> 最新の記事
クモル24020をつくろう ..
at 2017-03-23 22:45
クモル24020をつくろう ..
at 2017-03-17 23:03
KATOのクモハ11-400..
at 2017-03-09 23:03
KATOのクモハ11-400..
at 2017-03-01 23:01
KATO ED75-700を..
at 2017-02-22 22:48
> ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
  • ブログの記載内容と関連のないコメントは削除しブログに嫌悪感のある方はアクセス不要です
  • ブログの記載内容には自己責任にて対応して下さい
> KATO 24系寝台特急「北斗星」デラックス編成入線
今日、日本の新興市場において日経JQ平均1,200台
M指数400台に復活しました!!
年末に向けての明るい兆しが見えて来たのでしょうか!?
しかし東証の25日騰落レシオ139と過熱感が高まっています。
今後は利益確定に押され上げ一服・・・、
その後、再度上昇を期待したいですねぇ~!


先週末、東北新幹線新青森駅まで延長され全線開通となりました。
開業まで38年という長い月日が経過し、念願の新幹線開通と言うことで
青森は盛大に盛り上がっていたようです。
しかし上り&下りの1番列車の指定席は秒殺だったそうですが、
初日の午後以降の上り列車はガラガラ・・・コレで経営が成り立つのか??
JR東の株主として言わせてもらうと、盛岡~青森の新幹線
赤字の温床となるのではないか!?ムダではないか??

これら新幹線も一種のハコモノ行政ではないでしょうか?
日本は新興国の高度成長期ではなく、成熟期ですので、
昭和な政策では日本をダメにしてしまう・・・。


東北新幹線の八戸~青森の開業に伴い併走する途切れていた
在来線の東北本線の八戸~青森3セク化されました。

今回、3セク化された八戸~青森は地元青森県青い森鉄道
延長ということで、これらに関連する車輌や駅、線路などの鉄道施設の
資産
JR東から150億円で購入し、運営していくそうですが、
毎年数億円の赤字が見込まれます。
今まではJR東にとってはお荷物だった赤字路線を経営分離できたことは、
非常にありがたい状況です。
東北本線の八戸~青森などの地方路線の赤字首都圏の利益で
穴埋め
することで経営が成り立っていました。
が、3セク化され、青森県はこの赤字をどのようにして
埋めていくのか??

この3セク化により運賃が30~40%の値上げとなるようです。
その影響で客離れが加速し、ますます赤字が増大してしまう!?
そして地元民の生活の足が奪われる可能性もあります。
まっ、この赤字は青森県民が負担するのだから・・・自業自得!?


今後、新幹線北海道まで延長・・・さらなる赤字の垂れ流しになりそう!?
脳なしの行政が新幹線開業で観光客の増加を見込み、
その経済効果に期待しているようですが、新幹線開業ごときで
大きく増加するとは思えない・・・過去、そのような実績もない!
国や青森県が、さらなる債務を抱えることとなるでしょう!!


新幹線開通を歓喜するのは勝手ですが、その後を考慮し
うわべだけで踊らされている事に早く気付くべきです。
しかし、こうした頭の痛い人々によって国や地方の財政が悪化
債務を膨張させているようです。
青森県新幹線工事費1,800億円(工事費全体の1/3)
負担しており、毎年150億円もの血税で返済することとなっています。
この八戸~青森だけでなく、盛岡~八戸を含めた盛岡~青森が
3セク化され、今後の経営状態や存続が危惧されます。
次に財政破綻するのはどこ??第2の夕張はどこかな??


大湊線八戸線がJR東から切り離されたような飛地路線
なってしまいました。
 ※これにより青春18きっぷのルールが改正されているようです。


以前、東北新幹線の新たな愛称としてはやぶさが決定されましたが、
それに対して批判する輩がいるようです。
列車名称を決定する権限はJR東にあり、何ら関係ない人物には、
意見したり批判するのは矛盾しています。
こうした事項に対し無知で理解できない頭の痛い人々
日本をダメにしてしまっている・・・。



