> 最新の記事
KATO 16番クモハ12 入線
at 2017-08-14 23:00
追加入線したKATO オハ6..
at 2017-08-09 22:57
KATO 211系2000番..
at 2017-08-01 22:45
歴代の南武支線
at 2017-07-12 22:54
205系1000番台 南武支..
at 2017-07-03 22:55
> ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
  • ブログの記載内容と関連のないコメントは削除しブログに嫌悪感のある方はアクセス不要です
  • ブログの記載内容には自己責任にて対応して下さい
<   2008年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧
北斗星 JR東編成 オハネ25-0 その②
先日の続きのオハネ25-0です。
e0120143_22553080.jpg
室内灯はTOMIX製を使用せず、当鉄道管理局オリジナルにします。
導光板、L字金具はKATOの室内灯を使用します。
その他LED、ブリッジダイオードなどを取付けます。
そのための取付架台を取付けます。
e0120143_22554721.jpg
ブリッジダイオードにKATOの室内灯のL字金具、
抵抗をハンダ付けします。
e0120143_2256654.jpg
このブリッジダイオードを床下シャシに両面テープで貼り付けます。
e0120143_22562172.jpg
そして白色LEDをハンダ付けします。
e0120143_22563976.jpg
室内灯の点灯確認します。
やはりLEDは非常に明るいですね。
e0120143_22565410.jpg
ボディー妻面の貫通扉をクリーム色に塗装します。
e0120143_2257997.jpg
ボディーの屋根裏の室内灯ユニット側にアルミテープを貼付けます。
これは車輌側面の方向幕を室内灯の光源を利用して方向幕を
点灯させますので、その効果を向上させるためです。
e0120143_22572422.jpg
方向幕をカットしガラスパーツに貼付けます。
さらに方向幕下の窓の裏側に白色のマスキングテープを貼付けます。
このガラスパーツをボディーに取付け、ボディーを床下シャシに搭載します。
またPCで作成した号車札も貼付けます。
e0120143_22574047.jpg
メンディングテープとアルミテープでムラ対策した導光板を
床下シャシに取付けボディーを床下シャシに搭載します。
そして室内灯の点灯具合を確認します。
ムラも少なくイイ感じで点灯しています。
e0120143_22575550.jpg
側面の方向幕を見てみるとキレイに点灯しています。
文字の表記もハッキリ判ります。
e0120143_2258954.jpg
室内の寝台を窓越しに見てみます。
ベッドの塗装やハシゴの取付けが見て判り、その効果は大きいです。
e0120143_22582498.jpg
最後にボディーに型式を貼付けます。
このオハネ25も当鉄道管理局内で車輌型式がダブらないよう
オハネ25-20、28とします。
e0120143_22584070.jpg
これで2輌のオハネ25-0は完成です!!

何とか9/10が完成し残り1輌はオハネフ25-0です。
来週には全車輌を完成(?)させたいです!
[PR]
by seasidemintblue-A | 2008-11-28 23:00 | 客車Nゲージ | Trackback | Comments(3)
北斗星 JR東編成 オハネ25-0 その①
先日のオハ25-500に引き続きJR東の北斗星10輌編成の
車輌イジリの続きです。
オハネ25-0に着手します。
e0120143_23162655.jpg
この北斗星編成は今年3月に統廃合された北斗星3、4号(JR東)の
閑散期編成として10輌編成としています。
残り3輌はオハネ25×2輌、オハネフ25×1輌のB寝台車です。
オハネ25は2輌で同じ仕様としますので2輌まとめてイジっていきます。
e0120143_23164242.jpg
いつものように車輌をバラします。
2輌分ですと部品点数も多くなります。
e0120143_23165714.jpg
この車輌も他車同様にKATOのナックルカプラー化します。
e0120143_23171297.jpg
室内のパーツです。
e0120143_23172879.jpg
客室内にはTOMIXの室内灯が取付けられるように
一部がカットされています。
e0120143_23174916.jpg
このカットされた部位は車外から見ると目立ちますので
プラ板にて穴埋めします。
e0120143_2318554.jpg
また寝台部分の一部に導光板を支えるため凸だあります。
この北斗星編成はKATOの導光板を使用しますので、この凸が邪魔になります。
そのため、この凸をカットします。
e0120143_23182022.jpg
このオハネ25-0も同様にB寝台ということでベッドをワインレッドに塗装します。
e0120143_23183537.jpg
以前、オハネフ25-0をイジった時、大量に作ったプラ板の背もたれ部位を、
ワインレッドに塗装します。
e0120143_23185086.jpg
この背もたれを客室室内の仕切板に取り付けます。
さらに、この背もたれにカバーとしてマスキングテープを貼り付けます。
e0120143_2319580.jpg
客室内に2段ベッド用のハシゴとしてプラ棒を取付けます。
以前、やま♪さんのブログにてご紹介されましたハシゴを
取付けたいのですが、今月は大量入線したために
財政不足(涙)となってしまいましたので、
今回はこのように対処しました。

