> 最新の記事
クモル24020をつくろう ..
at 2017-03-17 23:03
KATOのクモハ11-400..
at 2017-03-09 23:03
KATOのクモハ11-400..
at 2017-03-01 23:01
KATO ED75-700を..
at 2017-02-22 22:48
KATO クモハ12052を..
at 2017-02-14 22:36
> ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
  • ブログの記載内容と関連のないコメントは削除しブログに嫌悪感のある方はアクセス不要です
  • ブログの記載内容には自己責任にて対応して下さい
<   2010年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧
KATOのEF15がキタァ~~~!!
先日、KATOからEF15がリニューアルされ発売となりました。
もちろん、当鉄道管理局にも入線しました。
e0120143_22175414.jpg
今日、ようやく予約していたEF15が届きました。
e0120143_2218427.jpg
このリニューアルされたEF15は2輌入線です。
貨物牽引が主な役目だったため、あまり馴染みのない方も
多いと思います。
しかしナゼ2輌も・・・ちょっとした思い入れも!?
以前、ここでも述べましたが、伯父が国鉄時代に
東京機関区に勤務していたため
何度も足を運び見学などさせてもらっていました。
その際、午後になると当時のブルトレ牽引機のEF65の
入替作業&ヘッドマークの取付け作業が行われていました。
その入替作業にはEF15が使用されており、その入替作業時に、
このEF15に乗車させてもらっていました。
床が木製で低速走行でも揺れが大きく、夏は非常に暑かったです。
まぁ~そんな訳で、2輌を入線させています。
e0120143_22181347.jpg
既に各サイトでは、詳細なインプレがされていますので、
こちらでは簡単に見ていきます。
まずは付属パーツから・・・。
ナックルカプラー、ナンバープレート、ホイッスルが付属しています。
e0120143_22182249.jpg
では車輌を見ていきます。
このEF15もEF65PやDE10と同様に動力台車に固定用の
カバーが付いています。
今後、KATOかたリニューアルされる電機カマ系は全て、このカバーが
付くのでしょう。
e0120143_2218315.jpg
このカバーを外すと、車輪のギアが見えてきます。
どうやら6軸とも動力車輪のようです。
e0120143_2346456.jpg
新規入線を記念して2輌並べての撮影です。
重厚感がありシャープなボディーです。
e0120143_22184777.jpg
全体を軽~く見ていきます。
まずは側面から・・・。
バランスも良くイイ感じです。
e0120143_22185566.jpg
エンド表記、ATS表記、△表記、換算表記類もキレイに印刷されています。
e0120143_2219327.jpg
ボディー中央には製造銘板が印刷されています。
e0120143_2219930.jpg
屋根上を見てみます。
ホイッスルカバー、発炎筒が別パーツ化されています。
付属のホイッスルに取替えれば、また違った仕様でも楽しめそうです。
正面から見てみます。
デッキ部の精度も良いですぇ~さすがKATOと言った完成度です!!
当鉄道管理局はKATO派ですから・・・。
しかし一部、TOMIXもありますが・・・!?

ここまで完成度が高いと、手を加えるモノが・・・。
エアーホースの取付けとパンタ塗装くらいでしょうか!?

ちなみに、KATOの旧EF15ですが、当鉄道管理局にも
所属していましたが、KATOからリニューアル発売が発表され
転属しました。

あとはKATOからEF5がリニュアルして発売されるのを期待して!!

