> 最新の記事
205系1000番台 南武支..
at 2017-06-23 23:40
KATO オハ61系客車 追..
at 2017-06-19 23:12
205系1000番台 南武支..
at 2017-06-15 23:24
KATO 43系旧客をイジろう
at 2017-06-09 22:48
KATO 115系300番台..
at 2017-06-06 22:55
> ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
  • ブログの記載内容と関連のないコメントは削除しブログに嫌悪感のある方はアクセス不要です
  • ブログの記載内容には自己責任にて対応して下さい
<   2010年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧
あしたのために・・・
タイトルがあしたのジョーみたいですが・・・!?
あしたのために その1
   えぐりこむように打つべし!
あしたのために その2
   まっすぐに目標をぶちぬく様に打つべし!
あしたのために ・・・
まだまだ続きます、が、
「あしたのジョー」のネタから世代がバレバレですね!!

話しは本題からハズレてしまいました・・・。
明日は今年最初の走行会に参加しますので、その前準備を・・・。
走行会に持ち込む車輌をセレクトします。
e0120143_21564648.jpg
この4ケースを持ち込みます。
e0120143_21565786.jpg
牽引する電機カマは、代表的な車種を1輌ずつにします。
念のため、これからミニレイアウトで走行確認します。
走行が不十分だった場合、車輌を変更します。

放置している車輌が多数ありますが、それらはカプラーさえも
交換していませんので、走行会には持って行けません。
早く放置車輌に着手したいです・・・が!?

e0120143_21571071.jpg
それと移動に際して必要なモノも準備します。
愛用している日本マランツのVR-150です。
これで列車無線を聞きながら現地へ向かいます。

万が一、列車の遅れや運休などの情報が何よりも早く的確かつ正確に
情報を収集できます。
各線区の運行状況や防護無線など、様々な情報を
JRの基地局、移動局(列車)からの発信を聞くことができます。
無線免許を所有していますが、受信(傍受)には免許は不要です。

しかし電波法により、その存在や内容を漏らしたり窃用してはいけません。
電波法は厳守です!!
 電波法第五十九条(秘密の保護)
  何人も法律に別段の定めがある場合を除くほか、特定の相手方に
  対して行われる無線通信(電気通信事業法第四条第一項 又は
  第百六十四条第二項 の通信であるものを除く。第百九条
  並びに第百九条の二第二項及び第三項において同じ。)を傍受して
  その存在若しくは内容を漏らし又はこれを窃用してはならない。

現在、列車無線はアナログ波が主流ですが一部はデジタル波です。
が、2~3年後には列車無線が全てデジタル波になります。
そうなると、この機種での列車無線の傍受は不可能になってしまいます。
20年以上前には警察無線はデジタル化され傍受できません・・・。
さらに消防無線もデジタル化が進んでいます。

デジタル化の波がテレビだけでなく無線の世界にも迫っています。
今後の列車無線の傍受方法をどうしようかなぁ!?

明日は、イロイロな鉄ネタで盛り上がるのが非常に楽しみです!!
初対面となる方もおられます、みなさんヨロシクお願いします!!



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
[PR]
by seasidemintblue-A | 2010-02-27 22:08 | 鉄道模型全般 | Trackback | Comments(2)
KATOの485系をフル編成化 その2
先日の485系300番台の改造の続きです。
動力車以外の7輌の作業も完了しましたので、残る動力車に
着手します。
e0120143_2302752.jpg
まず動力台車を取り外します。
動力車は特に何もせずに床下シャシのカプラーが取付けられます。
しかし、固定できませんので、これもゴム系接着剤で接着します。
e0120143_2305447.jpg
動力台車のカプラーを切り落とし動力台車を取付けます。
e0120143_231556.jpg
車輌を組み立てて連結間隔やボディーの干渉を確認します。
こちらも問題なくイイ感じです。
e0120143_2311496.jpg
これでKATOの485系300番台を台車ビス止め化、
及び床下シャシ取付タイプのカプラーへの変更改造は完了です。
これで300番台と0番台の混結編成での12輌フル編成化が
可能になりました。

こうなると12輌フル編成での「ひばり」として走行させたいですね!!

