> 最新の記事
KATO 16番クモハ12 入線
at 2017-08-14 23:00
追加入線したKATO オハ6..
at 2017-08-09 22:57
KATO 211系2000番..
at 2017-08-01 22:45
歴代の南武支線
at 2017-07-12 22:54
205系1000番台 南武支..
at 2017-07-03 22:55
> ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
  • ブログの記載内容と関連のないコメントは削除しブログに嫌悪感のある方はアクセス不要です
  • ブログの記載内容には自己責任にて対応して下さい
<   2008年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧
テーブルライト点灯テスト
今年2月に購入したTOMIXの北斗星(JR東編成)ですが、
この編成に含まれるオシ24はテーブルライトが点灯しません。
(JR北海道編成は点灯します・・・。)

このオシ24のテーブルライトを点灯させるため、
ちょっとテストしてみました。
e0120143_22523964.jpg
光源を白色LEDとし、そこに光ファイバーを取付けます。
その先に短くカットしたクリアのプラ棒(Φ2)を挿し込むように取付けます。
このプラ棒にピンバイスで穴をあけ、その穴に光ファイバーを
挿し込むようにしてます。
e0120143_22525580.jpg
光ファイバーの先端に取付けたクリアのプラ棒です。
思った以上に明るく点灯しています。
e0120143_2253813.jpg
部屋を暗くしてみます。
プラ棒だけでなく光ファイバーも点灯してしまっています。
e0120143_22532182.jpg
そこで光ファイバーの先端にアルミテープを巻き付けてみます。
e0120143_22533764.jpg
部屋を暗くして再度確認します。
先端のプラ棒部分のみ点灯するようになりました。