またこれで放置車輌が増殖してしまいました・・・。
何とか車輌改造を進めて、放置車輌に着手したいです。
[PR]
by seasidemintblue-A | 2010-01-30 22:23 | 電気機関車Nゲージ | Trackback | Comments(10)
スニ41をつくろう その1
昨年末、KATOから「能登」の編成の基本セットの1車輌として
発売されました。
カタログの発売予定となって約25年の年月が流れ、
ようやく発売となりました。
が、単品販売ではなくセット販売です、残念・・・。
もちろん、能登は購入(基本×2セット)を購入しています。

今回、ず~っと前(1年くらい前?)から計画していたスニ41を
製作していきます。
e0120143_22232951.jpg
今回スニ41を製作するにあたってのメインのパーツです。
KATOのスニ40、2~3年前に試作したスニ41の残材、
さらにガラクタ箱にあるGMのパーツ類です。
e0120143_22233781.jpg
まずはボディーから着手します。
スニ40を写真のようにカットします。
ボディー及び扉を変形させないように慎重にカットします。
e0120143_22234617.jpg
さらにカットした扉の一部をこのようにカットします。
このカットした扉をボディーに取付けます。
室内側は見えませんので、裏側からプラ板で取付けます。
e0120143_2224598.jpg
扉を取付けるとこんな感じになります。
e0120143_22241160.jpg
次に車掌室を作っていきます。
KATOのスニ41を参考にします。
使うのはGMの側面のパーツです。
何の車種かは判りません・・・。
e0120143_22242094.jpg
スニ41の車掌室に合わせて側面パーツをカットし
接合していきます。
不要な窓はプラ板で埋めていきます。
e0120143_22242776.jpg
つなぎ目を瞬間接着剤やパテで盛って、乾燥後、サンドペーパーで
水研ぎします。
e0120143_22243571.jpg
次にボディー本体ですが、スニ41はスニ40よりも車輌全長が長いので
余っていたスニ40の屋根を接合します。
e0120143_22244518.jpg
スニ41の車掌室の長さに合わせて屋根を延長します。
ベンチレーターは5個と数量は良いのですが、位置が合いません・・・。

今日はここまで・・・
[PR]
by seasidemintblue-A | 2010-01-28 22:26 | 客車Nゲージ | Trackback | Comments(4)
KATOの旧モデルの旧型客車を・・・
昨日に続いての連投です!!
昔、KATOから発売されていた旧モデルの旧型客車を
イジっていきます。
e0120143_2333696.jpg
対象となるスハ43&スハフ42です。
これらの車輌は旧モデルのためテールライトは非点灯です。
が、以前、テールライトは点灯化させています。
また室内灯も点灯化させています。
e0120143_2334517.jpg
今回、改造する部位です。
旧モデルのため台車はピン止めとなっています。
これは台車のガタつきが多く室内灯チラツキの要因の
一部となっています。
そこで以前、KATOの荷物車マニ60で施工したのと同じ方法で
ビス止めにします。
まずはプラパイプを台車受けのサイズに合わせてカットします。
そしてそのプラパイプを床下シャシのピン部に取付けて固定します。
e0120143_234041.jpg
台車とピンの位置を確認します。
ここでプラパイプが短いと固定ビスで台車が回らなくなってしまいます。
逆に長すぎると台車のガタが大きくなってしまいます。
e0120143_234748.jpg
ビスで台車を固定して完成です。
e0120143_234149.jpg
ついでに、ここでホロをグレーに塗装します。
e0120143_2342264.jpg
塗装乾燥後、ホロをボディーに取付けて完成です。
e0120143_2342980.jpg
せっかくですのでミニ・レイアウトで試運転をします。
e0120143_2343782.jpg

e0120143_2344826.jpg
明るい部屋では室内灯のチラつきを確認するのは難しいので
部屋を暗くして試運転します。
室内灯のチラつきが軽減されたようで、なかなかイイ感じです。
あっ、屋根とボディーの隙間から室内灯の明かりが漏れています・・・。
要改修ですね!!

