄道模型全般 | Trackback | Comments(8)
ED75-1000後期型をイジろう その1
1年を通じてがオイラの財政が最もキビしいこの季節・・・。
クリスマスが来たと思ったら年末正月と出費が続きます。
ナゼ、こうしたイベントがこの時期に集中するのか!?
1年を通じて財政が最もキビしい時期です。
もう少し分散したイベントであれば財布にやさしいのですが・・・。

さてさて今年も残すところ後数日となりました。
年の瀬ということで政経では大きな動きはありません。
昨日、日銀金融政策決定会合が開催されました。
市場予想通り無担保コール翌日物の金利の誘導目標は
現状を据え置く0.0~0.1%になりました。

この金利は全国民の生活に大きな影響を与えますので、
注目すべき動向です。
住宅ローンなどの借入金利や預金金利は、コレを元に
算出されているのは周知の通りです。
そのため重要な指標となっています。

しかし相変わらずが民主党・・・小沢問題を、どのように解決するのか・・・
そろそろいい加減にして欲しいです!!

また別件では愛知県&名古屋市がアツくなっています。
来年のトリプル選挙の動向には要注目です!!

またコレの通知が来ました。
e0120143_2255398.jpg
いつもよりちょっと早く特許報奨金の支給通知が届きました。
しかし振込みは年明けの給料日・・・財政のキビしい年末年始に
欲しいですねぇ。
会社経由での特許申請ですので特許報奨金の金額は
確定申告には至らない金額ですが、
ちょっとした小遣いになります。
過去、イロイロと小銭稼ぎ(所得)を行った成果です。
正等に得た収入ですので自由に使います。

話しは本題に戻って・・・放置中の車輌に着手します。
いつもの内容でマンネリ化していますが・・・。
e0120143_22551028.jpg
TOMIXのED75-1000後期型です。
ケースはKATO製にしています。
KATOのBOOK型クリアケース7輌用に収納するために
このようにKATOのクリアケースを使っています。
ちなみにコレのインナーはCASCOの6輌用ウレタンの残材を
カットしたモノです。
e0120143_22552518.jpg
開放てこが別パーツで取付けられ、さらに手すりも
別パーツ化されています。
ED75-1000後期型に合せてスカートも正確に再現されているようです。
以前のTOMIXの電機カマですとボディーと台車の隙間が大きく
間が空いてしまい腰高感がありカッコ悪かったです。
が、このED75-1000後期型は隙間がなくなり、重厚感も出て
なかなかカッコ良いです!
e0120143_22553866.jpg
車輌に手を加えるにあたり、いつものように車輌をバラします。
e0120143_22554756.jpg
今回、車輌イジリでは一番のメインであるカプラーを当鉄道管理局の
標準仕様であるKATOのナックルカプラーに交換します。
e0120143_22555551.jpg
この状態でカプラー高さを確認します。
ちょうど良い高さです。
勾配などでのカプラー開放はなさそうです。
e0120143_2256456.jpg
そしてスカートはいつものようにエアーホースを取付け
塗装します。
これでスカートは完成です。

今日はここまで・・・
[PR]
by seasidemintblue-A | 2010-12-22 22:58 | 電気機関車Nゲージ | Trackback | Comments(6)
KATO DE10をイジる その2
ここ最近、東京最高気温が10℃を下回る日が続き
冬本番といった気候で寒~くなっています。
さらに懐も寒~い・・・ちょっと小遣い稼が必要かなぁ!?
当鉄道管理局ではエアーブラシ塗装屋外にて施工していますので
この時期のボディー塗装は、ほぼ不可能となっています。
しかしエアーブラシでの塗装を施工しないと、放置車輌に
手を加えることが出来ませんので、床下など一部は
無理やり屋外にて塗装しています。
防爆or安増仕様不燃性の塗装ブースなどの設備がないので
室内では塗装できません・・・。