今日はここまで・・・。
[PR]
by seasidemintblue-A | 2008-11-25 23:21 | 客車Nゲージ | Trackback | Comments(6)
第8回ふれあい鉄道フェスティバル
今日は秋晴れで行楽日和の一日でした。
一度行ってみたかった尾久車輌センターが一般公開される
「第8回ふれあい鉄道フェスティバル」がJR東日本主催で
開催されました。
どのような車輌が展示されるのか宣伝はありませんでした・・・。
e0120143_234452.jpg
尾久車輌センターの最寄り駅の尾久駅です。
初めて尾久駅で下車しました。
昔から疑問だったのですが、駅名では「おく」と言いますが
地名では「おぐ」と言います、ナゼでしょうか??
尾久駅から地下道を通って、すぐに尾久車輌センターの入口です。
今回の目的は車輌の詳細部の資料収集(写真)です。
車輌全体の撮影はホドホドです。

イロイロな展示車輌がありましたので簡単にご紹介します。
一般公開ということもあり車輌周辺には大勢の人が
写ってしまっています・・・(汗)。

学生の頃、伯父が勤務していた東京機関区に行っていた時とは
条件が異なり撮影する場合はイロイロな面で状況が非常に悪いです。

e0120143_2345336.jpg
DD51-842 はくつる
e0120143_235892.jpg
EF81-86 エルム
EF65-1118 さよなら銀河
e0120143_2352213.jpg
EF60-19 彗星
e0120143_2353920.jpg
先日、現役引退した14系ゆとりです。
e0120143_2355387.jpg
高崎所属の旧型客車です。
スハフ42×2輌、オハ47×2輌です。
休憩室となっており、車内は非常に混んでいました。
e0120143_2361340.jpg
先日、お召運用されたE655系なごみです。
やっぱりお召はEF58-61が牽引する客車の方が重厚で
貴賓があるように思います。
e0120143_2362824.jpg
以前、お召運用されたEF81-81です。
日章旗が掲載され金色のJRマクと付け転車台に載っています。
e0120143_2364247.jpg
所属札には金色の「田」、運用札にも金色の「お召」が入っていました。
しかしEF58-61とは異なり運転士、運転助手などの
名札入れがありません。
やっぱりこの表記はEF58-61の方が似合います。
e0120143_2365774.jpg
オハネフ25 北斗星
e0120143_2372158.jpg
連結器周辺です。
今回の目的である詳細部も、このように資料として撮影してきました。
他の車輌もこのように詳細部については何枚も撮影しました。

他にも485系ゆとり、夢空間などの車輌もありましたが
軽~くパスしました。

興味引かれる車輌が少なかったのは残念です・・・。
せっかく尾久車輌センターに来ましたので、開催場所内から
撮影できる車輌も資料として撮影してきました。

e0120143_2373594.jpg
マヤ34です。
すっかり朽ち果ててしまって痛々しいです。
台車周辺、連結器周辺を重点的に撮影しました。
e0120143_2374851.jpg
構内入れ替え中のDE10-1517です。
宇都宮所属の車輌です。
e0120143_238323.jpg
このDE11-1041も宇都宮所属の車輌で
構内入れ替え作業をしていました。
e0120143_2381863.jpg
北斗星で使用されているオロネ25です。
e0120143_2383378.jpg
北陸で使用されているスハネフ14です。
このように車輌を側面から1輌ずつ撮影できる機会は少ないので
デジカメに収めました。
e0120143_238489.jpg
北陸で使用されているスハネ14です。
e0120143_239221.jpg
尾久車輌センターで資料としての撮影後、EMSさんと合流して
電機カマの撮影に千葉方面へ移動しました。
EF65PFの国鉄色が来るとのことで市川駅にて待ちうけ撮影しました。
デジカメで走行車輌を撮影するのは不慣れなため
ボケてしまっています・・・(泣)。