当鉄道管理局には、まだピン止めの旧モデル車輌がありますので、
順次ビス止めに改修していきます。




にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
[PR]
by seasidemintblue-A | 2010-01-25 23:05 | 客車Nゲージ | Trackback | Comments(4)
今日のパーツ購入
今日はいつものように東京競馬場へ出撃してきました。
収支の結果は・・・ちょっとマイナスです。(汗)
またまたJRA貯金してしまいました・・・。

その帰りに、ちょっと寄り道してパーツを購入してきました。
e0120143_2212125.jpg
今回購入したパーツ類です。
先週発売となった「ゆうずる」のパーツ、さらにスニ41のTR203台車、
ボナのEF81ヒサシです。
いずれは車輌イジリに使う予定です!?
e0120143_22121162.jpg
さらに銀河のパーツカタログです。
こんなモノが発売されていたんですねぇ~知りませんでした。
銀河のパーツをよく使うので便利に活用していきます。
e0120143_22285064.jpg
ここで業務連絡です。(↑クリックで大きくなります。)
リンクさせて頂いていますLTDpegasusさんが旧客編成の津軽
加工に着手されています。
そこでオイラが様々なサイトから収集した70年代の旧客編成の津軽の
編成をまとめたモノです。
あまり役に立たないかもしれませんが津軽編成の
加工の参考にしてみて下さい。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
[PR]
by seasidemintblue-A | 2010-01-24 22:15 | 鉄道模型全般 | Trackback | Comments(6)
オハフ33をマニ37-2157へ改造 その3
明日、民主党の小沢一郎幹事長の土地取引に関する任意での
事情聴取が行われる予定です。
まぁ~100%ゴマかすでしょうね!

この小沢幹事長の政治団体である陸山会は、東京及び東北地方に
約10ヶ所もの不動産を所有しています。
他の政治団体は不動産を所有していません!!
ナゼこれら多くの不動産が必要なのでしょうか??

これでは小沢一郎不動産ですねぇ~!!


先日から作業を開始したマニ37-2157への改造の続きです。
e0120143_22441967.jpg
再度、床下シャシの作業に取り掛かります。
室内灯の白色LEDを取付けます。
e0120143_22442793.jpg
そしてテールライトのケースをプライマー塗装後、クリーム色に塗装します。
さらに仕切り板を薄緑色に塗装します。
ようやく床下シャシは完成です。
e0120143_2244347.jpg
形状が完成したボディーを塗装します。
まず、サーフェーサーで塗装します。
塗装乾燥後、サンドペーパーで水研ぎしボディー表面を修正します。
e0120143_22444324.jpg
修正後、自前で調色した青15号で塗装します。
そして塗装乾燥後、側面には型式表記、所属表記、自重などの
表記類のインレタを貼ります。
e0120143_22444924.jpg
さらに妻面の検査表記のインレタを貼ります。
e0120143_22445713.jpg
インレタ貼りが終了したところで、インレタ保護のため
半ツヤクリアを塗装します。
これでボディーも完成です。
e0120143_2245754.jpg
塗装乾燥後、ガラクタ箱にあったGMの保護棒が再現された
窓ガラスを取付けます。
e0120143_2245156.jpg
床下シャシにボディーを搭載します。
このボディー搭載時にはちょっとコツが・・・。
e0120143_22452623.jpg
室内灯を点灯させてみます。
明るい場所でも、室内灯が点灯しているのが判ります。
e0120143_224535100.jpg
さらにテールライトの点灯状況も確認します。
こちらもイイ感じで点灯しています。
e0120143_22454395.jpg
部屋を暗くして、再度、点灯を確認します。
暗い中、雰囲気を出してくれています。
なかなかイイ感じです・・・自画自賛!?

これでマニ37-2157への改造は終了です。
さて次は・・・??
[PR]
by seasidemintblue-A | 2010-01-22 22:47 | 客車Nゲージ | Trackback | Comments(4)
オハフ33をマニ37-2157へ改造 その2
ついに??・・・ようやく??
日本航空&子会社が東京地裁に会社更生法の適用を申請し、
手続き開始の決定を受けたそうです。
負債総額は2兆3,000億円で事業会社では過去最大のようです。
公的管理下で再建を目指し平成23年度で黒字転化平成24年度には
900億円の黒字化
が目標だそうです。
31路線の廃止、15,000人のリストラ・・・これだけでは黒字化はムリ??
ちょっと甘い見通しでは??