塗料にはホルムアルデヒドなどの有害物質などが含有されているため、
室内ではエアーブラシによる塗装は施工しません。


海外では来週からクリスマス休暇へ突入となり市場参加者は
減少していきます。
米国ではNYダウが2年3ヶ月ぶりの高値を付け、08年9月の
リーマンショック以前に戻ってきました!!
しかしまがら東京市場ではリーマンショック前までには、
まだまだ遠い・・・出遅れなのか見捨てられたのか!?
東京市場はエネルギーが若干ながら増加していますが、
ザラ場中のボラ非常に小さくなっています。
最低でも年末まで1万円台キープし景気の上向きを期待!
大台の1万円台を割ると市場心理が冷え込み、
消費意欲が低下しさらなる景気減速の懸念が!?


今朝、取手駅前通り魔のような事件が発生したそうです。
確か2年くらい前にも、近くの荒川沖駅前でも同様な事件が
発生したような・・・。
ナゼこのような不条理で身勝手な事件が発生するのか??
この様な事件は、やはり・・・。
被害に遭われた方々や関係各位にはお見舞い申し上げます。


政局では日本を崩壊させる恐れのある民主党では、
年明けには強制起訴されそうな小沢被告政倫審への
出席を拒否する旨、岡田幹事長へ回答するそうです。
自身が潔白であるなら、政倫審でも証人喚問でも出席し
回答できるはずです!
これらに出席できなのは政治資金規正法に反した行為が
あったからでしょう・・・怪し~い!?


いつものスベる話しはこれくらいにして・・・。

みなさんも見られていると思いますが、某サイトにて来年1月に
KATOから新規発売となるEF64-1031の試作品が公開されています。
 ※某サイトとはリンク承諾がないため勝手なリンクはできません。
スカート右側のバルブやKE100ジャンパ栓、復心装置が
再現されています。
さすがKATO、期待通りの仕上がりです。
来年の入線が楽しみです。
これに続いてEF81もヒサシ仕様が既発売されていますので、
EF81双頭連結器仕様の特定車が発売されるかな!?

ということで
先日から作業を開始したKATOのDE10の続きです。
e0120143_0173830.jpg
ボディーにナンバープレートを取付けます。
e0120143_0174953.jpg
ここで暖地形が2輌入線した理由を明かしますと・・・
暖地形を耐寒B仕様とするために暖地形が2輌入線しました。
耐寒B仕様とするためカプラーセットをスノープラウ付き、
ホイッスルをカバー付きにします。
バラしたパーツを組立てて完成です。
e0120143_0175730.jpg
これでDE10は3仕様の車輌となりました。
e0120143_018519.jpg
車輌仕様の大きな相違点はスノープラウの有無、旋回窓orワイパー、
ホイッスルカバーの有無などです。
画像に向かって左側から・・・
 ・耐寒A仕様
 ・耐寒B仕様
 ・暖地形
鉄道模型で最も目に付く屋根上を見てみます。
大きな相違点はホイッスルカバーの有無です。
こうして見ると結構目立ちます。
e0120143_01828100.jpg
DE10が完成したところで、ミニレイアウトで試運転します。
このDE10は単機運転をしたり、画像のように重連で走行したり・・・
様々なシチュエーションで走行が楽しめます。。
いろいろな車輌を牽引させたりして楽しめそうです。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村


[PR]
by seasidemintblue-A | 2010-12-18 00:20 | ディーゼル機関車Nゲージ | Trackback | Comments(13)
KATO DE10をイジる その1
ここ最近、2011年度税制改正大綱が話題となっています。
財源なきクソ民主党による政府運営・・・
昨年前の衆議院選挙で懸念していた財源不足が現実味を増しています。
そのため各方面において増税が・・・。

・サラリーマンの給与所得控除の上限設定
  サラリーマンの給与所得控除の対象を年収1,500万円までとし、
  それを超える部分は対象外
・成年扶養控除
  23歳から69歳の家族を対象とした成年扶養控除は、
  年間所得が400万円(年収約568万円)
  超える納税者は対象外。
  (障害者や要介護者、65歳以上の高齢者は引き続き控除の対象)
・相続税
  現行法案では定額5,000万円に法定相続人1人当たり1,000万円を
  加えた額
となっていますが、
  改正案では定額3,000万円に法定相続人1人当たり600万円を
  加えた額
に下げ、
  さらに最高税率を現行の50%から55%に引き上げ。