その後、一緒にアキバへ移動して鉄道模型店巡りをして、
ちょっとパーツ類を購入しました。

今日一日、非常に内容の濃い鉄分を補給でき充実した一日でした!
EMSさんにはイロイロご教示頂き、また一緒に鉄道模型店を
廻って頂きありがとうございました!!
[PR]
by seasidemintblue-A | 2008-11-22 23:14 | 鉄道全般 | Trackback | Comments(8)
北斗星 JR東編成 オハ25-500 その②
先日の続きのオハ25-500です。
e0120143_22524667.jpg
ボディーですが、いつものようにLEDが取付けられる部位には
照度の効率UPのためアルミテープを貼ります。
e0120143_2253380.jpg
車端の扉をクリーム色に塗装します。
e0120143_22531920.jpg
床下シャシにボディーを搭載します。
e0120143_22543381.jpg
部屋を暗くして室内灯のムラを確認します。
なかなかイイ感じで点灯しています。
e0120143_225450100.jpg
ボディー側面に方向幕を貼付けます。
サイズに合わせて方向幕をカットするのに神経を使います。
e0120143_22552043.jpg
PCで作った号車札と寝台種別を貼付けます。
e0120143_22553793.jpg
これでオハ25-500は完成です。
e0120143_225649.jpg
さっそく部屋を暗くして室内灯と方向幕の点灯の様子を
確認します。
e0120143_2256217.jpg
方向幕もイイ感じで点灯しています。
e0120143_22564018.jpg
室内の様子を見てみます。
ソファーやテーブルを塗装した効果が見えます。
しかし、ちょっと違和感があります・・・!?
e0120143_22565973.jpg
忘れていましたが、一番苦手な型式表記の貼付けです。
とりあえずオハ25-501にしました。
e0120143_22572189.jpg
これで今度こそオハ25-500の完成です!!

ようやく7/10が完成し残り3両です。
残りの車輌は開放B寝台車です。
次はオハネ25-0をイジります。
[PR]
by seasidemintblue-A | 2008-11-21 22:58 | 客車Nゲージ | Trackback | Comments(2)
北斗星 JR東編成 オハ25-500 その①
先日のスシ24-500に引き続きJR東の北斗星10輌編成の
車輌イジリの続きです。
オハ25-500に着手します。
e0120143_22321053.jpg
JR東の北斗星セットのオハ25-500です。
e0120143_22322836.jpg
いつものようにバラします。
e0120143_22324476.jpg
この車輌も他車と同様にKATOのナックルカプラー化します。
e0120143_2233281.jpg
室内パーツです。
ロビーカーですのでソファー&テーブルの構成となっています。
e0120143_22332164.jpg
この車輌も他車と同様にTOMIXの室内灯のための
穴があいていますので同じ方法で穴埋めします。
e0120143_22333915.jpg
形状に合わせてプラ板を切り出し穴埋めし、
余計な部位をカットします。
e0120143_2234498.jpg
穴埋めが終わったら、この室内パーツを塗装します。
なるべく実車に合わせるようにソファーを茶色、
テーブルを白色、床を明るいグレーに塗装します。
e0120143_22341527.jpg
当鉄道管理局の標準仕様の白色LEDを取付けます。
ブリッジダイオードと抵抗を取付け、LEDを置くための
架台となるプラ板を取付けます。
e0120143_22342916.jpg
LEDを取付けるプラ板上にはアルミテープを貼り、
照度の効率を上げるようにします。
そして白色LEDをハンダ付けします。
e0120143_22344428.jpg
室内灯の点灯確認を兼ねて導光板を取付けます。
また室内の明るさのムラも確認します。
明るい場所ではムラが良く判りません・・・。
e0120143_2235028.jpg
部屋を暗くして再度確認します。
メンディングテープとアルミテープの遮光でムラなく
室内を照らしています。