親方日の丸体質から脱却できず、社内でも様々な
問題を抱えているようです。
 ・社員への高待遇
 ・分裂した労働組合
 ・手厚い企業年金・・・ 

経営者だけの責任ではなく、社員にもその責任があるようです。
さらに国会議員や官僚などの既得権益により赤字体質になったことも
起因しているようです。

日本国内には約100の空港があります。
この狭い日本に、これだけの数の空港が必要でしょうか??
JALの赤字路線の廃止により飛行機の飛ばない空港が!
またムダな公共工事が、さらにムダを生んでいます!!


前置きはさておき、先日から作業を開始した
マニ37-2157への改造の続きです。
e0120143_22211013.jpg
このKATOのオハフ33は妻面の貫通ドアがありません。
荷物車は、この貫通ドアはいつも閉まっていたような・・・!?
e0120143_22212010.jpg
この改造で使用するGMのパーツです。
ガラクタ箱から発見しますた。
e0120143_22212865.jpg
このパーツから妻面の貫通ドアを切り出します。
e0120143_22213770.jpg
切り出した貫通ドアを妻面に取付けます。
e0120143_22214546.jpg
ボディーも窓間をカットします。
ここでボディーを破損しないように要注意です!!
e0120143_22215388.jpg
窓やドアの間に切り出したプラ板を取付けていきます。
e0120143_2222287.jpg
側面のドアをGMのパーツから切り出します。
e0120143_22221168.jpg
ドアを取付ける部位をケガキます。
e0120143_22221919.jpg
ケガキ位置よりも若干内側をカットします。
さらに前と同じようにドア間にプラ板を取付けます。
e0120143_22222872.jpg
ドア部を切り欠いた部位にドアを仮付けし、位置や開口サイズを確認します。
確認、改修しましたら取付けます。
e0120143_22223846.jpg
同様にしてドアを取付け、窓も設置します。
e0120143_22224736.jpg
両側に同様の作業を施します。
ここでボディーを床下シャシに搭載し干渉部位や位置の確認をします。
e0120143_22225660.jpg
干渉部位をカットします。
これでボディーへの加工は塗装&インレタ貼りです。

今日はここまで・・・
[PR]
by seasidemintblue-A | 2010-01-19 22:23 | 客車Nゲージ | Trackback | Comments(4)
オハフ33をマニ37-2157へ改造 その1
世田谷・深沢の土地取引において、今日、民主党・小沢幹事長
事務所や政治団体(陸山会)、民主党石川衆議員の事務所、
さらに大手ゼネコンの鹿島などへ政治資金規正法違反の容疑で
東京地検の強制捜査が入りました!

石川衆議員は小沢幹事長の元秘書で、土地取引に関して
政治資金収支報告書
未記載という政治資金規正法違反という違法行為をした犯罪者です!
即刻、辞職すべき!!

また小沢幹事長は東京地検からの参考人としての任意の事情聴取に
応じていません!!
後ろめたい事情があるのでしょう!
ま~ロッキード事件で検挙されたアノ人の子分ですから・・・。
やはり民主党はツートップが金まみれの金腐政党です!!

来週からの通常国会で野党から攻撃されるのは間違いないでしょう。
しかしこのような事件の質疑を国会ですることはヤメて欲しい!
1日の国会開催における経費(税金)は1~2億円だそうです。
これこそ税金のムダ使いです!
とっとと小沢は政界から消えて、国会では景気回復に向けての
充分な審議を進めるべきです!!


さらに今日は東証でJAL(9205)2日連続のストップ安まで売られました。
まだ売残が数億株もありますので明日は1円になってしまうかも!?
そうなるとマネーゲームが始まりそう!!
遊びで参戦しようかなぁ~!?