いつものスベる話しとはコレくらいにして・・・
先週末、各方面でも入線されています、KATOから発売された
24系寝台特急・北斗星デラックス編成が当鉄道管理局にも
ようやく入線しました。
しかし、電機カマのEF510は入線していません・・・。
祖父&伯父元国鉄職員であり、その国鉄血を受け継ぐオイラとしては
3桁数字の電機カマには興味なし・・・。
さらに巷で大騒ぎとなっているD51も入線していません・・・。
現役のSLの雄姿を知らないのでパスしています。
e0120143_22584684.jpg
さて今回、入線した24系寝台特急・北斗星デラックス編成の基本セットと
増結セットです。
e0120143_22585338.jpg
既に当鉄道管理局には3編成もの北斗星編成が所属します。
 ・KATO:北斗星編成(8輌編成・旧製品)
 ・TOMIX:北斗星1、2号 JR北海道編成(12輌編成)
 ・TOMIX:北斗星3、4号 JR東日本編成(10輌編成)
そのうち、今回入線したKATOの旧北斗星編成のセットです。
e0120143_2259130.jpg
車輌編成は基本セットにオハネフ24を1輌追加した8輌編成です。
今回入線した北斗星セットと一部の車輌が同一ですので、
順次編成に合せて比較してみます。
12輌編成ということで、ちょっと長~くなりそう・・・!?
e0120143_2259985.jpg
まずは電源車のカニ24-505です。
e0120143_22591654.jpg
室内は、先日発売された「あけぼの」セットのカニ24と同じようです。
あけぼのセットのカニとの違いは帯色だけのようです。
e0120143_22592686.jpg
旧製品の北斗星セットのカニ24と比較してみます。
奥が今回発売となったDX編成のカニ24です。
まだカプラーは交換していません。
手前が旧北斗星セットのカニ24です。
カプラーを当鉄道管理局の特製カプラーであるKATOMIXカプラーに
改造してあります。
e0120143_22593566.jpg
向かって右側の旧製品のカニ24は金帯がモールドされています。
また室内の仕切りがなかったため自作し取付けてあります。
窓ガラスのHゴムの色がグレーから黒色になっています。
どちらもボディーの仕上がりはイイ感じです、さすがKATO!!
e0120143_22594833.jpg
側面を比較してみます。
下が旧製品、上が今回入線した新製品のカニ24です。
窓の配置は同じようですが、ヨロイ戸の有無の違いがあります。
新製品は現行車に合せてヨロイ戸がないタイプとなっています。
また側面も窓ガラスのHゴムの色がグレーから黒色になっています。
e0120143_22595615.jpg
そして鉄道模型で最も目立つ屋根上を比較して見ます。
奥が新製品、手前が旧製品です。
屋根上も現行車に合せてファンの設置数が変更されています。
e0120143_230558.jpg
オハネフ25-215です。
コレは旧製品には組み込まれていない車輌ですので比較できません。
e0120143_2301423.jpg
オハネフ25-215の側面です。
e0120143_2302341.jpg
オハネフ25-215の室内です。
先日発売されたブルトレと同じように室内は作り込まれています。
寝台ハシゴも取付けてあります。
e0120143_2303221.jpg
次にオロハネ24-553です。
外観は旧製品のオロハネ25と同様のようです。
e0120143_2304020.jpg
こちらも室内は作り込まれています。
2階部分も再現されています。
e0120143_2304896.jpg
続いてオロハネ25-502です。
e0120143_2305575.jpg
こちらの車輌の室内も同様に2階部分も作り込まれています。
e0120143_231264.jpg
次にオロネ25-505です。
e0120143_231943.jpg
上が新製品、下が旧製品です。
ナゼか旧製品は各個室が開放となっています。
新製品は、ここ最近発売されているブルトレ同様にトイレタンクが
取付けてあります。
業務室の窓の配置が新旧で異なっています。
e0120143_231198.jpg
室内は各部屋が仕切られています。
e0120143_2312634.jpg
続いてスシ24-505です。
こちらはテーブルライトが現行に合せて黄色(?)に点灯します。
取説によるとOPの室内灯の取付けが出来るとなっていないようです!?
e0120143_2313511.jpg
このオシは旧製品にも組み込まれていますので比較してみます。
上が新製品、下が旧製品です。
タネ車の関係で窓配置が異なります。
e0120143_2314491.jpg
屋根上を比較します。
奥が新製品、手前が旧製品です。
写真では大差ないですが実物では新製品の方がシャープな
仕上がりです。
このスシ24も新規金型にて製作されているのでしょうか!?
e0120143_23154100.jpg
続いてスハネ25-503です。
e0120143_232299.jpg
他車同様、2階部分も作り込まれています。
また半ロビーもソファーが形成されています。
e0120143_2321151.jpg
コレも旧製品の編成に組み込まれていますので簡単に比較してみます。
上が新製品、下が旧製品です。
窓やエンブレムの配置及び金帯が異なります。
コレは種車による違いでしょうか!?
e0120143_2322081.jpg
また屋根上も比較してみます。
奥が新製品、手前が旧製品です。
屋根上も、最近KATOから発売されてブルトレ同様、合せ目が
モールドされています。
e0120143_232272.jpg
次にオハネ25-552です。
e0120143_2323494.jpg
その室内です。
e0120143_2324258.jpg
続いてオハネ25-566です。
e0120143_2325170.jpg
その室内です。
e0120143_2325858.jpg
また続いてオハネ25-563です。
e0120143_233748.jpg
その室内です。
e0120143_2331578.jpg
またまた続いてオハネ25-562です。
e0120143_233231.jpg
その室内です。
これら個室車は他車同様に2階部分が作り込まれています。
ちょっと心配なのが室内灯を設置するとどうなるのか??
2階建て車輌となると導光板が窓から見えてしまうのでは!?
ま~、それは車輌をイジり始めてから対処方法を検討と
言うことで・・・。
e0120143_2333184.jpg
最後にオハネフ25-2です。
e0120143_2334473.jpg
側面です。
e0120143_2335457.jpg
室内です。
室内は「あけぼの」セットと同様のようです。
e0120143_234114.jpg
旧製品にもオハネフ25が編成に組み込まれていますので比較します。
向かって左側が新製品です。
幌枠や幌固定用のレバーなど細かくモールドで再現されています。
また幾分、新製品の方が窓が大きく見えます。
向かって右側の旧製品のカプラーは旧製品のカニ24と同様に
当鉄道管理局の自作であるKATOMIXカプラーです。
e0120143_2341126.jpg
同じように屋根上を比較します。
奥が新製品、手前が旧製品です。
新製品は列車無線アンテナが取付けられており、冷房ファンの数量も
異なります。
e0120143_2341971.jpg
また側面も比較します。
写真では同じように見えますが新製品の方がシャープに見えます。
また窓越しに見える寝台ハシゴがイイ感じです。