今日はここまで・・・。
[PR]
by seasidemintblue-A | 2008-11-18 22:35 | 客車Nゲージ | Trackback | Comments(0)
北斗星 JR東編成 スシ24-500 その②
先日の続きのスシ24-500です。
e0120143_22132044.jpg
室内灯のユニットを取付け、室内パーツを組みます。
e0120143_221336100.jpg
このスシ24-500は調理場のみ室内灯を点灯させます。
客室の食堂側はテーブルライトを照明とします。
そのため導光板は半分以下の長さで充分です。
在庫で残っているKATOの室内灯の導光板を半分にしてしまうのは
ちょっともったいないので、初めて自作の導光板を使用します。
ところで、写真が変になってしまっています・・・ナゼ??
e0120143_2215967.jpg
床下シャシを組立て自作の導光板を取付けて床下シャシは完成です。
e0120143_22154674.jpg
ここで室内灯及びテーブルライトの点灯確認をします。
明るい場所ではテーブルライトが点灯しているのか判りにくいです。
e0120143_22162936.jpg
部屋を暗くして点灯確認します。
調理場側は非常に明るくムラもないようです。
e0120143_2216442.jpg
客室の食堂側を見てみると、ちょっと暗い感じがします。
テーブルライトはチップLEDで点灯させているためでしょうか!?
e0120143_2216587.jpg
続いてボディーです。
室内灯ユニット側の屋根裏にアルミテープを貼付けます。
e0120143_2217122.jpg
車端の扉をクリーム色に塗装します。
e0120143_22172768.jpg
未だに苦手な型式のインレタを貼ります。
JR東所属の「スシ24-505」にします。
e0120143_22174264.jpg
ボディーを床下に搭載して完成です!!
e0120143_22175549.jpg
客室の食堂側を見てみます。
テーブルライトは点灯しているのが、何となく判る程度です。
e0120143_2218929.jpg
部屋を暗くして車輌全体を見てみます。
調理場が非常に明るいです。
e0120143_22182344.jpg
客室の食堂側を見てみるとテーブルライトが薄っすら点灯しています。
ちょっとイイ感じです。
これでも良さそうですので、とりあえずこのままとします。

これで6/10が完成しました。
次はオハ25-500をイジります。
[PR]
by seasidemintblue-A | 2008-11-14 22:20 | 客車Nゲージ | Trackback | Comments(4)
北斗星 JR東編成 スシ24-500 その①
北斗星JR東日本編成をイジってきましたが、
一時ガラクタ箱の整理のためナハネフ22と組立てました。

先週末にテーブルランプが点灯するトワイライトエクスプレスの
スシ24(単品)を購入しましたので、北斗星に再度着手します。

先日のオロネ24-500に引き続きJR東の北斗星10輌編成の
車輌イジリを再開し、まずスシ24-500に着手します。
e0120143_22281447.jpg
先週末に購入したトワイライトエクスプレスのスシ24(単品)です。
e0120143_2229358.jpg
この車輌は床下シャシのみ使用します。
さっそく、いつものようにバラします。
e0120143_22295051.jpg
この車輌も他車と同様にKATOのナックルカプラー化します。
e0120143_22304100.jpg
室内パーツです。
これも他車と同様にTOMIXの室内灯のための
穴があいています。
この穴とガイドとなる部位は車外から窓越しに見て
非常に目立ちますので穴埋めします。
e0120143_22302226.jpg
余分な部位を削り落としプラ板で穴埋めします。
e0120143_22303782.jpg
穴埋めして室内を塗装します。
テーブルにはテーブルクロスとしてマスキングテープを
貼付けようと思いましたが、テーブルの高さがほとんどないため
白色で塗装しました。(←手抜き?)
e0120143_22305712.jpg
次に室内灯のためのブリッジダイオードと抵抗を
テーブルランプの点灯ユニットにハンダ付けします。

今日はここまで・・・
[PR]
by seasidemintblue-A | 2008-11-10 22:31 | 客車Nゲージ | Trackback | Comments(2)
久しぶりの車輌購入
ここ最近、めっきり寒くなってきました。
今日は久しぶり(半年ぶり?)に車輌を購入しました。