この世の中、国民の1%未満富裕層景気を浮揚させます。
景気回復には全く影響がない低所得者層など相手にせず、
中間所得者以上に手厚い減税が必要です。
それにより可処分所得の多い所得者から順に減税により優遇すべきです。
それが解っている米国ブッシュ減税法案延長するそうです。


また減税案では、諸外国に比べ生ぬる~い減税・・・
・11年末で期限切れとなる証券優遇税制を2年延長
  →税率を現行の税制のまま10%とする
   恒久的に10%とすべき
・法人実効税率の5%引き下げ(40%→35%)
  →さらなる減税が必要
   欧州並みの25~30%とする
我々日本国民の血税(政党交付金)を娘のゴルフの試合観戦の
遠征費
に使う国会議員が所属する民主党ですから・・・
金には汚いようです。


また小沢一郎被告政倫審への出席について、未だにもめて
さらに小沢ガールと呼ばれ、脳ミソが黒帯筋肉のブサイク参議員
政倫審への出席は矛盾するとの発言・・・。
まぁ~一般常識や見識も無い脳ミソが黒帯筋肉のブサイクですから
こういった発言をするのでしょう!?

この小沢一郎被告の政倫審出席は日本国民の80%以上が出席し説明が必要としています。
が、政倫審では偽証罪とはならないので、その上の証人喚問すべきです!!


さて、いつものスベる話しはコレくらいにして・・・
KATOがDE10をリニューアルしましたので、新規入線しましたが、
長らく放置していました・・・。
が、ここでようやく着手します。
e0120143_22595767.jpg
リニューアルに合せて入線したDE10×3輌です。
 ・暖地形×2輌
 ・耐寒形×1輌
なぜ、暖地形が2輌入線したかと言うと・・・、
それはこの後に!?
e0120143_230676.jpg
入線時にも車輌を確認しましたが、再度、車輌を見てみます。
e0120143_2301472.jpg
なかなかカッコ良い~ですねぇ。
e0120143_230232.jpg
さて車輌に手を加えていきます。
e0120143_2302996.jpg
まずはいつものように車輌をバラしていきます。
いつもバラす時はパーツを破損させないように気を使います。
e0120143_2303732.jpg
運転室内を塗装します。
窓越しでも運転室内の塗装は目立つようです。
e0120143_2304562.jpg
次にエンドプレートにエアーホースを取付けるための穴をあけ
プライマー、ねずみ色1号で塗装します。
e0120143_230534.jpg
そしてエアーホースを取付けます。
e0120143_231067.jpg
エアーホースを曲げ塗装します。
が、ホースを外側or内側のどちら向きにするか悩みます。
様々なサイトの画像で確認するとバラバラです。
とりあえず、この様にホースを曲げておきます。

今日はココまで・・・。
[PR]
by seasidemintblue-A | 2010-12-14 23:07 | ディーゼル機関車Nゲージ | Trackback | Comments(2)
KATO・24系ゆうづるをイジる その4
今日、内閣府から7~9月GDP(国内総生産)の2次速報
発表されました。
物価変動の影響を除いた実質GDP前期比1.1%増(季節調整値)となり、
年率換算は4.5%増だったそうです。
先月に発表した1次速報同0.9%増(年率換算3.9%増)から
上方修正となりました。
名目GDP前期比0.6%増年率換算2.6%増となりました。

実質GDPでは個人消費が前期比1.2%増住宅投資が1.2%増
設備投資が1.3%増公共投資が1.0%減となったそうです。

内需寄与度は+1.1ポイント外需寄与度は-0.0ポイントだったそうです。
またGDPデフレーター前年同期比2.4%減だったそうです。


またここ最近、環境税やらナフサ免税措置消費税増税
配偶者控除の廃止など増税ネタが噴出しています。
先の衆議院選挙で国賊の民主党は財源ありとしていましたが、
やはりここに来て財源不足に陥っています。
あのムダな茶番だった事業仕分けは何だったの??