まだまだ手を加えたい車輌もあり、なかなか放置車輌たちへ
着手していません・・・。
意欲的に進めて行きたいですねぇ~!!
[PR]
by seasidemintblue-A | 2010-02-26 23:02 | 電車Nゲージ | Trackback | Comments(2)
KATOの485系をフル編成化 その1
ちょっと面白いサイトを発見しました!!
日本の借金時計というサイトです。
今現在、約880兆円もの借金です!
この借金は国民が金融機関に預貯金した金で国債を購入しています。
 ※一部、諸外国が日本国債を購入しています。

この880兆円は国だけの借金であり、地方自治体の借金は
含まれていません。
地方の借金は一説によると約100兆円もあるそうです。
これを合計すると約980兆円もの借金です、まさに借金大国です!
この借金を後世まで引き継がせるのでしょうか??

金融機関の預貯金は約1,000~1,200兆円と言われています。
国民が全預貯金を一斉に解約すると日本は破綻してしまう
可能性があります。
または、借金が預貯金額の1,000~1,200兆円を超えても
破綻してしまう恐れがあります。
この借金が1,000兆円を超えるのも目の前です。
今後、日本もアイスランドのようになってしまうのか!?
またはギリシャやポルトガルのようになってしまうのか??

税収37兆円に対し支出92兆円、一体どうするのか!?
長崎&町田で惨敗したカネ腐敗の民主党は!!
バラマキよりもバランスシートの黒字化が絶対必要条件です!!


話はしは本題に戻って・・・
当鉄道管理局にはKATOの485系300番台(8輌編成)と0番台(8輌編成)の
2編成が在籍しています。
当鉄道管理局のレイアウトの都合上で8輌編成としています。
が、この2編成の動力ユニット(M485+M'484)×2ユニットを8輌編成に
組み込めば12輌のフル編成とすることができます。
さらに国鉄の「ひばり」などは485系の0番台、200番台、300番台が
混成された12輌編成でした。
82年11月14日の最終下り「ひばり25号」も仙台方の先頭車が
ボンネット型の0番台、上野方の先頭車が200番台だったと
記憶しています。

そこで、300番台、0番台の2編成で12輌のフル編成ができるように
軽~く車輌をイジっていきます。
e0120143_22522419.jpg
まずは改造の対象となるKATOの485系300番台です。
e0120143_22523877.jpg
編成は基本セットの7輌に食堂車を入れた8輌編成です。
e0120143_22524890.jpg
300番台と混結編成の相手となる0番台ボンネット型です。
e0120143_2253025.jpg
0番台と300番台を比較してみます。
左が300番台、右が0番台です。
KATOの300番台は古いタイプの車輌ですので、台車がピン止めです。
さらにカプラーが台車へ取付けられたタイプです。
e0120143_22531266.jpg
この2輌を連結させると、こんな感じになります。
0番台同士での連結より間隔が広く、ちょっと間延びしてしまいます。
そこで台車をビス止めとし、カプラーを床下シャシ取付けへ改造します。
e0120143_22532149.jpg
今回、使うパーツです。
485系0番台のM車のカプラーセット4個(8輌分)です。
8輌分となるとちょっとコストが・・・。
e0120143_22533511.jpg
さっそく作業を開始します。
まずは、いつものように車輌をバラします。
以前、白色LEDの室内灯を取付けています。
e0120143_22534819.jpg
床下シャシに台車をビス止めとするため、プラパイプを取付けます。
e0120143_22535839.jpg
そして台車を仮止めして干渉を確認します。
特に問題ないようです。
e0120143_225483.jpg
そしてカプラーを床下シャシ取付けに変更します。
トイレタンク有無で1輌分となります。
e0120143_22542020.jpg
カプラー取付けのツメが入るように床下シャシの一部を切り欠きます。
このままでも問題ないようですが、走行時に牽引力が掛かりますので、
念のためゴム系接着剤で接着します。
e0120143_2254325.jpg
台車を取付け、カプラーを変更するとこのようになります。
e0120143_2254422.jpg
ここで車輌を組立てて、0番台と改造した300番台を連結してみます。
連結間隔も狭くなりイイ感じです。
また当鉄道管理局の最小半径(R282)でも確認しましたが、
問題ないようです。