みやび鉄道のそうたさんが同じようにテーブルライトを点灯させるため
検討されていますので何かの参考にして頂ければ幸いです。

当鉄道管理局のオシ24(JR東編成)のテーブルライトを
この方法にて点灯させようと思います。
いつになったら北斗星の施工を開始するのか・・・!?
[PR]
by seasidemintblue-A | 2008-05-29 22:55 | 鉄道模型全般 | Trackback | Comments(2)
205系南武線 行先表示を点灯
KATOの205系南武線の行先表示を点灯させます。
以前、同様の車輌205系5000番台武蔵野線で施工した内容と同じです。
e0120143_223111100.jpg
KATOのTc205系です。
e0120143_22312930.jpg
まずは車輌を分解します。
e0120143_22314356.jpg
行先表示を点灯させるためにガラクタ箱に余っていた
KATOの白色室内灯の発光部を使用します。
e0120143_22315664.jpg
このような感じで発光部を取付けます。
ちょうど良いサイズで位置も合います。
e0120143_22322169.jpg
また列車番号の表示も点灯させたいので、この部位を穴あけします。
試しにこの状態で点灯させてみます。
ちょっと明るすぎるくらいです。
e0120143_22324744.jpg
先ほどの白色室内灯の発光部の通電接続用の金具をハンダ付けします。
その白色室内灯の発光部を取付け、室内灯の導光板などの
室内パーツを取付けます。
205系南武線のシールを紛失してしまったようですので
同じ205系の武蔵野線のシールで代用します。
行先は南武線にもある府中本町にしてみました。
e0120143_2233366.jpg
このように床下シャシに行先表示用の通電用金具を取付けます。
e0120143_22331743.jpg
ボディーと床下シャシを組合わせて完成です。
また点灯確認してみるとイイ感じで点灯しています。
e0120143_22333019.jpg
部屋を暗くしてみます。
行先表示は充分に明るいのですが列車番号の表示が暗いですが、
当鉄道管理局の技術力ではこれが限界です・・・。
e0120143_22334873.jpg
フロントに行先表示などのシールを貼りましたので
側面の方向幕のシールも貼ります。
ちょっと写真がボケてしまっていますが、側面の方向幕を点灯させるため
室内灯の光源部で点灯させます。
しかし室内灯ユニット側しか点灯できません。
白色LEDの在庫が少ないため反対側は後日ということで・・・。
e0120143_22343874.jpg
部屋を暗くしてみます。
先日の武蔵野線205系5000番台と同じようにイイ感じになりました。
[PR]
by seasidemintblue-A | 2008-05-28 22:41 | 電車Nゲージ | Trackback | Comments(4)
211系1000番台を製作 その2
先日の続き211系1000番台に改造します。
e0120143_22311970.jpg
まずはボディーです。
KATOの211系の方向幕はクリアパーツ化されていませんので
点灯させることが出来ません。
そのため、この方向幕の部位をあけます。
e0120143_22313623.jpg
この穴あけした方向幕の部位に形状を合わせてカットした
クリアのプラ板を入れます。
これで方向幕を点灯させる準備はできました。
e0120143_22314911.jpg
室内灯を点灯させるのに必要な導光板です。
この導光板も利用して方向幕を点灯させますので
写真のように導光板にLEDを収納するようために
LEDの形状に合わせてカットします。
e0120143_2232543.jpg
カットした導光板に反射用のアルミテープと明るさのムラ対策の
メンディングテープを貼ります。
e0120143_22322149.jpg
後は屋根です。
Mc211となる車輌の屋根にはパンタなど屋根上機器がありません。
そのため、Tc211の屋根のパンタ搭載周辺のビードを削り
パンタ取付けの穴をあけ、電気配管、ベンチレーターを配置します。
e0120143_2232366.jpg
いつものようにパンタをねずみ1号で塗装しガイシを白色に塗装します。
e0120143_22325137.jpg
3台の屋根をグレーで塗装し、クラーを取付け、
パンタを屋根に搭載して屋根は完成です。
e0120143_22331017.jpg
Mc211となるボディーの妻面に屋根上からの電気配管を取付けます。
e0120143_22332450.jpg
ボディーに記載されている型式表記を消し、新たな型式である
211系1000番台の型式表記をインレタで貼付けます。
今回は211系1000番台のトップナンバーの1001にしました。
e0120143_22333915.jpg
これで各々パーツの加工が終わりです。
e0120143_22335936.jpg
これらのパーツを組立てます。
さっそく側面の方向幕の点灯を確認します。
非常に明るく点灯して、なかなかイイ感じです!!
e0120143_22341662.jpg
各車輌を組立て完成です!!
前面のヘッドライト、種別表示も明るく点灯しています。
e0120143_22343387.jpg
Mc211を側面から見てみます。
室内の明るさにムラはなく方向幕もキレイに点灯しています。
床下をMc211に合わせていますので機器類が多くなっています。
e0120143_22344893.jpg
パンタ周辺もイイ感じになっています。
e0120143_2235194.jpg
Mc211の妻面の電気配管の塗装を忘れていましたので
シルバーに塗装します。
e0120143_22351622.jpg
Tc'211です。
こうして見ても方向幕の「上野」という文字が浮かび上がって見えます。
e0120143_2235315.jpg
中間車(動力車)の方向幕を近づいて見てみます。
いかがでしょうか??
ちょっとピントが合っていませんがキレイに点灯しています。
211系は側面の方向幕が車体に対してチドリ配置となっているため
車体前後に室内灯用のLEDを配置し方向幕を点灯させました。
どちらの方向幕も同じように点灯していますので成功と思っています。
e0120143_22354611.jpg
部屋を暗くしてみます。
ヘッドライトですが白色LEDしかなかったため白色となっています。
実車の電球色とは異なってしまっています・・・。
ま~OKとしましょう・・・後日、改修でしょうか!?