さらに日本企業の国際競争力を強化するための法人税5%低減とする
減税案があります。
が、やはりここでも財源不足が懸念されています。
この法人税を現状の40%から欧州並みの30%へ減税しなければ
国内企業が国外退去し、国内の労働環境が空洞化していまします。
このためにも減税は必要不可欠・・・可及的速やかな対応を!!

以前にもココに記載しましたが、財源としては・・・
 ・国会議員定数の半減
     衆議院定数:480人→240人
     参議院定数:242人→121人
 ・国会議員報酬を日当とする
     議会及び委員会出席:¥10,000円/日
     遅刻及び早退   :¥1,000円/日
     ※出席時の居眠りには¥100,000/回の科料
 ・全特殊法人の廃止または民営化(株式会社化)
 ・国家公務員の人員を1/2以下に整理
     余剰人員は全て各製造メーカーなどで派遣社員として雇用

これだけでも十数兆円の財源が確保でき、社会保障の充実
各増税案を廃止でき、さらなる減税が可能となります。
ま~民主党には何もできない空き菅・・・金汚化した腐食の小沢被告
ムダで存在意義のない鳩山
存在する限り新たな進歩は期待できません・・・。



いつものスベる話しはコレくらいにして・・・
数ヶ月前に作業を開始したKATOの24系ゆうづるの続きです。
e0120143_22583127.jpg
残りの増結セットも同様に作業を進めて、ようやく12輌フル編成が
完成です!!
e0120143_22583887.jpg
完成しましたので、ミニレイアウトを敷設し試運転をします。
e0120143_22584623.jpg
牽引はKATOのEF80です。
ヘッドライトの色がちょっと黄色っぽく暗いような!?
後日、要改修しましょう。
e0120143_22585525.jpg
部屋を暗くして編成を眺めてみます。
長大編成でブルトレらしくカッコ良いですぅ~!!
e0120143_225935.jpg
バックの列車愛称が明るく画像では潰れてしまっています。

数ヶ月の間が空きましたが、ようやく完成しました。

やはり新規入線した車輌がノーマルの退屈な状態では面白くないので、
コレに続けて大量の放置車輌に着手していきます!?
[PR]
by seasidemintblue-A | 2010-12-09 23:00 | 客車Nゲージ | Trackback | Comments(4)
KATO 24系寝台特急「北斗星」デラックス編成入線
今日、日本の新興市場において日経JQ平均1,200台
M指数400台に復活しました!!
年末に向けての明るい兆しが見えて来たのでしょうか!?
しかし東証の25日騰落レシオ139と過熱感が高まっています。
今後は利益確定に押され上げ一服・・・、
その後、再度上昇を期待したいですねぇ~!


先週末、東北新幹線新青森駅まで延長され全線開通となりました。
開業まで38年という長い月日が経過し、念願の新幹線開通と言うことで
青森は盛大に盛り上がっていたようです。
しかし上り&下りの1番列車の指定席は秒殺だったそうですが、
初日の午後以降の上り列車はガラガラ・・・コレで経営が成り立つのか??
JR東の株主として言わせてもらうと、盛岡~青森の新幹線
赤字の温床となるのではないか!?ムダではないか??

これら新幹線も一種のハコモノ行政ではないでしょうか?
日本は新興国の高度成長期ではなく、成熟期ですので、
昭和な政策では日本をダメにしてしまう・・・。


東北新幹線の八戸~青森の開業に伴い併走する途切れていた
在来線の東北本線の八戸~青森3セク化されました。

今回、3セク化された八戸~青森は地元青森県青い森鉄道
延長ということで、これらに関連する車輌や駅、線路などの鉄道施設の
資産
JR東から150億円で購入し、運営していくそうですが、
毎年数億円の赤字が見込まれます。
今まではJR東にとってはお荷物だった赤字路線を経営分離できたことは、
非常にありがたい状況です。
東北本線の八戸~青森などの地方路線の赤字首都圏の利益で
穴埋め
することで経営が成り立っていました。
が、3セク化され、青森県はこの赤字をどのようにして
埋めていくのか??