現在、車輌イジリを進めているTOMIXの北斗星の
編成用にスシ24を買いに行きました。
その北斗星編成ですが、JR東日本編成セットで、食堂車のスシ24の
テーブルランプが点灯しません。
そこで、同じTOMIXから発売されたトワイライトエクスプレスの
スシ24を購入し床下シャシを交換して、お手軽にテーブルランプを
点灯させます。
e0120143_2216037.jpg
本来、トワイライトエクスプレスのスシ24を1輌のみ
購入するつもりでしたが、商品を見ているうちに
つい予定外の車輌まで購入してしまいました・・・。
本当に頭の痛い当鉄道管理局です・・・。
EF65&EF81の取付けパーツは無理やり同包され変形する
可能性がありますので購入後、すぐにケースから出しておきます。
予定外の購入車輌は、全てKATOです。
 ・205系1200番台南武線(6輌セット)
 ・EF65-1000前期型
 ・EF81-0国鉄色
それと自作室内灯で使用する真鍮帯板です。
KATOのL字金具とは材質は異なりますがコレで代用します。
e0120143_2217091.jpg
さっそくTOMIXのスシ24を見てみます。
ビニールに包まれています。
e0120143_22171599.jpg
車輌は北斗星のスシ24とは異なり屋根上のクーラーがキノコ型です。
e0120143_22173052.jpg
ボディーを外して床下シャシのみにしてテーブルランプの
点灯を確認します。
キレイに白く点灯します。
JR東日本の北斗星編成のスシ24はテーブルランプが白色ですので、
仕様が合います。
しかし購入してから気付いたのですが、テーブルランプの形状が
北斗星編成のスシ24とは異なります。
これは後日、処置対策を検討します。
早く北斗星を進めなければ!!
[PR]
by seasidemintblue-A | 2008-11-08 22:18 | 鉄道模型全般 | Trackback | Comments(2)
ガラクタ箱整理の整理・1台目 ナハネフ22 その②
ここ最近「動力者操縦者 Nゲージ部屋」というタイトルでありながら
鉄ネタ以外を載せてしまっていますが、ちょっと基本に戻りたいと・・・。

先日からガラクタ箱に増殖したKATOのパーツの整理を開始しました。
第一弾としてナハネフ22のパーツを組立てを開始しました。
その続きです。
e0120143_22524826.jpg
HMカバーを室内色に合わせてクリームに塗装するのを
忘れていましたのでここでクリーム色に塗装します。
e0120143_22531134.jpg
HMカバーを取付け、床下シャシは完成です。
e0120143_22532711.jpg
HMカバーの塗装待ちの間に車輌に導光板を取付け点灯確認します。
導光板ですがKATOの室内灯セットの残りがありますので、
自作せずKATOの室内灯セットの導光板を使用します。
e0120143_22534283.jpg
さらにボディーをイジっていきます。
このナハネフ22のボディーは急行ちくまの車輌ですので
ナハネフ22-1000番台となっています。
e0120143_2258950.jpg
当鉄道管理局の20系は0番台ですので、それに合わせます。
ボディーは「・ナハネフ22-1023」となっていますので
これを「ナハネフ22-10」にします。
まずは1023を10にします。
不要な「23」をコンパウンドで磨いて消します。
そのため周囲の塗装を保護するため、写真のように
「23」の周囲にマスキングテープを貼付けます。
e0120143_2258523.jpg
爪楊枝の先にコンパウンドをつけ、少しずつ磨き消します。
また型式の前にある「・」も同様にコンパウンドで磨き消します。
e0120143_23118.jpg
写真では見え難いかもしれませんが、コンパウンドで磨いた
跡が残ってしまいます。
e0120143_2311265.jpg
そこで、いつもの手法で磨き跡を消します。
これで磨き跡は判らなくなります。
e0120143_2313531.jpg

e0120143_2314257.jpg
車輌の洗面所、トイレなどの窓を白色にするため
ガラスパーツの裏側からマスキングテープを貼ります。
e0120143_2321451.jpg
さらに車端部には開放てこやエアーホースなどのパーツを取付けます。
e0120143_2322422.jpg
これでナハネフ22は完成です。
e0120143_2323812.jpg
室内灯とHMの点灯を確認します。
キレイに点灯しています。
e0120143_2325214.jpg
これでナハネフ22はできましたので、
また時間がありましたらガラクタ箱のパーツを組立てていきます。
[PR]
by seasidemintblue-A | 2008-11-05 23:04 | 客車Nゲージ | Trackback | Comments(8)
   

鉄ヲタ復活!!
by seasidemintblue-A
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
> 以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
> 最新のコメント
教祖さま、こんばんは! ..
by 動力車操縦者 at 22:50
お尋ねしたいのですが、塗..
by 教祖 at 12:28
トータンさん、こんばんは..
by 動力車操縦者 at 22:49
鶴見線クモハ11いいです..
by トータン at 09:33
トータンさん、こんばんは..
by 動力車操縦者 at 22:47
> 検索
> ブログジャンル