> 最新の記事
クモル24020をつくろう ..
at 2017-03-17 23:03
KATOのクモハ11-400..
at 2017-03-09 23:03
KATOのクモハ11-400..
at 2017-03-01 23:01
KATO ED75-700を..
at 2017-02-22 22:48
KATO クモハ12052を..
at 2017-02-14 22:36
> ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
  • ブログの記載内容と関連のないコメントは削除しブログに嫌悪感のある方はアクセス不要です
  • ブログの記載内容には自己責任にて対応して下さい
<   2007年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧
485系0番台・ボンネット型
481系電車の発展型で1968年から1979年にかけて大量に製造され、
日本各地で特急列車として広く運用されました。
1950年代半ば以降、国鉄は地上設備の低廉性などから
交流電化を推進したため、直流電化区間との直通車両が必要となり、
交直両用特急形車両として開発されました。
交流60Hz対応の481系、同じく50Hz対応の483系、50Hz・60Hz共用の
485系、碓氷峠での協調運転に対応した489系の4系列が誕生しました。
近年ではジョイフルトレインへの改造も行われています。
外観は151系の流れを踏襲していますが、1972年以降に製造された
車両(後期形200番台以降)は183系に近い外観に一新された。
床下機器の寸法に合わせ、床面の高さを近郊形・急行形よりも10mm高い
1,235mmとし、屋根高さも151系に比べて125mm高くなっています。
使用される路線のホーム高さに合せるため扉にはステップを
装備しています。
また、寒冷地区への投入を考慮し耐雪耐寒構造で製造されました。
就役当初は、側面行先表示に従来通りサボを使用したが、
国鉄としては初めて自動巻取式方向幕の準備工事が施工されました。
冷房は 前期形がAU12形ユニットクーラー1基または2基のキノコ型、
先頭車には5基、中間車には6基のクーラーを搭載しますが、
パンタグラフや交流機器が屋根に設置されているモハ480は、
AU12形3基に留まり車内機器室に床置形のAU41形を3基設置しました。
後期形では、AU13形5基。パンタグラフ搭載車がAU71形1基搭載に
変更されました。
また揺枕吊を廃止した空気バネ台車DT32A形を電動車に、
TR69A型を付随車に採用しました。
後期形では同系台車の改良型にマイナーナーチェンジも行われました。
1974年に登場したマイナーチェンジ車で、基本構造とスタイリングは
200番台ベースですが、隙間風などの運転室居住性問題と併結運用が
計画されましたが必要性がなかったため貫通路を廃止しました。
運転室の環境改善も考慮され、車体長を250mm延長し0・100番台と同じく
連結面車体長が21,250mmとなり同時に運転室床上スペースが
余ったため助士席下部へCPを移設しました。
また列車名表示器は大型の長方形で側面方向幕連動の電動式となった。
この前頭デザインは俗に「電気釜」とも呼ばれるようになりました。

この485系は1970~1980年代は、上野の顔のような存在で、
お気に入りの車輌です。
上野の発着する「ひばり」「はつかり」「やまびこ」「やまばと」「いなほ」
「あいず」「ひたち」「はくたか」「つばさ」などの特急電車に使用されました。
特に東北本線のエース「ひばり」には何度も乗車しました。