今回の改造で側面の方向幕が車体の前後にある場合は、こんな感じで
LEDを2個使用すれば対応できそうです。
このように方向幕が配置されている201系、205系、211系を
順次改修していきたいと思います。
[PR]
by seasidemintblue-A | 2008-05-23 22:38 | 電車Nゲージ | Trackback | Comments(4)
211系1000番台を製作 その1
当鉄道管理局の遊休車輌(放置車輌)となっています211系2000番台を
211系1000番台のミニ編成に改造します。
そのまま211系2000番台でもいいのかもしれませんが、
当鉄道管理局には211系3000番台がありますので、
それに合わせようと思います。
e0120143_22375361.jpg
今回の改造で使用する車輌です。
全てKATOの車輌です。
211系2000番台4輌とM'204(動力車)の計5輌です。
M'204の動力ユニットをM'210に載せかえれば、
そのまま211系2000番台となりますが・・・。
そのあたりは詮索せず!?
e0120143_22381561.jpg
まずはMc211です。
M211の床下をTc211の床下に交換しますので、
この2輌の床下をメインに改造します。
e0120143_22382862.jpg
床下ですがTcとMでは、このように床下機器が異なります。
e0120143_22384377.jpg
中間車と先頭車ですので、このように床面パーツも異なります。
e0120143_2239016.jpg
床下ですが車輌の床面パーツを固定するためのツメがあります。
e0120143_22395749.jpg
先頭車には必要ありませんのでカットします。
e0120143_22401358.jpg
211系は2000番台はロングシート、1000番台はセミクロスシートですので
ガラクタ箱にあった115系のセミクロスシートの床面パーツを使います。
e0120143_22402726.jpg
Tc211の床面パーツと115系の床面パーツをカットし合体させ
211系のセミロングシートにします。
位置を合わせて床下シャシに搭載させます。
e0120143_22404257.jpg
ライトユニットはベースを利用にてLED化します。
e0120143_22405973.jpg
次に先頭車の前面です。
カプラー変更してスカートを取付けます。
e0120143_22411410.jpg
使用するカプラーはKATOの210系の先頭車用のカプラーです。
e0120143_22412993.jpg
台車のカプラーをカットして、この201系先頭車のカプラーを取付けます。
そして211系のスカートを取付けるために床下シャシの一部をカットして
スカートを取付けます。
e0120143_22414397.jpg
反対側には床下シャシにマウントするタイプのカプラーを取付けます。
e0120143_22415997.jpg
床下シャシを組立て室内灯のLEDを取付けます。
e0120143_22421358.jpg
室内灯ユニットの光源を利用して側面の方向幕を点灯させますので
光源のLEDにケースは取付けません。
e0120143_22422918.jpg
Tc210も同様に室内灯ユニットとカプラーを取付け
先頭車の床下シャシは完成です。
211系のシート色はエンジ色ですが、流用した床面パーツが115系の
余剰パーツでブルーに塗装したものでしたので、
シート色を塗り替えせずそのままにしました。
いわゆる「手抜き」です・・・。
e0120143_22424979.jpg
さらに前面の種別表示には「普通」のシールを貼ります。
先頭車の床下シャシは完成です。
e0120143_2243344.jpg
次に中間車の動力車です。
この211系は動力車がありませんので、余剰となっていましたM'204の
動力車を利用します。
205系と211系は兄弟車種ですので、床下は似ています。
そのためKATOではM'204とM'210の床下は共通となっていますので
床下シャシを交換するだけでM'210が動力車になります。
e0120143_22431972.jpg
床下シャシを交換する前に動力ユニットをメンテします。
この動力ユニットは中古で購入し、そのまま放置していましたので
走行がギクシャクして安定しません。
メンテするために、まずは分解します。
e0120143_2243343.jpg
モーターがマウントされている部位です。
このモーターのシャフト軸受部に注油します。
e0120143_22434889.jpg
さらに台車のシャフト塾受部とギア部にも注油します。
余分な油分はきれいなウエス等で拭き取り除去します。
e0120143_224445.jpg
分解メンテしたら動力ユニットを組立て試運転します。
メンテしたおかげで走行はスムーズになりました。
この動力ユニットも床下シャシにマウントするタイプのカプラーを取付けます。
e0120143_22441712.jpg
次に室内灯を取付けます。
いつものように白色LEDです。
211系の側面の方向幕はボディーに対して前後に
チドリ配置されていますので片側だけの室内灯ユニッでは
方向幕を点灯できません。
そのため写真のように車輌の両端に室内灯のLEDを取付けます。
みやび鉄道のそうたさんが懸念されていた事項は
これで解決できそうです!?
これで動力車の床下シャシは完成です。