前置きはさておき、本題に入ります。
年末の車輌整理で発掘したパーツで1台の車輌へ仕上げていきます。
e0120143_22182732.jpg
さらにオハフ33のテールライトケースもガラクタ箱から発掘です。
e0120143_22192552.jpg
これらのパーツを使って1台の車輌へ仕上げていこうと立案しました。
そのままオハフ33にしては面白くないので、
オハフ33から改造された車輌をネット検索します。
見つけたのはマニ37-2157です。
これは青色ボディーの荷物車です。
他にもちょっとパーツが必要ですが、それらもガラクタ箱にありましたので、
それらを使ってマニ37-2157へ改造します。
e0120143_2219524.jpg
まずはテールライトを両端とも点灯させるため室内パーツをカットし、
テールライトケースを取付けます。
e0120143_2220554.jpg
そして床下シャシの通電板から室内灯用の導線を引廻し
ブリッジダイオードへ接続します。
e0120143_22201514.jpg
床下シャシをレールに載せ確認します。
e0120143_22202628.jpg
その際、床下シャシにはテールライトのスイッチを自作し取付けます。
これで編成のどこに組み込んでもOKになります。
e0120143_22203482.jpg
次にボディーに取り掛かります。
一方のテールライトのレンズの穴はあいていますが、もう一方のレンズの
穴はあいていませんの、その穴をあけます。
e0120143_22204448.jpg
ボディーの窓を撤去し荷物車用のドアを取付けていきます。
その前準備としてボディーをお風呂に入れます。
ヘタに入浴させているとボディーが歪んだり膨潤したりしますので
要注意です。
e0120143_22205525.jpg
ほぼ青15号が落ちましたので、ボディーを引き上げ薄~い中性洗剤で
線状後、流水で洗い乾燥させます。
e0120143_2221674.jpg
乾燥後、ボディーを床下シャシに搭載しテールライトのレンズの位置や
搭載状況、ツメ位置などを確認します。

今日はここまで・・・
[PR]
by seasidemintblue-A | 2010-01-13 22:23 | 客車Nゲージ | Trackback | Comments(4)
TOMIX 455系 グリーンライナー その3
今日はいつものようなくだらない前置きなしに本題にいきます。

昨年末から作業を開始したTOMIXの455系グリーンライナーですが、
なかなか進みません・・・。(汗)
今回もその455系グリーンライナーの続きです。
e0120143_22261866.jpg
床下シャシが完成しましたので、ボディーの作業へかかります。
まずはボディーをバラします。
e0120143_22262784.jpg
インレタ等の貼付けや半ツヤクリア塗装を控えていますので、
いつものようにボディーを洗浄します。
e0120143_22263567.jpg
ボディーが乾燥したら側面へ付属品の型式表記のインレタを貼ります。
編成はS-31編成にします。
また、TOMIX製品ですので、細かい表記類がありません。
そのためガラクタ箱にあったATS表記、所属表記などを貼ります。
e0120143_22264340.jpg
さらに妻面に検査表記を貼ります。
e0120143_22265239.jpg
インレタを貼ったらインレタ保護のため半ツヤクリアで塗装します。
e0120143_2227556.jpg
塗装乾燥後、先頭車には付属パーツのホーンやアンテナ類を取付けます。
さらにワイパーやジャンパ栓なども取付けます。
中間の妻面の扉をアルミ製ですのでシルバーで塗装します。
e0120143_22271810.jpg
M454の屋根上機器のガイシを白色に塗装します。
またパンタもいつもと同じように塗装します。
e0120143_22272652.jpg
完成したボディーを床下シャシに搭載しライト類や室内灯の
点灯を確認します
e0120143_22273926.jpg
全3輌のボディーを床下シャシに搭載して完成です!!
e0120143_22275092.jpg

e0120143_2228258.jpg
部屋を暗くしてライト類、室内灯の点灯を再度確認します。
e0120143_22281421.jpg
完成しましたので、KATO製とTOMIX製を比較してみます。
向かって左側がKATO製、右側がTOMIX製です。
お互いにちょっとボディー色が異なりますので混結はちょっと変かな??
ま~カプラーが異なるので混結させません。
どちらも完成度が高く非常に気に入りました!!
ただ、どちらもイマイチな部位も・・・!?
e0120143_22283099.jpg
先ほど、試運転した模様です。
試運転していたため、いつものくだらない前置きなしでした。
せっかくですのでミニレイアウトで試運転してみます。
走行音も少なくスムーズな走行です。
e0120143_22284063.jpg
さらに部屋を暗くして試運転します。
ライト類や室内灯のチラつきもなくイイ感じです!!
TOMIXの455系グリーンライナーもカッコいいですねぇ~!