同様にして他の車輌も作業を進めていきます。

今日はここまで・・・。
[PR]
by seasidemintblue-A | 2010-02-22 22:58 | 電車Nゲージ | Trackback | Comments(6)
EF81-137をEF81-136双頭カプラー化 その2
今週末の2月20日(土)、21日(日)に京王電鉄では8両編成の6000系を
2010年2月22日(月)に全廃
となり、6000系10両編成(8輌+2輌)に
以前使用していた「高尾」のHMを取付けて「特急or準特急」で
運転する予定でした。
が、京王電鉄HPによると車輌運用の関係で中止となってしまいました。
毎週日曜日は東京競馬場へ出撃していましすで、早めに出撃して
写真を撮ろうと計画していましたが・・・残念です。(涙)

これに替わる日に「高尾」のHM付きでの運転を期待しています。
 ※2輌編成・4輌編成の6000系は2010年度末まで運転するそうです。


話しは本題に入って、先日から作業を開始したEF81-136双頭カプラー化の
改造の続きです。
e0120143_22433074.jpg
夜な夜な寒い中、ベランダで電気スタンド照明で照らしながら塗装し、
エアーホース、油圧ホースを取付けます。
塗装のみベランダで行い、室内で乾燥させます。
この時期は塗装には適さないのですが、仕方ないです・・・。
さらに運転台を塗装します。
エアーホースは使いまわしです。
e0120143_22434136.jpg
エアーホース、油圧ホースを塗装し、KATOの双頭カプラーを取付けます。
e0120143_22435114.jpg
ナンバーを137号機から136号機へ変更するため、BONAのナンバーを
赤2号に塗装します。
ついでに他のナンバーも塗装します。
e0120143_2244157.jpg
乾燥後、ナンバーを側面に取付けます。
BONAのナンバーはメタル製でKATOのナンバーより薄いので、
ベースに0.3mmのプラ板を取付けてからBONAのナンバーを
取付けます。
e0120143_22441053.jpg
さらに前面も同様に0.3mmのプラ板を取付けてからBONAのナンバーを
取付けます。
e0120143_22442056.jpg
また、前面には双頭カプラー独特のジャンパ栓を取付けます。
e0120143_22442927.jpg
このジャンパ栓のためにスカートに真鍮線のジャンパケーブルを
取付けます。
e0120143_2244387.jpg
ジャンパケーブルを塗装し、動力ユニットに取付けます。
そして、ボディーを搭載して完成です。
e0120143_22444734.jpg
なかなかイイ感じで簡単に双頭カプラー化できました。
これで客車だけでなく電車も牽引できるようになりました。
EF81の双頭カプラー車へ改造したので、EF64-1000の双頭カプラー車へ
改造したくなりますねぇ~!?
それは後々ということで・・・。
[PR]
by seasidemintblue-A | 2010-02-18 22:48 | 電気機関車Nゲージ | Trackback | Comments(6)
EF81-137をEF81-136双頭カプラー化 その1
先日、KATOからEF81ヒサシ車の新規発売がリリースされました。
あけぼの(基本+増結)と合わせて予約しました。