ここまで新旧を比較して来ましたが、旧製品も完成度は高いのですが、
それ以上に新製品は完成度が高いようです、さすがKATO!!
期待を裏切りません!

e0120143_234324.jpg

e0120143_2364139.jpg
いつもよりも非常に長~くなってしまいましたが、
最後に当鉄道管理局に所属するKATOのTOMIXの北斗星です。
 ・KATO:北斗星DX編成(12輌編成)
 ・KATO:北斗星編成(8輌編成・旧製品)
 ・TOMIX:北斗星1、2号 JR北海道編成(12輌編成)
 ・TOMIX:北斗星3、4号 JR東日本編成(10輌編成)
コレで北斗星は4編成42輌となります。
北斗星どころかブルトレに一度も乗車したことがないにも関わらず
(品客~東京駅間の1レ回送は乗車経験多数)4編成の北斗星というのは
ちょっと多すぎ・・・偏っているかも!?

久々の新規入線ですが、またまた放置車輌が増殖してしまいました。
追々、のんびりと着手していきます!?

長々とした内容の薄~いUPですが、こんな内容をUPする
時間的余裕があるなら放置車輌に早く着手すべき・・・。
解っていても難しいかな!?
[PR]
by seasidemintblue-A | 2010-12-06 23:08 | 客車Nゲージ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://powerel.exblog.jp/tb/13769399
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by LTDpegasus at 2010-12-07 00:02
新旧製品 内容タップリの比較レポお疲れ様です。
さすがKATO! 期待を裏切らない良い出来ばえですね。
それにしても 『 北斗星 』 が4編成とはスゴイ!!
旧製品を持っていても、欲しくなってしまう程の出来で新製品を発売してくるメーカーさんがニクイですね~! (笑
この勢いで、東京⇔九州 の24系25形ブルトレを期待している人は
多いのではないか?と思います。 ( 当然、私もです )
Commented by おやまぁ at 2010-12-07 18:35 x
インプレ、有難うございます。さすがに新しい製品はいいですね。インテリア作りこんであって、照明入れたくなります。
KATO旧製品と増結で、かつての北海道編成再現できる構成には出来てないんでしょうね。
Commented by 動力車操縦者 at 2010-12-09 22:56 x
LTDpegasusさん、こんばんは
いえいえ・・・長~い割に薄い内容でしたが楽しんで頂き嬉しいです☆
本当にKATOの完成度は良いですねぇ~!!
北斗星が4編成・・・ナゼこうなったのか本人にも解りません!?
14系さくらに続いて東海道スジの25系25型の富士orはやぶさとして
リニューアルされるとオイラも期待しています!
来年もKATOの発売動向には要注目ですね♪
Commented by 動力車操縦者 at 2010-12-09 22:56 x
おやまぁさん、こんばんは
長々と内容の薄~いモノでしたが参考にして頂けると嬉しいです☆
リニューアル品は完成度も高くお気に入りです!
やはりブルトレですので当鉄道管理局の標準仕様には仕立てる予定です!!
新旧の製品を混結するにはカプラーが異なるので、
ちょっと手を加える必要があるようです!
KATOの車輌でJR北海道編成にするのも面白そうですね♪

鉄ヲタ復活!!
by seasidemintblue-A
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
> 以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
> 最新のコメント
トータンさん、こんばんは..
by 動力車操縦者 at 22:49
鶴見線クモハ11いいです..
by トータン at 09:33
トータンさん、こんばんは..
by 動力車操縦者 at 22:47
製品化されていない車両、..
by トータン at 21:56
トータンさん、こんばんは..
by 動力車操縦者 at 22:41
> 検索
> ブログジャンル