この3セク化により運賃が30~40%の値上げとなるようです。
その影響で客離れが加速し、ますます赤字が増大してしまう!?
そして地元民の生活の足が奪われる可能性もあります。
まっ、この赤字は青森県民が負担するのだから・・・自業自得!?


今後、新幹線北海道まで延長・・・さらなる赤字の垂れ流しになりそう!?
脳なしの行政が新幹線開業で観光客の増加を見込み、
その経済効果に期待しているようですが、新幹線開業ごときで
大きく増加するとは思えない・・・過去、そのような実績もない!
国や青森県が、さらなる債務を抱えることとなるでしょう!!


新幹線開通を歓喜するのは勝手ですが、その後を考慮し
うわべだけで踊らされている事に早く気付くべきです。
しかし、こうした頭の痛い人々によって国や地方の財政が悪化
債務を膨張させているようです。
青森県新幹線工事費1,800億円(工事費全体の1/3)
負担しており、毎年150億円もの血税で返済することとなっています。
この八戸~青森だけでなく、盛岡~八戸を含めた盛岡~青森が
3セク化され、今後の経営状態や存続が危惧されます。
次に財政破綻するのはどこ??第2の夕張はどこかな??


大湊線八戸線がJR東から切り離されたような飛地路線
なってしまいました。
 ※これにより青春18きっぷのルールが改正されているようです。


以前、東北新幹線の新たな愛称としてはやぶさが決定されましたが、
それに対して批判する輩がいるようです。
列車名称を決定する権限はJR東にあり、何ら関係ない人物には、
意見したり批判するのは矛盾しています。
こうした事項に対し無知で理解できない頭の痛い人々
日本をダメにしてしまっている・・・。