KATOの発表によりますと、発売されるナンバーは
137、139、140、141となっています。
この中では137号機以外は全て双頭連結器となっています。
必然的に、KATOから発売されるEF81は137号機にします。
しかし、当鉄道管理局にはKATOのEF81JR東日本色(赤2号)を
ヒサシ車の137号機へ改造した車輌があります。
そこで、今回は、この137号機を双頭連結器の136号機へ改造します。
e0120143_2245854.jpg
以前、KATOのEF81JR東日本を改造した137号機ヒサシ車です。
これを136号機双頭カプラー車へ改造します。
e0120143_225721.jpg
双頭カプラー化に必要となるのは、当然のことながら双頭カプラー、
さらに双頭カプラー切替油圧ホース、復心装置がメインとなります。
双頭カプラーはKATO製をそのまま利用します。
しかし復心装置は売切れで入手が困難です。
そこで、KATOのEF63のスカートにある復心装置をコピーします。
e0120143_2251727.jpg
復心装置のコピーは、以前、ED79-50の改造などで使用した
「おゆまる」を使います。
前回使用したモノを使います。
何度も再利用でき便利で、コストパフォーマンスに優れています。
様々なモノをコピーする時に使っている方は多いでしょう。
e0120143_2252648.jpg
まずはおゆまるを復心装置のサイズに合わせてカットします。
失敗の可能性もありますので、10個製作します。
e0120143_2253468.jpg
お湯で温め、EF63の復心装置に押し当て型を取ります。
この時、中にエアーが混入しないように注意が必要です。
そしてこの型にパテを流します。
いわゆる鋳造で言う「注湯」です。
e0120143_2254261.jpg
パテが固まったら、慎重に型からコピーした復心装置を取出します。
シリコン系などの離型剤が不要ですので、塗装ハジキの
心配が少ないです。
全部で10個ほど復心装置をコピーしましたが、2個はエアーが
混入してしまい、失敗してしまいました・・・。
打率8割ですので、まあまあでしょうか!?
e0120143_2255197.jpg
余分なパテを削り落とします。
非常に小さく弱いので、紛失や破損に要注意です。
e0120143_226335.jpg
EF81のスカートですが、このEF81-137で使用したモノは再利用せず、
新たにEF81のカプラーセットを使います。
e0120143_2261458.jpg
スカートにコピーした復心装置を取付け、エアーホース取付穴と
双頭連結器の油圧ホースの取付穴をあけます。
e0120143_2262331.jpg
さらに連結器の両サイドにカバー(?)のようなモノとしてカットしたプラ板を
取付けます。
塗装しますが、その前に前処理として洗浄します。
いつものように塗装治具(割り箸)に取付け塗装準備をします。

今日はここまで・・・
[PR]
by seasidemintblue-A | 2010-02-15 22:13 | 電気機関車Nゲージ | Trackback | Comments(4)
スニ41をつくろう その4
先日から改造製作を始めたスニ41の続きです。
ようやく(?)いよいよ完成です。
e0120143_2352334.jpg
この元の車輌であるKATOのスニ40は古いタイプの車輌で、
台車はピン止めとなっています。
e0120143_2354072.jpg
室内灯&テールライトを点灯させますので、床下シャシに台車からの
通電用の穴をあけます。
e0120143_2355499.jpg
さらにビス止めとするため、旧モデル車輌と同様の対応としプラパイプを
取付けビス止めにします。
e0120143_236690.jpg
ここで使う台車ですが、そのままスニ40の台車(TR203)でも
良いのですが、通電金具を取付けるのは困難です。
そこで、先日発売となった能登セットのスニ41の台車を使います。
e0120143_2362620.jpg
この台車はビスなしで床下シャシにダイレクトに取付ける新しいタイプです。
台車の取付け穴に凸部があり、これで床下シャシに取付けるようです。
この凸部はプラパイプと干渉しますのでカットします。
e0120143_2363896.jpg
車掌室側は編成端となる場合もありますので、こちら側の台車は
ナックルカプラーにします。
反対側はカトカプです。
e0120143_236499.jpg
この台車を床下シャシに取付けて完成です。
e0120143_2365946.jpg
せっかくですので、完成度の高いKATOのスニ41と並べて記念撮影です。
こうして見ると、自作改造のズニ41は見劣りします・・・。
ま~遠目にはイイ感じですのでOKとします。
e0120143_2371059.jpg
テールライトを点灯させてバックから見てみます。
上野駅で推進運転で入線してくる光景を思い浮かべます。
e0120143_2372043.jpg
側面を見てみます。
各表記類で何とかスニ41に見えるかなぁ~!?
e0120143_2373350.jpg
部屋を暗くして室内灯&テールライトの点灯状況を見てみます。
なかなかイイ感じです。
昨年末に発売されたKATOの能登セットとは別に、
数年前にKATOの単品の旧客を集めて編成化した
編成に組み込みます。

ようやく、スニ41も完成しました!!
次は・・・何をイジろうかなぁ~!?