これでまた放置車輌を低減でしました。
次は何をイジっていこうかと・・・放置車輌orさらなる車輌改造!?
[PR]
by seasidemintblue-A | 2010-01-07 22:29 | 電車Nゲージ | Trackback | Comments(4)
TOMIX 455系 グリーンライナー その2
2010年も既に4日となり今さらですが・・・
 あけましておめでとうございます!!
今年も宜しくお願いします!!


今日は大発会です。
昨年の大納会に続き今年から後場も立会い取引きとなりました。
さらにarrowheadが始まりました!!
今日も休みでしたので板を見ていると、今まで以上に非常に早く板が動き
目が回る速さです。
ヘタに成り行き注文すると、損してしまう場合があります。
取引されている方は注意しましょう!


新年らしい写真がありませんので、新年一発目は
いつものように車輌イジリです。

さて昨年末はKATOからの大量発売により大量入線し、
それにより車輌整理を実施しました。
車輌整理も一段落し、昨年、作業途中で年越しとなってしまった・・・。
年末年始に進捗したTOMIXの455系グリーンライナーの続きです。
e0120143_22344516.jpg
この車輌も他の車輌と同様に当鉄道管理局の標準仕様である
室内灯を取付けます。
いつものように床下のウエイトからブリッジダイオードを結線し
抵抗をハンダ付けします。
e0120143_22345688.jpg
いつものようにアクリル板をカットし自作の導光板を製作します。
e0120143_2235361.jpg
導光板を車輌長に合わせてカットし取付け位置を確認します。
既製の導光板ですと長い車輌ですと車端まで光が
届かない場合もありますが、アクリル板から自作した導光板ですと、
充分に長さを確保できます。
さらにコストも低減でき財政にもやさしいです。
e0120143_22351279.jpg
ここで一度、ボディーを搭載して点灯確認します。
e0120143_22352169.jpg
写真がヘタで判り難いですが、明るい部屋でも室内灯の点灯は
確認できます。
e0120143_22352826.jpg
部屋を暗くして、再度、室内灯を確認します。
車輌端も思った以上に明るくなっています。
e0120143_22353592.jpg
室内をのぞいてみます。
塗装したシートが見られ、イイ感じです。
e0120143_22354394.jpg
おっ、前面の種別表示の点灯でボディーから薄っすらと光モレしています。
この部位はボディーが薄いためでしょうか!?
室内側からアルミテープを貼って対応します。
e0120143_22355485.jpg
他の2輌にも同様に室内灯を取付けます。
これで床下シャシ側は完成です。

年末年始の休みを利用して車輌イジリを進めたかったのですが、
コレしか進んでいません・・・。(汗)

明日は中山金杯京都金杯です!!
今年の勝負運をトライします!

今日はここまで・・・・


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
[PR]
by seasidemintblue-A | 2010-01-04 22:40 | 電車Nゲージ | Trackback | Comments(4)
   

鉄ヲタ復活!!
by seasidemintblue-A
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
> 以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
> 最新のコメント
トータンさん、こんばんは..
by 動力車操縦者 at 22:49
鶴見線クモハ11いいです..
by トータン at 09:33
トータンさん、こんばんは..
by 動力車操縦者 at 22:47
製品化されていない車両、..
by トータン at 21:56
トータンさん、こんばんは..
by 動力車操縦者 at 22:41
> 検索
> ブログジャンル