いつものスベる話しとはコレくらいにして・・・
先週末、各方面でも入線されています、KATOから発売された
24系寝台特急・北斗星デラックス編成が当鉄道管理局にも
ようやく入線しました。
しかし、電機カマのEF510は入線していません・・・。
祖父&伯父元国鉄職員であり、その国鉄血を受け継ぐオイラとしては
3桁数字の電機カマには興味なし・・・。
さらに巷で大騒ぎとなっているD51も入線していません・・・。
現役のSLの雄姿を知らないのでパスしています。
e0120143_22584684.jpg
さて今回、入線した24系寝台特急・北斗星デラックス編成の基本セットと
増結セットです。
e0120143_22585338.jpg
既に当鉄道管理局には3編成もの北斗星編成が所属します。
 ・KATO:北斗星編成(8輌編成・旧製品)
 ・TOMIX:北斗星1、2号 JR北海道編成(12輌編成)
 ・TOMIX:北斗星3、4号 JR東日本編成(10輌編成)
そのうち、今回入線したKATOの旧北斗星編成のセットです。
e0120143_2259130.jpg
車輌編成は基本セットにオハネフ24を1輌追加した8輌編成です。
今回入線した北斗星セットと一部の車輌が同一ですので、
順次編成に合せて比較してみます。
12輌編成ということで、ちょっと長~くなりそう・・・!?
e0120143_2259985.jpg
まずは電源車のカニ24-505です。
e0120143_22591654.jpg
室内は、先日発売された「あけぼの」セットのカニ24と同じようです。
あけぼのセットのカニとの違いは帯色だけのようです。
e0120143_22592686.jpg
旧製品の北斗星セットのカニ24と比較してみます。
奥が今回発売となったDX編成のカニ24です。
まだカプラーは交換していません。
手前が旧北斗星セットのカニ24です。
カプラーを当鉄道管理局の特製カプラーであるKATOMIXカプラーに
改造してあります。
e0120143_22593566.jpg
向かって右側の旧製品のカニ24は金帯がモールドされています。
また室内の仕切りがなかったため自作し取付けてあります。
窓ガラスのHゴムの色がグレーから黒色になっています。
どちらもボディーの仕上がりはイイ感じです、さすがKATO!!
e0120143_22594833.jpg
側面を比較してみます。
下が旧製品、上が今回入線した新製品のカニ24です。
窓の配置は同じようですが、ヨロイ戸の有無の違いがあります。
新製品は現行車に合せてヨロイ戸がないタイプとなっています。
また側面も窓ガラスのHゴムの色がグレーから黒色になっています。
e0120143_22595615.jpg
そして鉄道模型で最も目立つ屋根上を比較して見ます。
奥が新製品、手前が旧製品です。
屋根上も現行車に合せてファンの設置数が変更されています。
e0120143_230558.jpg
オハネフ25-215です。
コレは旧製品には組み込まれていない車輌ですので比較できません。
e0120143_2301423.jpg
オハネフ25-215の側面です。
e0120143_2302341.jpg
オハネフ25-215の室内です。
先日発売されたブルトレと同じように室内は作り込まれています。
寝台ハシゴも取付けてあります。
e0120143_2303221.jpg
次にオロハネ24-553です。
外観は旧製品のオロハネ25と同様のようです。
e0120143_2304020.jpg
こちらも室内は作り込まれています。
2階部分も再現されています。
e0120143_2304896.jpg
続いてオロハネ25-502です。
e0120143_2305575.jpg
こちらの車輌の室内も同様に2階部分も作り込まれています。
e0120143_231264.jpg
次にオロネ25-505です。
e0120143_231943.jpg
上が新製品、下が旧製品です。
ナゼか旧製品は各個室が開放となっています。
新製品は、ここ最近発売されているブルトレ同様にトイレタンクが
取付けてあります。
業務室の窓の配置が新旧で異なっています。
e0120143_231198.jpg
室内は各部屋が仕切られています。
e0120143_2312634.jpg
続いてスシ24-505です。
こちらはテーブルライトが現行に合せて黄色(?)に点灯します。
取説によるとOPの室内灯の取付けが出来るとなっていないようです!?
e0120143_2313511.jpg
このオシは旧製品にも組み込まれていますので比較してみます。
上が新製品、下が旧製品です。
タネ車の関係で窓配置が異なります。
e0120143_2314491.jpg
屋根上を比較します。
奥が新製品、手前が旧製品です。
写真では大差ないですが実物では新製品の方がシャープな
仕上がりです。
このスシ24も新規金型にて製作されているのでしょうか!?
e0120143_23154100.jpg
続いてスハネ25-503です。
e0120143_232299.jpg
他車同様、2階部分も作り込まれています。
また半ロビーもソファーが形成されています。
e0120143_2321151.jpg
コレも旧製品の編成に組み込まれていますので簡単に比較してみます。
上が新製品、下が旧製品です。
窓やエンブレムの配置及び金帯が異なります。
コレは種車による違いでしょうか!?
e0120143_2322081.jpg
また屋根上も比較してみます。
奥が新製品、手前が旧製品です。
屋根上も、最近KATOから発売されてブルトレ同様、合せ目が
モールドされています。
e0120143_232272.jpg
次にオハネ25-552です。
e0120143_2323494.jpg
その室内です。
e0120143_2324258.jpg
続いてオハネ25-566です。
e0120143_2325170.jpg
その室内です。
e0120143_2325858.jpg
また続いてオハネ25-563です。
e0120143_233748.jpg
その室内です。
e0120143_2331578.jpg
またまた続いてオハネ25-562です。
e0120143_233231.jpg
その室内です。
これら個室車は他車同様に2階部分が作り込まれています。
ちょっと心配なのが室内灯を設置するとどうなるのか??
2階建て車輌となると導光板が窓から見えてしまうのでは!?
ま~、それは車輌をイジり始めてから対処方法を検討と
言うことで・・・。
e0120143_2333184.jpg
最後にオハネフ25-2です。
e0120143_2334473.jpg
側面です。
e0120143_2335457.jpg
室内です。
室内は「あけぼの」セットと同様のようです。
e0120143_234114.jpg
旧製品にもオハネフ25が編成に組み込まれていますので比較します。
向かって左側が新製品です。
幌枠や幌固定用のレバーなど細かくモールドで再現されています。
また幾分、新製品の方が窓が大きく見えます。
向かって右側の旧製品のカプラーは旧製品のカニ24と同様に
当鉄道管理局の自作であるKATOMIXカプラーです。
e0120143_2341126.jpg
同じように屋根上を比較します。
奥が新製品、手前が旧製品です。
新製品は列車無線アンテナが取付けられており、冷房ファンの数量も
異なります。
e0120143_2341971.jpg
また側面も比較します。
写真では同じように見えますが新製品の方がシャープに見えます。
また窓越しに見える寝台ハシゴがイイ感じです。