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
[PR]
by seasidemintblue-A | 2010-02-12 23:10 | 客車Nゲージ | Trackback | Comments(4)
スニ41をつくろう その3
今日は、いつものグダグダ無しで、本題に・・・。
先日から改造製作を始めたスニ41の続きです。
e0120143_22221016.jpg
テールライトを取付けていきます。
まずは車掌室の反対側にも穴をあけてテールレンズを入れます。
ライトケースがありませんのでレンズのみ・・・雰囲気重視で!?
こちら側は編成端にしませんので非点灯にします。
e0120143_22222298.jpg
車掌室側も同様に穴をあけテールレンズを入れます。
こちら側は点灯させます。
e0120143_22223166.jpg
車掌室内は薄緑色に塗装します。
ちょっと室内が継ぎ接ぎで美しくないです・・・。
ま~外からな目立たないのでOKとしましょう。
e0120143_22223958.jpg
ここで昨年末、KATOから発売されたスニ41と比較してみます。
車掌室はKATO製をマネて切り継ぎ製作しましたので、
ほぼ長さは同じです。
しかし、一部扉の形状が異なっています・・・これもOKとします。
荷物室のパレット側の長さが違っています。
KATOのスニ41は、リアルスケールのようです。
が、改造に使用したスニ40が実スケールより若干短いようですので、
その影響で、改造製作しているスニ41が短くなってしまっています。
これでボディー側は完成です。
e0120143_22224957.jpg
続いて床下シャシに取り掛かります。
KATOのスニ41の床下シャシを利用しますが、このままでは短いので、
以前の残材を再利用します。
e0120143_22225841.jpg
ボディー長に合わせて切断した床下シャシをプラ板で補強して
接着します。
e0120143_222379.jpg
この状態でボディーと干渉確認します。
ちょうど良い長さの床下シャシのようです。
e0120143_22231661.jpg
この車輌も他車と同様に室内灯&テールライトを点灯させます。
そのために床下には通電板を取付けます。
ブリッジダイオード等は荷物室側に取付け室内灯とテールライトの
白色LEDを接続します。
今回はココまでしか進んでいません・・・。

まだまだスニ41の改造製作は続きますが、
今日はここまで・・・
[PR]
by seasidemintblue-A | 2010-02-09 22:25 | 客車Nゲージ | Trackback | Comments(2)
久々の東横線で横浜へ
民主党の小沢一郎幹事長陸山会における政治資金規正法違反で、
逮捕起訴された民主党衆院議員・石川知裕被告が議員辞職しない・・・!?

逮捕&起訴されているにも関わらず、議員バッチを付けるとは??
一体、どういう神経しているのか??
この石川被告を民主党は擁護するのか??
やっぱり民主党も自民党と同様の腐敗政党です・・・。

ゼネコンから裏金を受領したとされる小沢一郎は
昭和の汚職政治事件を、この平成の時代に継承しているようです。

やはりロッキード事件で逮捕起訴された田中角栄や東京佐川急便からの
ヤミ献金事件で逮捕起訴された金丸信を崇拝していることから、
未だに腐敗政治を継承している小沢一郎・・・。
不動産業&マネーロンダリングで上手く切り抜けるつもりでしょうか!?


話は本題に戻って・・・
昨日は、学生時代の友人夫婦と中華街でメシでもということで、
石川町へ行ってきました。

久々(?年ぶり)の横浜方面ということで、待ち合わせ時間よりも
早く単独で先発し、ある店に立ち寄ってきました。
e0120143_22305550.jpg
こちらも久々の渋谷の東横線です。
以前は、良く乗っていたのですが、ここ最近はご無沙汰です。
今は特急が走っているんですね、しかも見たことない車輌・・・。
途中の元住吉駅は高架駅となっていたり、目黒線が日吉まで
延長されたり、以前とは様子が変わっていました。
e0120143_22312725.jpg
特急ということで、あっという間に横浜に到着です。
天気も良く冬晴れでしたが、風が強く寒い・・・。
e0120143_22313712.jpg
立ち寄りたかった店はこちらです。
いつもは秋葉原店に行っていますが、こちらも久々(?年ぶり)です。
e0120143_22314695.jpg
購入したのはいつものようにパーツ類がメインです。
今回、初めてGMのキットモデルを購入しました。
一度、キット車輌にチャレンジしてみたかったので・・・。
まずは腕試しということで東北本線で大活躍した
115系300番台にしました。
この115系はストライクゾーンですので、やはりこの車輌ということで・・・。

放置車輌が増殖しているにも関わらず、またパーツ類など
購入してしまっています・・・。(汗)

先週、KATOからEF81ヒサシ仕様EF64-37(ぶどう色2号)
あけぼの(現行編成)が5月の発売予定とリリースされました。
また、いつものようにEF81ヒサシ仕様&あけぼの(基本+増結セット)
予約してしまいました!!