今日はここまで・・・。

今週末の5/24(土)に大宮総合車両センターにて
毎年恒例の鉄道ふれあいフェアが開催されます!!
参加したいですが・・・。
[PR]
by seasidemintblue-A | 2008-05-21 22:50 | 電車Nゲージ | Trackback | Comments(4)
165系 種別表示を改修
先日、ディティールUPした165系ですが、前面の種別表示が暗いので
改修します。
e0120143_2272596.jpg
改修するMc165です。
明るい場所では種別表示が点灯しているのが全く判りません・・・。
e0120143_2274218.jpg
いつものように車輌を分解します。
そして種別表示の部位を形状に合わせて切り抜きます。
e0120143_2275670.jpg
切り抜いた部位に形状を合わせて切り出したクリアのプラ板を入れます。
さらに光源である室内灯から5本の光ファイバーを
種別表示に差し入れます。
この際、みやび鉄道のそうたさんからのアドバイスで
「光ファイバーを種別表示から10mm位離すと光が広がりそう・・・」と
言うことで少し(たぶん5mmくらい?)離してみました。
e0120143_2291862.jpg
そしてボディーを組立て点灯確認します。
写真では判りにくいと思いますが、明るい場所でも
点灯しているのが判ります。
e0120143_2294031.jpg
さっそく部屋を暗くしてみなす。
種別表示らしく点灯しています!!
e0120143_2295395.jpg

e0120143_221006.jpg
前回と比較してみます。
上が前回の加工、下が今回改修したものです。
今回の改修はイイ効果があったと思います。
そうたさんのアドバイスを採用させて頂き上手くできました!!

以前、この165系と同じように種別表示を加工した455系グリーンライナーも
同じように改修したいと思います。
[PR]
by seasidemintblue-A | 2008-05-17 22:12 | 電車Nゲージ | Trackback | Comments(6)
キハ52をディティールUP
KATOのキハ52をディティールUPします。
e0120143_2362197.jpg
キハ52です。
以前の標準仕様であるカトカプ仕様です。
e0120143_2363998.jpg
まずは当鉄道管理局の標準仕様であるナックルカプラーへ
交換します。
e0120143_2365680.jpg
フロントの下回りが寂しいのでTOMIXの気動車用の
エアーホースのパーツを取付けます。
e0120143_2371560.jpg
このエアーホースのパーツを2分割しゴム系接着剤で
床下シャシに接着します。
e0120143_2373232.jpg
ガラクタ箱の電機カマのスノープローが余っていましたので
これをキハ52に取付けます。
e0120143_2374921.jpg
カプラーポケットにゴム系接着剤で接着します。
e0120143_238479.jpg
これでフロント下回りがゴチャゴチャしてイイ感じになりました。