ここまで新旧を比較して来ましたが、旧製品も完成度は高いのですが、
それ以上に新製品は完成度が高いようです、さすがKATO!!
期待を裏切りません!

e0120143_234324.jpg

e0120143_2364139.jpg
いつもよりも非常に長~くなってしまいましたが、
最後に当鉄道管理局に所属するKATOのTOMIXの北斗星です。
 ・KATO:北斗星DX編成(12輌編成)
 ・KATO:北斗星編成(8輌編成・旧製品)
 ・TOMIX:北斗星1、2号 JR北海道編成(12輌編成)
 ・TOMIX:北斗星3、4号 JR東日本編成(10輌編成)
コレで北斗星は4編成42輌となります。
北斗星どころかブルトレに一度も乗車したことがないにも関わらず
(品客~東京駅間の1レ回送は乗車経験多数)4編成の北斗星というのは
ちょっと多すぎ・・・偏っているかも!?

久々の新規入線ですが、またまた放置車輌が増殖してしまいました。
追々、のんびりと着手していきます!?

長々とした内容の薄~いUPですが、こんな内容をUPする
時間的余裕があるなら放置車輌に早く着手すべき・・・。
解っていても難しいかな!?
[PR]
by seasidemintblue-A | 2010-12-06 23:08 | 客車Nゲージ | Trackback | Comments(4)
東日本旅客鉄道(株)から
いよいよ今日から師走ということで今年も残すところ1ヶ月となりました。
今日は宇宙戦艦ヤマトの実写化されたSPACE BATTLESHIP ヤマト
公開となったようです。
ヤマトと言えば74年テレビ放映(全26話・毎週日曜日19時4ch)や、
このテレビ版を編集し77年には映画公開されています。

今回、実写映画化されたSPACE BATTLESHIP ヤマトは、
この74年のテレビ版を元に実写化されたようです。

ガミラスによる地球攻略により人類滅亡の危機となるが、
イスカンダルからの通信カプセルを受け、2199年に宇宙戦艦ヤマトが
放射能除去装置を入手するためにイスカンダルへ旅立ちます。
その途中、宿敵ガミラス(デスラー総統)との壮絶な戦い・・・。
しかし無事に地球へ帰還すると言う内容です。

が、何じゃコリャ??・・・ヤっちゃった!?
テレビ版(劇場版)とは相違点が各所に見受けられます。
登場人物では
 佐渡酒造(軍医) → 高島礼子・・・はっ??
 相原義一(通信班班長) → マイコ(?)誰??
 斉藤始(空間騎兵隊隊長) → 74年のテレビ版(劇場版)には登場せず
                    さらば宇宙戦艦ヤマトにて初登場

また設定でも
 宇宙戦艦ヤマト全長
   全長約500m → 旧日本海軍大和:全長236m基準排水量64,000t 
 森雪(生活班班長) → ナゼかブラックタイガー乗組員?? 
 地球~イスカンダル工程:約1年 → 約3ヶ月
この他にも第3艦橋の設定などもオリジナル版とは異なります。
もぅ~はっきり言ってメチャクチャ・・・ドン引き!!