またまた前書きが長くなってしまいました・・・。
いつものように室内灯の取付けと室内及び屋根上機器の塗装をしました。
e0120143_22564049.jpg
KATOの485系0番台の8輌セットです。
ナゼか「雷鳥」セットです。
雷鳥は乗ったことも見たこともありませんので、ピンと来ません・・・!?
e0120143_22565781.jpg
編成は8輌です。
e0120143_2257128.jpg
ヘッドマークは、もちろん「ひばり」です!
標準でLEDが装備されていますので非常に明るいです。
e0120143_22572996.jpg
モハ484の屋根とパンタを塗装しました。
e0120143_22574540.jpg
白色室内灯を取付け、状態で室内を見てみます。
水色のようなシートで、違和感があります。
それに室内が青っぽく見えてしまいます。
e0120143_2258434.jpg
そこで室内の床面をグレーに塗装しました。
e0120143_2258231.jpg
またシートを青色に塗装しました。
e0120143_22583887.jpg
さらにヘッドカバーを塗装しました。
これで、何となくイメージに近くなったように思います。
e0120143_22585490.jpg
また白色室内灯を取付けた状態で室内を見てみます。
ちょっと塗装が雑になってしまいましたが、いい感じになりました!!
e0120143_22591496.jpg
同じ様にグリーン車も塗装します。
施工前後を比較してみます。
やはりシート、ヘッドカバーを塗装した方がいいですねぇ~!
e0120143_22593382.jpg
グリーン車の全座席を塗装しました。
e0120143_22594872.jpg
白色室内灯を取付けた状態で室内を見てみます。
これも、いい感じになりました!!
全車のシートとヘッドカバーを塗装するのは時間と気力が必要です。
e0120143_230573.jpg
これで完成です!
あと485系300番台もありますので、同じ仕様にしたいと思います。
2編成ができましたら、並べてみたいです!!
[PR]
by seasidemintblue-A | 2007-11-30 23:01 | 電車Nゲージ | Trackback | Comments(10)
アキバへ
世間は3連休です!
今日は天気が良く時間もあったので、
久しぶりにアキバへ行ってきました。
e0120143_22511967.jpg
E231でアキバに向かいました。
e0120143_22513490.jpg
改札を出ると、目の前には秋葉原DUXです。
行先は・・・
TamTam→ぽち→ポポンデッタ→GMストアー→IMON
いつものお約束コースです。
e0120143_22514988.jpg
今日の戦利品です。
KATOのパーツ数点、新室内灯6輌セット、
WINのインナーケースを購入しました。
さらに中古品のKATO・モハ204(M車)とスハフ12を購入しました。
これらのパーツで、またいろいろ改造したいと思います!
[PR]
by seasidemintblue-A | 2007-11-24 22:53 | 鉄道模型全般 | Trackback | Comments(4)
457系 まつしま
457系急行電車は153系電車の交直流車輌とした車両です。

1950年代半ば以降、地上設備の数が少なく済み、初期投資が少なくなる
交流電化を推進した結果、直流電化区間との直通車両が要求され、
交直流いずれの電化区間も走行できる急行形電車が必要となりました。
そのため153系をベースとした交直両用電車として開発されたのが、
457系グループの第1弾となる451・471系が開発製造されました。
ベースとした153系を踏襲していますが、短編成を組む事が考慮され
制御電動車とパンタ付中間電動車で電動車ユニットを組む形で
製造されました。
またクハ153形500番台と同じく高運転台構造が採用されたが、
正面貫通扉付近のデザインは幌枠が突き出ているなど若干異なっており、
翌1963年に登場する165系先頭車も本系列に準じている。
電源周波数の違いにより、電動車では50Hz用車両に451系、
60Hz用車両に471系の系列番号が付与されました。
付随車は、商用周波数の影響を受けないため451系としました。
また運用線区の関係でホーム高さの低い線区が多いために
レール面上970mmの高さにステップが取付けられましたが、
クモハ451・471形第1次車は戸袋部分で枕ばりと側はりの結合が
できなくなるため、車体強度の問題から乗務員室側客用扉については
外吊方式とされました。
しかし雪の付着やトンネル入出時にかかる圧力からトラブルが
生じたことにより、第2次車以降は通常の戸袋方式が採用され、
第1次車についても同様の改造が行われました。

この451・471系を踏破した457系が1969年に誕生しました。
交流の主変圧器を50/60Hz対応に変更し3電源形の
急行型車両となりました。
東北方面では「まつしま」「ばんだい」「いわて」など様々な
急行電車として活躍しました。
国鉄末期、一部改造されグリーンライナーとして活躍しました。
e0120143_2311773.jpg
457系の基本編成です。
各車輌をバラで購入したものです。
編成は、昭和50年代の急行「まつしま」としました。
クモハ457
モハ456
サロ455
クモハ457
モハ456
クハ455
e0120143_23112480.jpg
いつものごとく白色室内灯と電球色LEDの
ヘッドライトを取付けました。
e0120143_2311415.jpg
普通車のシートをブルーに塗装しました。
e0120143_23121075.jpg
車輌を組立て室内灯を点灯させた状態です。
シートを塗装したのが良く判ります。
e0120143_23122842.jpg
次にグリーン車の室内とシートを塗装しました。
またヘッドカバーを白色に塗装しました。
e0120143_23124732.jpg
同じように車輌を組立て室内灯を点灯させた状態です。
ヘッドカバーの塗装が良く判ります。
e0120143_231383.jpg
交直車輌の特徴であるパンタと屋根上機器を塗装しました。
e0120143_23132745.jpg
正面です。
室内灯の明かりが乗務員室を照らしてしまっていましたので
客室と乗務員室の間に仕切板を取付けました。
e0120143_23134361.jpg
部屋を暗くしてヘッドライトと室内灯の確認です。
これも非常に明るくて雰囲気が出ています。
LEDの効果は絶大です。