こうして放置車輌やパーツが増殖していきます・・・。
何とか進めていきたいですね!?



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
[PR]
by seasidemintblue-A | 2010-02-07 22:36 | 鉄道模型全般 | Trackback | Comments(4)
スニ41をつくろう その2
民主党の小沢一郎幹事長が不起訴になるようです!?ナゼ??
収支報告書の虚偽記載に関与した証拠がないからだそうです。
しかし、関与していない証拠は何もない!!
拷問して可及的速やかにゲロさせて、とっとと衆議院議員を免職させ
政界から永久追放、さらに国外追放した方が日本のためでしょう!!

さらに小沢幹事長の政治団体の陸山会(不動産業)を舞台にした
政治資金規正法違反の容疑で、元秘書の衆院議員の
民主党・石川知裕容疑者が起訴されるようです。

起訴された場合、野党である自民党が議員辞職勧告決議案
提出するようです
辞職という甘いモノではなく懲戒免職させるべき法案を
作成し実行すべきです!!
さらに8月から石川容疑者に支払われた7ケ月分の給与等を
国庫へ返還すべきです!
 ・給与:130万円 (月間)
 ・歳費手当(ボーナス):635万円(年間)
 ・文書通信交通滞在費:100万円(月間)

これらの給与はみなさんが納めた税金です。
石川容疑者は税金ドロボウにもなってしまいます。

また、小沢一郎不動産が、陸山会とは別の改革フォーラム21において、
管理口座で16億円のも高額な資金の収支を
政治資金収支報告書に記載していなかったそうです。
またまた、このようなコトがあると、小沢一郎は不動産業だけでなく、
闇資金のマネーロンダリング(資金洗浄)も!!
民主党は小沢というプロの犯罪組織を垣間見せています。

まぁ~民主党だけでなく自民党も党名が違うだけで中身は同じ!?
民主党&自民党の議員はとっとと消えて欲しいぃ~!!


話は本題に戻って、先日から開始したスニ41の続きです。
e0120143_22385883.jpg
先日作った車掌室の側面をボディーに取付けます。
e0120143_2239993.jpg
そしてガラクタ箱にあったGMのスニ44の妻面を取付けます。
またプラ板をカットし雨樋として取付けます。
e0120143_22391889.jpg
屋根の繋ぎ目をパテ&瞬接で埋めて、仕上げにペーパーで水研ぎします。
e0120143_22392979.jpg
車掌室取付けにおいては室内側にプラ板を取付けていますので、
室内側は見苦しい点も・・・!?
まぁ~見えないからヨシとしましょう。
さらに車掌室の下部にプラ板を追加で取付けます。
e0120143_22393960.jpg
荷物室側のボディーに表記用のプラ板を取付けます。
このプラ板は小さいのでムラが目立ちませんので筆で
シルバーを塗装します。
e0120143_22394938.jpg
荷物室側をマスキングして調色した青15号で塗装します。
またここでもエアーブラシが活躍してくれます。
e0120143_22395988.jpg
乾燥後、妻面に検査表記のインレタを貼ります。
e0120143_2240733.jpg
側面にも型式表記、パレット配置などその他のインレタを貼ります。
e0120143_2240142.jpg
トイレ窓にはt0.2のプラ板を取付けます。
e0120143_22402153.jpg
インレタ保護のため半ツヤクリアで塗装します。
ボディーの方は、ほぼ完成です。

今日はここまで・・・
[PR]
by seasidemintblue-A | 2010-02-03 22:41 | 客車Nゲージ | Trackback | Comments(4)
   

鉄ヲタ復活!!
by seasidemintblue-A
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
> 以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
> 最新のコメント
教祖さま、こんばんは! ..
by 動力車操縦者 at 22:50
お尋ねしたいのですが、塗..
by 教祖 at 12:28
トータンさん、こんばんは..
by 動力車操縦者 at 22:49
鶴見線クモハ11いいです..
by トータン at 09:33
トータンさん、こんばんは..
by 動力車操縦者 at 22:47
> 検索
> ブログジャンル