ローカルな雰囲気で走らせたいと思います。
[PR]
by seasidemintblue-A | 2008-05-15 23:08 | 気動車Nゲージ | Trackback | Comments(4)
165系 ディティールUP
165系をディティールUPします。
e0120143_22543469.jpg
今回、ディティールUPするKATOの165系東海セットの
Mc'165とTc165です。
e0120143_22545097.jpg
まずは編成の中間の入るMc'165、Tc165です。
スカートとカプラーが一体化されていますので
カーブでは、このよにスカートがボディーから出てしまいます。
そこでカプラーを変更してスカートが出ないようにします。
e0120143_2255977.jpg
使用するパーツはKATOの201系の先頭車用のカプラーです。
e0120143_22552626.jpg
カプラーが収まるようにスカートの一部をカットします。
e0120143_22554069.jpg
先頭車用カプラーを組立てスカートに取付けます。
e0120143_22555430.jpg
このスカート&カプラーを床下シャシに取付けます。
ゴム系接着剤にて接着します。
e0120143_2256885.jpg
Mc'165とTc165の各1輌づつを加工します。
カプラーを収める関係でジャンパ栓の一部が足りませんが
ほとんど目立ちません。
e0120143_22562356.jpg
接着剤が乾燥した後、さっそくカーブでの干渉確認です。
R282での干渉もなく車輌間隔も狭くなりいい感じです。
e0120143_22565016.jpg
先頭車ですが、この車輌も種別表示が点灯しません・・・。
e0120143_2257415.jpg
部屋を暗くするとヘッドライトのみの点灯で寂しい仕様です。
そこで、この種別表示を点灯させます。
以前、455系グリーンライナーと同じ方法で施工します。
e0120143_2257192.jpg
まず点灯させる種別表示の2ヶ所にピンバイスで穴をあけます。
室内灯の光源部からこの穴に光ファイバーを通して種別表示を
点灯させます。
e0120143_22573558.jpg
このように室内灯の光源部から種別表示までは室内灯の
導光板と屋根の隙間に2本の光ファイバーを通します。
e0120143_22575199.jpg
屋根をボディーに取付けます。
そして種別表示の点灯を確認します。
写真では判りにくいですが、ちゃんと点灯しています。
e0120143_2258761.jpg
部屋を暗くしてみます。
思った以上に明るく点灯しています。
e0120143_22582123.jpg
この種別表示部に「急行」のシールを貼付けます。
明るい場所では点灯しているか判りません・・・。
e0120143_22584061.jpg
部屋を暗くしてみます。
2ヶ所だけ明るく急行という表示のみ点灯しています。
ちょっと変です・・・他の方法での点灯を検討しなければなりません!?
e0120143_2259385.jpg
次にMc'165にジャンパ栓ケーブルを取付けます。
プラ板と真鍮線で、ジャンパ栓ケーブルを真似て、
このようなパーツを作成します。
e0120143_22591815.jpg
そしてボディーのジャンパ栓にはKATOの101系のジャンパ栓のパーツを
使用します。
e0120143_22593361.jpg
ジャンパ栓を取付ける部位に穴をあけジャンパ栓を取付けます。
e0120143_22594870.jpg
先ほど作成したジャンパ栓ケーブルをケーブルとジャンパ栓の位置に合わせて
床下シャシに取付けます。
e0120143_230439.jpg
ジャンパ栓とケーブルを塗装して完成です。
これで正面がカッコ良くなりました!!
[PR]
by seasidemintblue-A | 2008-05-13 23:12 | 電車Nゲージ | Trackback | Comments(6)
14系 ディティールUP
TOMIXの14系をディティールUPします。
e0120143_2365854.jpg
今回のメインとなるスハネフ14です。
e0120143_2371667.jpg
窓越しでも判りますが車掌室などの仕切りがありません。
またカトカプ仕様にしています。
e0120143_2373493.jpg
まずは台車です。
付属されていました台車枠を交換します。
e0120143_2375225.jpg
さらに付属されたいましたダミーカプラーです。
e0120143_238914.jpg
このダミーカプラーを床下シャシに取付けます。
e0120143_2383120.jpg
次に室内です。
HMのライトユニットの部位ですがこのように仕切りが
ない状態となっています。
e0120143_2385588.jpg
このライトユニットの部位に合わせてプラ板をカットします。
e0120143_239118.jpg
このプラ板をライトユニットの部位に取付けます。
e0120143_2392880.jpg
これをもう1台のスハネフ14に施工します。
e0120143_2394377.jpg
この状態でボディーを搭載してみます。
干渉もなく位置関係もイイようです。
e0120143_2395882.jpg
取付けた仕切りをクリーム色に塗装します。
e0120143_23101435.jpg
KATOの北斗星セットと同様に寝台種別ばボディー色です。
e0120143_23102957.jpg
以前と同じようにこの部位をこの修正液を使用して白色に塗装します。
e0120143_2311058.jpg
作業は非常に簡単でこの様な感じで仕上がりました。
同様に全車輌の寝台種別を白色に塗装します。
e0120143_23111513.jpg
続いてリンクさせていただいていますみやび鉄道のそうたさん
アイデアをパクらせて頂き側面の方向幕を点灯させます。
e0120143_23113864.jpg
KATOの室内灯ユニットを使用し白色LED化した室内灯です。
e0120143_2312037.jpg
発光部のケースからLEDが出るようにニッパでカットして
LEDの位置を出来る限りボディー端に移動させます。
ハンダ作業もなく追加部品も必要なく簡単で安価です。
e0120143_23121976.jpg
床下シャシにボディーを搭載して点灯させてみます。
写真で見る以上に明るく点灯しているのが判ります。
e0120143_23123459.jpg
部屋をちょっと暗くしてみます。
明るく点灯しているのが判り効果覿面です!!
簡単&安価でこの効果!!非常に気に入ってしまいました♪
14系編成の全車輌に導入します。
e0120143_2312507.jpg
車輌全体を見ても方向幕が点灯しているのがハッキリ判ります。
「サボに光を大作戦!!」は見事、大成功です☆
e0120143_2313625.jpg
車輌全体を見ても方向幕が点灯しているのがハッキリ判ります。
サボに光を大作戦!!は見事、大成功です☆
[PR]
by seasidemintblue-A | 2008-05-09 23:17 | 客車Nゲージ | Trackback | Comments(4)
高崎発・両毛線経由・宇都宮行 115系
このGW、高崎に寄ってから宇都宮に行ってきました。
ちょっとした用事があったため高崎に立ち寄ってから宇都宮に向かいます。
e0120143_2228950.jpg
高崎駅です。
e0120143_22282526.jpg
ここ高崎では115系が今もオリジナル色で活躍しています。
115系は好きな車輌であり資料とするために撮影しました。
e0120143_22284727.jpg
115系の助手席です。
e0120143_2229386.jpg
運転席です。
マスコンとブレーキのダブルハンドルです。
e0120143_22295761.jpg
今回乗車する高崎発両毛線経由宇都宮行きです。
高崎を14:36に発車して17:02に宇都宮に到着します。
e0120143_22301431.jpg
高崎→宇都宮行き3459Mの115系4輌編成です。
  ↑小山
 クハ115-1137  
 モハ115-1082
 モハ114-1146
 クハ115-1201
e0120143_22303930.jpg
お約束の連結器周辺です。
e0120143_2231118.jpg
途中の桐生駅です。
国鉄時代、足尾線として活躍していたわたらせ渓谷鉄道です。
昔、さよなら足尾線に行った時とは駅の様子が変わってしまっています。
e0120143_22311786.jpg
約1時間45分かけて小山に到着です。
e0120143_22313295.jpg
ここ小山では14分停車し進行方向が逆になりクハ115-1201が
先頭になります。
また列車番号が459Mに変わります。
e0120143_22314921.jpg
停車時間が長いので、ここで115系の各部位を資料として撮影しました。
まずは「宇都宮」の方向幕です。
白地に黒文字となっていてオリジナルのままです。
しかし黒色のHゴム仕様となっています。
e0120143_2232643.jpg
先頭車の発炎筒と列車無線のアンテナです。
近い将来、列車無線はアナログからデジタル化され、
受信機で聞くことができなくなります。
e0120143_2233525.jpg
前面の種別表示です。
これも白地に黒文字となっています。
やはり黒地に白文字で「普通」というのが一番イイです!
e0120143_22333193.jpg
モハ114-1146のパンタ周辺です。
e0120143_22334746.jpg
続いて車内を撮影しました。
車内の構造は変わっていませんがシート生地がグレー色となっています。
汚れなどが目立たないように、このような色にしているのでしょうか!?
e0120143_223425.jpg
ボックス席のテーブルと灰皿の撤去跡です。
昔は上野~小山は禁煙で小山以降は喫煙可能でした。
e0120143_22342314.jpg
このまま、この115系に乗り宇都宮に到着しました。
e0120143_2235972.jpg