この後、所属する全車輌への室内灯取付けが完了したら
ジャンパ栓と先頭車の種別表示を点灯させたいと思います。
いつになるのか・・・!?
[PR]
by seasidemintblue-A | 2007-11-23 23:18 | 電車Nゲージ | Trackback | Comments(4)
KATO 北斗星
KATOの北斗星セットの室内灯を変更しました。

そんな時、11/18(日)に様々なブログで「ブルトレ廃止」が
話題となっています!!
08年3月中旬のダイヤ改定で「銀河」「なは」「あかつき」が廃止され、
「北斗星」「日本海」が現行2往復から1往復に
減ってしまいます・・・。
09年春のダイヤ改定では、「富士」「はやぶさ」の廃止が、
JR各社の担当課長レベルで合意されたようです。
これが正式に決まると東京駅発着のブルトレは消滅してしまう・・・。
利用者の減少、車両のが老朽化、夜間の要員確保が
困難などの問題があり、民営化され営利企業と
なってしまったためでしょうか!?

国鉄時代は「日本国有鉄道法」により輸送業以外の業務は
禁止されていたのですが、
民営化され輸送業以外にも小売業、不動産業などを行い
大きく利益を上げています。
ブルトレ存続は、これらの利益を圧迫するほどでもないでしょう!?
可能な限りブルトレを存続して欲しいものです!!
廃止される前に現存するブルトレの記憶と記録を残したいと思います。

だいぶ前に購入したKATOの北斗星セットです。
言わずと知れた寝台特急列車です。
KATOの製品は北斗星が登場した当時(1988年)の編成です。
e0120143_22442223.jpg
以前、当鉄道管理局に所属するTOMIX製の北斗星(JR北海道仕様)の
編成を室内塗装と白色室内灯(白色LED)の取付けをしました。
今回はKATO製をイジります!
e0120143_22444062.jpg
当鉄道管理局のKATO製の北斗星です。
7輌基本セットにオハネフ25を1輌追加した8輌編成です。
 カニ24
 オハネフ25-0
 オロハネ25-550
 オロネ25-500
 スシ24-500
 スハネ25-500
 オハネ25-0
 オハネフ25-0
このKATO製の北斗星には室内灯が標準装備されていますが
残念なことに電球の室内灯です。
以前より気になっていたので、今回はこのKATOの北斗星編成を
白色室内灯に変更しました。
e0120143_22445910.jpg
オロハネ25の室内です。
室内は、購入した時に簡単に全車輌のベット部のみ
ブルーで塗装しました。
e0120143_22451736.jpg
室内灯の光源部です。
e0120143_22453621.jpg
車輌の半分がロビーのオハネ25です。
e0120143_22455397.jpg
オハネフ25の室内灯の光源部です。
e0120143_2246846.jpg
オハネフ25のトレインマークも残念ながら電球です。
そこでトレインマークの光源ユニットを白色LEDに改造しました。
e0120143_22462977.jpg
オハネフ25の室内全体です。
e0120143_22465130.jpg
導光板を取付けトレインマークと室内灯の点灯確認です。
さすが白色LED・・・非常に明るく蛍光灯のイメージに合います。
LEDは消費電力が少ないのも魅力の一つです。
e0120143_2247854.jpg
ボディーを載せ室内灯のムラを確認しました。
e0120143_22472712.jpg
全8輌編成です。
TOMIXの北斗星と並べて走らせたいと思います。
[PR]
by seasidemintblue-A | 2007-11-19 22:47 | 客車Nゲージ | Trackback | Comments(4)
101系関西線を動力化
先日、組立てました関西線の101系に動力ユニットを
取付け自走できるようにしました。
e0120143_22341511.jpg
関西線の101系です。
先日組立てた状態で床下と台車は103系を流用しています。
e0120143_22343438.jpg
今回、動力化するにあたり、近所の鉄道模型店で
購入したモハ103完成車(M付)です。
動力ユニット&動力台車を購入する価格と
ほぼ同等なのでモハ103完成車を購入しました。
ついでにKATOの白色室内灯6輌セットも購入しました。
e0120143_22345773.jpg
動力ユニットを取付ける際、ガラスのクリアパーツが
干渉するので一部をカットします。
e0120143_22351216.jpg
動力ユニットをドアの位置に合わせて、いつものごとく
シートを塗装します。
e0120143_2235305.jpg
ボディーと動力ユニットを組み合わせます。
e0120143_22355111.jpg
これで完成です!
自走できるようになりました。
しかし相変わらずボディーは101系、床下は103系と
バラバラな仕様となっています・・・何かに改造?
[PR]
by seasidemintblue-A | 2007-11-17 22:37 | 電車Nゲージ | Trackback | Comments(0)
レッドトレイン
TOMIXの50系客車「レッドトレイン」です。