74年のテレビ放映からテレビ版や映画公開を全てリアルタイムで
ヤマトを見て育ったヤマト世代真のフリークでもあるオイラにとっては
残念でガッカリな内容・・・鑑賞には耐えられないようです!
この実写版はにわかファン向けでちょうど良いのでしょうか!?
真のヤマト・フリークはドン引きでしょう!!
 ※オイラはヤマト世代なので巷で人気のガン○ムには全く興味ナシ
また昨年、映画公開された宇宙戦艦ヤマト復活編から
ベクトルが狂ってしまったような!?
こりゃ~SPACE BATTLESHIP ヤマトは鑑賞する意義はなさそうです!!


またまた金に汚れた小沢一郎被告のネタが・・・
民主党の小沢一郎被告が実質的に運営する政治団体が
昨年の衆院解散日に、小沢被告が代表の民主党岩手県第4区総支部
3億7,000万円を寄付し、同支部は翌22日に同額を
小沢被告の資金管理団体の陸山会に寄付していたそうです。
政治資金規正法では、政治団体間の寄付は
年間上限5,000万円だそうですが、上限のない政党支部を迂回して
脱法し資金を移動させています。
これぞマネーロンダリングですぅ~!!

相変わらず金に汚れた小沢被告・・・金脈政治の温床となっています。
こんな人物に投票し当選させる岩手4区の有権者の人格を疑います。


いつものスベる話しとはちょっと嗜好が違う内容もありましたが・・・
この時期になるとオイラの各企業からいつものモノが届きます。
今日、オイラの会社でもある東日本旅客鉄道㈱から・・・
e0120143_2344318.jpg
いつものモノが届きました。
第24期中間報告書配当金です。
e0120143_2345190.jpg
まずは第24期中間報告書です。
主な内容は今期のJR東の事業計画及び成果です。
みなさんが興味を持たれる車輌増備計画など
様々な設備計画が掲載されています。
詳細は公開できませので株主になって見てね!?
e0120143_235058.jpg
それと配当金です。
コレは新規入線車輌の設備投資の財源になります。

そう言えばサイトによってはJR東に対して・・・
車輌転用や改造が多く、また新車導入ペースが速いやら
JR西などのように古い車両のリニューアルや老朽更新させるべきと
非難する輩もいます。
これらを発信している輩は企業内の事情など何も解からず、
JRとは何ら関係ない人物ではないかと・・・!?
企業経営に参加している立場でない人間が、経営に関して
無用で余計な発信をすべきではありません!!

またマスゴミでは運行遅延や運休などについても
非難するような報道をしますが、JR側も運行遅延や運休などは
回避したいのは当たり前です。
しかし何事も全て100%ということは不可能です!!

ま~くだらない著名人(芸能人)の傷害事件で盛り上がって
多大な放送時間を使って延々と放送するよなマスゴミですから・・・。

テレビなどで使用されている電波は限りある資源です。
このようにムダな放送ばかりが目立つ放送局は無用です!!
故にオイラはこうしたメディアをマスゴミと称しています。

おっ、今週末には予約していたKATOの
24系寝台特急北斗星デラックス編成(フル編成)が
入線する予定です。
KATOの仕上がり具合に期待しつつ楽しみです!!
[PR]
by seasidemintblue-A | 2010-12-01 23:11 | 鉄道全般 | Trackback | Comments(4)
   

鉄ヲタ復活!!
by seasidemintblue-A
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
> 以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
> 最新のコメント
教祖さま、こんばんは! ..
by 動力車操縦者 at 22:50
お尋ねしたいのですが、塗..
by 教祖 at 12:28
トータンさん、こんばんは..
by 動力車操縦者 at 22:49
鶴見線クモハ11いいです..
by トータン at 09:33
トータンさん、こんばんは..
by 動力車操縦者 at 22:47
> 検索
> ブログジャンル