e0120143_22351840.jpg
この115系は折り返し両毛線経由高崎行きになります。
e0120143_22353311.jpg
反対側のホームには日光線の107系が停車しています。
e0120143_22355084.jpg
駅の北東には国鉄色のEF65PFとDE10、赤2号のEF81が停車しています。
宇都宮を後にして親戚の家に行きました。
[PR]
by seasidemintblue-A | 2008-05-06 22:39 | 鉄道全般 | Trackback | Comments(8)
サシ481をディティールUP
485系のサシ481をディティールUPします。
ちょっと簡単で目立たない部位ですが・・・。
e0120143_23201241.jpg
KATOの485系0番台セットのサシ481です。
e0120143_23203579.jpg
ちゃんと妻面まで赤帯があり窓ガラスもあります。
この車輌には回送用の簡易運転台がありますがテールライトは
ボディーと一体成形です。
e0120143_23205047.jpg
そこで、このテールライトにレンズを入れます。
レンズ部をピンバイスで穴をあけます。
e0120143_23211342.jpg
室内側からテールレンズを入れます。
e0120143_2321287.jpg
なかなかイイ感じになります。
通常は連結され見えない部位ですが、
簡単に出来ますので、ちょっとこだわってみました。
[PR]
by seasidemintblue-A | 2008-05-01 23:22 | 電車Nゲージ | Trackback | Comments(4)
   

鉄ヲタ復活!!
by seasidemintblue-A
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
> 以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
> 最新のコメント
教祖さま、こんばんは! ..
by 動力車操縦者 at 22:50
お尋ねしたいのですが、塗..
by 教祖 at 12:28
トータンさん、こんばんは..
by 動力車操縦者 at 22:49
鶴見線クモハ11いいです..
by トータン at 09:33
トータンさん、こんばんは..
by 動力車操縦者 at 22:47
> 検索
> ブログジャンル