この50系は日本国有鉄道が主に地方都市圏の通勤・通学時間帯の
普通列車に使用する目的で1977年より設計・製作した一般形客車です。
本州以南用の50形と北海道用の51形があるが、
基本的な設計コンセプトは同一です。
また同一の車体構造を有する荷物車のマニ50と
郵便・荷物合造車スユニ50があります。
1970年代前半まで、地方都市の旅客輸送は旧型客車を
主に使用していましたが、これらの車両は都市部の電車化や
気動車化によって転用されたもので、
製造後20年~40年以上に達し、老朽化の進行は保守上の問題と
乗客からの不評が多かったようです。
また旧型客車は自動扉でないため走行中でも客用扉を開閉でき、
乗客が転落の危険があり、狭いデッキや出入口は乗降が遅くなり
列車遅延の原因となっていました。
これら地方都市圏の輸送改善に際しては、当時行われていた
荷物・郵便輸送への配慮と貨物輸送量の減少で機関車の余剰が
発生していたため、客車の新形式を開発することとなりました。
貨物列車の運行の少ない通勤・通学時間帯の電気機関車や
ディーゼル機関車を有効活用し、輸送力増強やサービス改善を
安価に行うための車両として製作された車両が50系客車です。
車両は1977年~1982年に製造され、東北本線、奥羽本線や
同様の条件の他の交流電化区間や非電化区間にも投入されました。
民営化直前の1985年前後より電車・気動車の投入が進み、
1990年代には大量に廃車されるようになりました。
一般仕様の車両は2002年(平成14年)には定期運用が消滅しました。
現在ではイベント用などに使用されごく少数が残存するようです。
e0120143_22161077.jpg
いつもの様に白色LEDの室内灯とテールライトを取付けました。
さらに室内のシートもブルーに塗装しました。
e0120143_22162573.jpg
室内灯ユニットはKATOの新室内灯の電球をLEDに交換しました。
無理やり床下のウエイトから導電させています。
e0120143_22164088.jpg
点灯確認です。
さすがLEDといった明るさです。
e0120143_2216564.jpg
さらにボディーを載せての点灯確認です。
e0120143_22171543.jpg
全4輌を連結させての点灯確認です
e0120143_2217319.jpg
さっそく試運転です。
牽引担当はTOMIXのEF71です。
EF71ということで奥羽本線の峠越えといった感じです。
この50系は旧方式の集電方式ですので、ころがり抵抗が大きく
長い編成では登坂が厳しいかも!?
e0120143_22174658.jpg
部屋をちょっと暗くしてみます。
室内灯、テールライトが明るくて、なかなかいい感じです。
ちょこっと走らせるには、ちょうどいい編成長かもしれません!?
[PR]
by seasidemintblue-A | 2007-11-12 22:21 | 客車Nゲージ | Trackback | Comments(6)
書籍を購入
今日はコレを買ってきました。
e0120143_22563898.jpg
先日KATOより発売されました「アーカイブス」と
TOMIXのカタログを買ってきました。
ついでにKATOの新室内灯6輌セットも購入しました。
アーカイブスには、過去に生産された車輌や
ラウンドハウスの車輌が掲載されています。
これからじっくりと読みたいと思います。
[PR]
by seasidemintblue-A | 2007-11-10 22:57 | 鉄道模型全般 | Trackback | Comments(2)
グリーンライナー
今回は455系グリーンラーナーです。
グリーンラーナーは国鉄末期、仙台を中心とした
フリークエント対応のために誕生しました。
1985年3月14日国鉄ダイヤ改正で東北地方の急行列車が全廃となり
捻出された車両は普通列車に充当されることで、
1984年から一部車両が近郊形対応に改造されました。
改造の内容は、洗面所の廃止や車端部座席のロングシート化や
吊手の新設、一部車内仕切りの撤去などです。
短編成化に伴い先頭車が不足することから
サハ、サロ、サハシを先頭車化改造されたり165系、169系を改造し
不足する先頭車を補った。
グリーンライナーは国鉄末期の仙台地区の塗装から
名付けられた愛称です。
e0120143_0163533.jpg
455系グリーンライナーです。
基本セット3輌を2セット購入したものです。
編成は3輌+3輌の6輌編成です。
e0120143_0164970.jpg
いつものごとく白色室内灯と電球色LEDの
ヘッドライトを取付けました。
e0120143_017666.jpg
M車をT車に変更しました。
またシートをブルーに塗装しました。
e0120143_0172254.jpg
交直車輌の特徴であるパンタ周辺を塗装しました。
e0120143_017412.jpg
妻面のドアをアルミドアに見立ててシルバーに塗装しました。
e0120143_0175626.jpg
さっそくミニ・レイアウトで試運転です。
床下シャシの集電プレートが古いタイプですが
チラツキなどもなく走行もスムーズです!
[PR]
by seasidemintblue-A | 2007-11-08 00:19 | 電車Nゲージ | Trackback | Comments(8)
EF65-1001 無動力車を製作 その4
先日から製作を開始したEF65-1001の続きです。
e0120143_22141324.jpg
ようやくボディーに取り掛かります。
KATOのEF65-1000前期型のボディーは
ヘッドライトにヒサシがあり、無線アンテナ取付け穴があります。
e0120143_22143099.jpg
今回製作するEF65-1001のヘッドライトにはヒサシがありませんので
ヒサシ部をカットし、カットした部分をタッチアップ塗装します。
また無線アンテナ取付け穴も塞いでタッチアップ塗装します。
e0120143_22151774.jpg
続いてボディーのディティールUPをします。
ナンバープレート、手すり、開放てこ、ジャンパ栓を取付けます。
手すりを取付ける穴は元から開いていますので、穴明けの作業はありません。
またここで取付ける手すりは以前に購入したEF65-1000前期型の
余りを使用します。
e0120143_22153723.jpg
ボディーが完成したので、床下シャシに載せます。
まずはヘッドライトの点灯確認です。
e0120143_22155276.jpg
続いてテールライトの点灯確認です。
e0120143_22161244.jpg
ここまで出来たので、さっそく試運転します。
牽引はKATOのEF65-1000前期型です。
ヘッドライトの点灯はOKです。
e0120143_22163988.jpg
テールライトの点灯です。
これもOKです。
走行中のチラつきもありません。
e0120143_22165610.jpg
残るはパンタです。
いつものごとく割り箸に取付けプライマー&グレー塗装します。
そしてガイシを白色塗装します。
e0120143_22171587.jpg
このパンタを取付けて完成です。
ヘッドライトの点灯です。
e0120143_22173561.jpg
テールライトの点灯です。
e0120143_2217525.jpg
横から見てみます。
床下シャシがボディーに隠れて高さはOKです。
集電パーツを黒マジックで塗ったので目立ちません。
e0120143_22181270.jpg
正面の上部です。
ヘッドライトのヒサシの有無、無線アンテナの有無が
よく判ります。
e0120143_22182772.jpg
完成記念に試運転です。
テールライトが輝いています。
この電機カマの本来の目的であり装備されている
重連総括制御機能に合わせて重連にして走らせたいと思います。
e0120143_22184813.jpg

e0120143_2218541.jpg
所属するEF65を全車並べてみます。
なかなかいい感じです!!
また機会があれば、このような車輌を製作してみようか・・・!?
[PR]
by seasidemintblue-A | 2007-11-03 22:22 | 電気機関車Nゲージ | Trackback | Comments(8)
   

鉄ヲタ復活!!
by seasidemintblue-A
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
> 以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
> 最新のコメント
トータンさん、こんばんは..
by 動力車操縦者 at 22:49
鶴見線クモハ11いいです..
by トータン at 09:33
トータンさん、こんばんは..
by 動力車操縦者 at 22:47
製品化されていない車両、..
by トータン at 21:56
トータンさん、こんばんは..
by 動力車操縦者 at 22:41
> 検索
> ブログジャンル